振られた相手を振り向かせる!失恋を大きなチャンスに変える方法
スポンサーリンク

失恋というのはいつも辛いものです。何度やっても慣れるということはありません。とても心に大きなダメージを与え、立ち直るまでには多くの時間が必要になります。

場合によってはずっとそのことを考えてしまって、何も手につかなくなってしまったり、食事も喉を通らなくなってしまったり、自分を責めてしまうこともありますよね。

しかし残酷にも傷を癒やすために休んでいる時間は十分にはありません。仕事にだって行かなくては行けないし、人と会いたくない時も会わなければならないこともあるでしょう。

そんな時にただうつむいているだけではなく、ちょっと視点を変えてあげることで、少し前向きになれる方法があります。

今回はそんな失恋をチャンスに変えていく方法についてお話ししていきます。

振られたことであなたの相手に対する好意は伝わった!

恋って、相手に気持ちが伝わらないと、どうにもなりませんよね。でも実は世の中にはその想いを伝えられなくて苦しい思いをしている人もたくさんいるのです。

そういう人からしたら、相手に気持ちを伝えられたあなたは、とても勇気ある人だと思います。

そして、相手に気持ちを伝えられたときというのは、相手を振り向かせるチャンスにもなっているのです。

今、相手はあなたのことが気になっています

はっきりと気持ちを伝えられた相手は、あなたへの好意が確かなものだと受け取っています。今まで意識しなかった人から思いを伝えられた相手は、結果的にあなたを振ったかもしれませんが、その後でも意識はあなたへ向いています。

あなたに対して向けられた意識がある段階で、相手に対してアプローチすることができれば、更に相手を自分に振り向かせるチャンスになります。

気になる

まずは一旦未練を捨てる

振られて辛い状況でも、一度その未練を捨てましょう。相手の前でも平静を装い振る舞うことで、「あれ?なんで振られたのに、平気なんだろう??」って逆に相手が気になってしまう位、普通に接することが大切です。

きっと相手はそんなあなたの態度が気になって気になって、どんどんあなたへの興味が湧いてきます。

自分磨きに精を出す

自分の事を振った相手は放って置いて、更にいい相手を見つけるための自分磨きを頑張りましょう。やりたかった習い事を始めたり、趣味を持つのもよいです。

そして容姿にも今まで以上に気を配りましょう。洋服を新調したり、カバンや靴を変えたりすることもよいです。思い切って髪型を変えるのもおすすめです。

イメチェン

相手に悔しい気持ちを持たせる

相手に好意を伝えたのにもかかわらず、振られた直後からあなたは彼を意識していない素振りをつづけることで、相手はなぜか不安な気持ちになっています。

そしてあなたは日常を充実させ、身なりも綺麗に、充実した日々を過ごすようになります。

するとどうでしょう。振ったはずの相手は、そんな全く振られたことを気にもしないあなたの態度に対して、悔しいと感じるのです。

自分の事が好きだって言ったのに、なんでそんなことができるのか、真意を確かめたくなり、ウズウズしていまうのが人間というものです。

相手が何故か以前より話しかけてくるようになったり、目が合う回数が増えたりしたら、あなたのことが気になって仕方ない状態になっている時です。

見返すためにやってはいけないこと

失恋して辛い気持ちで過ごしていると、冷静になれないこともあると思います。不安な気持ちをどうにかしたいと思って、以下のような行動に出てしまうと、あなたの失恋はチャンスには変えていけません。

暗い表情で負のオーラが出まくる

辛い時は無理に気持ちを前向きにせず、その時の心の状態を受け止める事も大切です。頑張ってポジティブにしてしまった結果、実は失恋の痛みが長引いてしまうこともあります。1人で過ごせる時間は、無理にポジティブにならず、ゆっくりと傷を癒やしましょう。

しかし人前で同じように振る舞うと、周りも気を使うし、心配になるし、いいことがありません。それにネガティブな負のオーラをまとっていると、同じようなオーラの人が集まりやすくなり、余計に負の感情から抜け出しにくくなります。

暗い顔

振られた相手にしつこくしてしまう

一番良くないことは、失恋したあとに、その相手とその話題に触れてしまうことです。どうしても仕事の付き合いで話しをしなければならない場合もあると思いますが、その場合は業務連絡のみ行うようにし、感情の部分は出さないようにしましょう。

気まずいばかりに「あの話は忘れて」とか「もう気にしないで」など、余計なことを言ってしまうのも逆効果です。

見返してやるという気持ちが現れてしまっている

失恋したことで勝手に傷ついたプライドから、相手に対して怒りを持つ人もいます。その恋に自信があった場合は特に、そのような感情が出てきてしまいます。

「自分の事を振るなんて」「あの人は私の良さを何もわかっていない」「悔しい見返したい」このような感情が湧き出てくると大変です。

そんな時はなぜか相手に対して攻撃的になったり、ひどい仕打ちを仕掛ける可能性もあります。こうなった場合、相手を振り向かせるチャンスは全くなくなってしまうので、気をつけましょう。

怒り

スポンサーリンク

失恋をポジティブに捉えることで、新しい恋も

相手との関係をポジティブなものにしても、やはり失恋をしている状態なので、相手との恋愛が成就しない限りは、満たされることはありません。

しかし新しいことにチャレンジして、毎日を楽しんでいるあなたのことが気になる相手は、あなたのことを振った相手もそうですが、周りにいる人にとっても一目惹かれる人に見えるのです。

ですから、そんなあなたを見てあなたに好意を持っている相手が、実は身近にいるかもしれません。

失恋がきっかけで他の男性からモテるように

学生時代の話しになりますが、友人はずっと憧れていた先輩に告白します。先輩は学年の中でもかなりモテる人だったので、告白されることも慣れていました。

友人はあるだけの勇気を振り絞って告白に望みますが、あっけなく振られます。しかも断られる時に先輩から言われたのは、「え?無理」だけだったそうです。

友人はその言葉に傷つき、一瞬にして先輩のことが大嫌いになったそうです。しかしこれが功を奏して、その後友人は一切の未練を持たずして、勉強に部活におしゃれにも一生懸命に。すると本当に強くなったし、綺麗になったし、見違える程変わりました。

こうして変身した友人を、他の男子も気に留めるようになり、告白もされるようになったのです。結局、受験があったりで彼氏を作ることはありませんでしたが、大学に進学後も社会人になってからも、彼女は結構モテていたようです。

肝心の告白した先輩ですが、卒業の時にこんなことを言われたそうです。「付き合ってあげてもいいけど?」この上から目線のセリフに切れた彼女は無言で立ち去ったそうです。

おしゃれ

まとめ

失恋の痛みは、経験した人にしかわかりません。しかしその経験は、必ず次の恋へとつながっていきます。

振った相手を振り向かせる事も大切かもしれませんが、振った相手を振り向かせるために努力したあなたのその時間が、本当はとても大切な時間だったのではないでしょうか。

振り向かせたい一心でやっていたかもしれませんが、楽しんでやっているうちに、失恋の痛みも消え、次の恋に向かうための準備ができたと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事