いきなり機嫌が悪くなった!男性に理解できない女性の心理
スポンサーリンク

ファミレスで隣に座るカップルの会話、聞いていて思った。やっぱり女性の心理は、男性にはわかりにくい。

あ〜、トマトソースのパスタ食べたかったけど、今日は食べられないな〜

え?なんで?食べたいモノ食べればいいんじゃない?

そうなんだけど、今日は白い洋服着てきちゃったからさ。これ、レースがとっても綺麗で一目惚れして買っちゃったんだ〜

で、何食べるの?

ちょっとさみしそうな顔をする女性。そのあとしばらくの間、女性のテンションが落ちるのです・・・

女性は会話を楽しみたい

上のカップルの会話の中で、実は女性は間接的にこう言っているのです。

今日はデートだから思い切りおしゃれをしてきたんだ。
白くて綺麗なレースが入ったこのブラウスに、すごく女の子らしいでしょ!
(どう思う?)
そのためにトマトソースのパスタは食べられないけれど、いいんだよ!
(可愛いっていってくれれば、いいんだよ!)
ってことです。この場合、女性は男性に「可愛いね」って言ってほしいだけ。何を食べるかは二の次。
もし女性が「可愛い」を求めてない場合は、次のようになります。

この洋服可愛くない?一目惚れで買っちゃったんだ〜。
〜くんは、こういう洋服どう思う??
わかりやすいですよね。でもみんながみんな、こういうわかりやすい言い方をするわけではありません。
そうなると、男性からしたら「女性って何考えてるかわからない・・・」ってなってしまうのです。

男性は結果がすべて

レストランに入ったら、メニューを見ているのだから、まず決めるべきものは「何を頼むか」ってことだけ。

だからその会話の中に、まさか洋服の話題が入り込んでいるなんてわからないのです。

もしメニューを見ながら、洋服の話しをし始めたら、「とりあえず決めようよ・・・」って思うのが男性。話しがそれてしまっても気にならないのが女性です。

スポンサーリンク

もし女性の機嫌が悪くなったら、どうするのがいい??

男性からしたら、女性の心理はわかりにくく、気がついたらもう機嫌が悪くなっているってこともありますよね。

ではもし原因がわからずに、女性が不機嫌になってしまったら、どうすればよいのでしょうか。その答えは、「何もしない」ことです。

あれこれ探っても「なんでわかってくれないの?」って言ってしまわれる恐れもあるし、決めつけで「〜だから、機嫌悪くなったんだよね」なんていったら、余計に機嫌が悪くなる場合もあります。

だから何もせずに、さっさと別の話題に移ったり、別の場所に移動したり、とにかくその話題からは離れることが大切です。

おわりに

男性の多くが悩むこの問題では、意外と男性が深刻に考えてしまうことがあります。でも、こういうことってその時はそれが原因だったかもしれないけれど、女性の心は変わりやすく、シュチュエーションが変われば原因が変わったりもします。

だから原因がはっきりしないことに関しては、あまり考えすぎないほうが、かえって良い関係で恋愛をしていくことができます。

ただし明らかに原因がはっきりわかった場合は、すぐに謝ることが大切です。

スポンサーリンク
おすすめの記事