失態
スポンサーリンク

こんにちは、ともかです。第一印象って、とっても大切だっていいますよね。なんでもそうですが、新しい事や、新しい物、新しい人に出会うときって、それが新鮮なだけに注意深く見るし、より多くの情報を集めようとするのではないでしょうか。

だから第一印象は人の記憶に残りやすいし、なかなかその印象を変えることは出来ないのだと思います。

しかし、いつも人に良い印象を与えられるばかりではなく、時にあまりいい印象を与えられなかったり、最悪な印象を与えてしまうことだってあるのです。

今日は、そんな第一印象で好印象を残すことが出来なかった時に、相手にもたれてしまった悪い印象を変えていくための秘策についてお話ししていきたいと思います。

第一印象がどれほどまでに重要なのか

人の第一印象は、その人と会ってから約6〜7秒で決まると言われています。ではそのとても短い時間の中で、人は一体なにを見ているのでしょうか。

話しをする時に、相手から伝わってくる情報を比率にすると、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7%位だといいます。これは「メラビアンの法則」と言って、アメリカのアルバート・メラビアンが提唱しています。

ということは、第一印象を好印象にするためには、話の内容などではなくて、見た目の清潔さや笑顔や、声の出し方に気を使ったほうがいいわけです。

第一印象を決めるのは、見た目と声

見た目と言っても、顔そのものは変えられません。ただ清潔感に関しては、髭をきちんと剃ったり、加齢に髪の毛をまとめてみたり、顔周辺のお手入れをすることで、だいぶ印象は変えられます。

そして声そのものはかえられません。しかし、発声法により声の出し方を変えれば、印象は変わります。また話しをする際は、はっきりとした明るい声をだすことで、印象はよくなります。

初対面

第一印象が悪くなるとどうなるか

第一印象はたった6〜7秒で決まってしまいます。その印象が悪かった場合、挽回するのは並大抵なことではありません。

すでに相手には「なんか嫌だな・・・」って感情が生まれてしまっています。そして、その不快な感じから逃げたくなるので、あなたとは必然的に距離を置こうとするのです。もしかしたら、その第一印象が悪かったことが原因で、その人との縁が切れてしまうこともあるのです。

印象を変えていくために、何倍もの時間がかかる

第一印象は6〜7秒で決まります。そこで悪い印象を与えてしまうと、それを挽回するためには、何倍、何十倍、何百倍もの時間をかけなければなりません。

それって、とても大変ですよね。それならば、第一印象で好印象を残すことが一番重要なのです。

第一印象が悪かった場合にするべきこと

約6〜7秒で決まってしまう第一印象。ちょっと油断していたり、たまたまタイミングが悪かったりして、印象が悪くなってしまうこともあるのではないでしょうか。

そんな時のために、第一印象を撤回するための秘策をご紹介していきたいと思います。

いつもはちゃんとしてるんだけど・・・

身だしなみもきちんとして、周りにも気を配って、結構頑張っていたんだけど、一瞬気を抜いてダラ〜んとしていた時に、その人に現場を見られて、それが第一印象だった・・・なんてこともありますよね。

そんな場合は、印象を変えることはまだ簡単です。相手に対して、「いつもはちゃんとしている」ってところを、常に見せていけばいいのです。

服装や髪型をきちんとして、背筋を伸ばし、ハキハキ話し。こんないつものあなたを見せていくだけで、相手はあの時が「たまたま」だったということを認識するでしょう。

そしてあなたのその特徴を相手に見せることが出来たのなら、その好印象から他の部分も引きずられて好印象に見えていきます。

似ている部分を探して近づこう

恋のチャンスを掴むためのテクニックとして、相手との類似性を見つけるということがあります。

相手が好きなもの、趣味、特技などに自分と同じものを見つける。相手の持ち物と同じものを持っている、相手の性格や価値観が似ている。相手と同じ行動をする。

こういうことで相手との距離を縮め、仲良くなっていく過程で、その人の中のあなたの印象が変わっていきます。

スポンサーリンク

まとめ

第一印象を変えていくのは、とても時間がかかります。しかし、印象が悪かったからと言って諦めてはいけません。あなたの努力次第で、時間はかかっても挽回していくことが出来ます。

ただし1点だけ注意があります。それはよく魅せようと思って、嘘を付いたり、無理をしたりすることです。こういうものはいづれバレれてしまいます。

ですから、今あるあなたの最大限の魅力を見せていけるように頑張りましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事