ビビビ婚はうまくいくのか?一目惚れのアプローチと長く付き合うコツ
スポンサーリンク

高校生のころ、習い事の帰りに電車の中で、とてもかっこいい男の子がいて、その子に一目惚れしました。同じ曜日、同じ時間、同じ電車に乗っている。そんなことが何度か起きると、勝手に私の頭の中は「運命の相手だ〜」とお花畑になるのです。

だからといって、その男の子に話しかけるわけでもなく、ただ見つめるだけ・・・なんにもアプローチせず、運命の相手になれるわけがありませんよね・・・

今日はこの「一目惚れ」という現象と、そこから実際にアプローチをしていく方法、そして付き合うことになった時、その一目惚れからはじまった恋を長続きさせるコツまでお話していきたいと思います。

ビビビ!!一目惚れは多くの人が経験している

松田聖子さんが歯科医師との再婚を発表したとき、「体と心でビビビっときたんです」と一目惚れであることを話していました。この発言がもとで当時は「ビビビ婚」という報道がされ、流行語になりました。

実際に一目惚れは、多くの人が体験していて、その中には「出会った瞬間に、この人と結婚するだろうな〜」って思ったって人までいます。

ではこの「一目惚れ」とはどんな現象なのでしょうか?

一目惚れとはどんな状態のことか?

勝手なイメージと思い込み

人は異性を選ぶ基準をある程度自分の中で作り上げています。それは簡単に言ってしまうと、どんな人が好きで、どんな人が嫌いかってこと。

「切れ長の目をして、インテリそうなメガネをかけている人が好き」

たとえばそんな基準を持っていたとしたら、街で「そんな感じの人」をみるだけで、「うわ〜、理想の男性〜、優しいそう〜」と勝手に、優しそう〜って余計な判断までしているんです。

本当にその男性が優しいかどうかなんて、その段階ではわかるはずがないのに、勝手な思い込みを作り出し、そしてそれ以外の悪い部分を全く見られなくなる。

だから、「そんな感じの人」が運命の人となるわけです。

眼鏡の似合う男性

人より目立っていただけ

人よりも外見的な特徴がある人は、よりその部分が目につきやすくなりますよね。すると、ただその特徴が目についただけなのに、「え?なんで気になったんだろう〜」と思い込み、「もしかして・・・」と勘違いをするのです。

行動にも同じことがいえます。複数の人の中で、その人が人一倍目立つような行動をしていた場合、その行動に注目してしまい、目で追うことになるので、勘違いし易いという状況が作られます。

スポンサーリンク

一目惚れした時に、どうアプローチするか

ナンパ上手なブラジル人や南米の人を見習えと言っているわけではありませんが、日本人は気軽に人に声をかけるという事に苦手意識を持つ人が多いですよね。

近所のおばさんにならさわやかに「おはようございます」といえる好青年も、好みの女性を前にしたら、なんと言っていいのかわからないのです。

松田聖子さんみたいに、出会った先が歯医者などのまた会えるチャンスがある場所、友達や知り合いを通せばどうにかなる相手だったらいいのですが、そうでない場合、もう二度と会えないことだってあるのです。

それならば思い切って「突然話しかけてごめんなさい。実は・・・一目惚れしました」と言ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

何も言えないまま二度と会うことがなく終わるのか、思い切って伝えて振られるのか、それがきっかけで連絡をとるようになるのか、それこそが運命だと思います。

女性に話しかける男性

一目惚れの交際や結婚がうまくいかない訳

一目惚れで「ビビビ婚」をした松田聖子さんも、結局そのお相手と離婚をされているように、一般的には一目惚れから始まった恋愛や結婚はうまくいきにくいといわれています。

その訳は「思い込み」です。

一目惚れは脳の勝手な思い込みよって、イメージしたい相手を映し出し、好きだと判断しています。その為、はじめから相手に対して「本人とは違うイメージ」を持っているのです。

その為、交際が始まると次第にそのイメージからずれた部分が見えてくるようになります。そもそもその「ずれた部分」が本来の相手の姿ですが・・・

それを受け入れることが出来なく、「本当は〜みたいな人だと思っていた」などと相手に失望してしまうことが、破局の原因です。

一目惚れからの恋愛や結婚を長続きさせるコツ

交際を長く続けていくには、まずその勝手に作り上げたイメージを修正し、意外な部分が出てきても受け止めることが大切です。

そして「外見」からはじまった恋から、更に発展させるためには、次のようなことがおすすめです。

内面をきちんと見てあげる

一目惚れをした時には、その人の事をほとんど「外見」で判断しているわけです。それを徐々に「内面」を見ていくことにフォーカスして、どんどんその人の良さを見つけていきましょう。

そもそも外見が好みで好きになっているわけですから、内面の良さをたくさん発見出来るということは、もっとその人のことを好きになっていけるってこと。

初めのイメージにとらわれない、もっと本質的な部分をたくさん見つけていきましょう。

一緒の趣味を持つ

恋愛を長続きさせる一番の方法は、一緒の趣味を持つことです。

2人の中の小さな共通点を見つけて、そこから趣味に発展しそうなものを見つけていきましょう。

その趣味のために準備する時間も、趣味に集中する時間も、たくさんの時間を共有することにより、二人の仲もどんどん深まっていきます。

おわりに

毎日の繰り返しの中で、「ビビビ」っとくる瞬間ってなかなかない。なのにひとめぼれという体験は、出会った瞬間に「ビビビ」と感じる。それが単純に思い込みだったとしても、なんだかすごい体験ですよね。

そこから恋が始まるのも、とてもロマンチックだし、そういう出会いも1つの出逢いとして、ありだと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事