スポンサーリンク

こんにちは、ともかです。私の周りの男性は、既婚や独身にかかわらず、40代になって途端に気にし始めたことがあります。それは「頭皮」「お腹」「加齢臭」です。

やはりいつまでも若々しくいたいし、清潔感を保っていきたいという気持ちが強いのか、見える部分に気を使う人が多いですよね。

ただ「加齢臭」って毎日のケアの積み重ねってところが大きいし、気になる人には気になりますよね。

でもそんな加齢臭さえも受け入れてくれる天使のような女性達が存在するのです。その名も「枯れ専女子」です。

今日はそんな枯れ専を突き進む女性達が、おじさんたちに求めるものや、ファザコンとの違いなどもお話ししていこうと思います。

枯れ専女子ってなんだ?ファザコンとは違うの?

アニメ「海月姫」に出てくるジジは枯れた中年男性を好む女性。ここから「枯れ専女子」という言葉が生まれたようです。ジジは20代前後、ジジの好きな鯉淵慶一郎は50代後半位でしょうか。

一般的には20代や30代前半くらいの女性が、50代前後の男性を恋愛対象としてみていることをいいます。

50代前後の男性でも、仕事をバリバリこなす人もいるし、健康管理も徹底していて、運動や食事に気を使ったりして、まだまだ若い子たちには負けないぞって気持ちで日々突き進んでいる男性もいると思います。

しかし「枯れ専女子」が好きなおじさんと言うのは、若干そこからはずれているようです。

枯れ専の「枯れ」にみる人生の深さ

枯れるとは、草木が、水分などがなくなり、生命を保つことができなくなる。花や葉が変色したり、落ちたりする。「作物が―・れる」「葉が―・れる」

出典:デジタル大辞泉より

この意味からもう現役からは引退し、あと残りの余生をどのように過ごすか。となんだか少し儚さを感じるのですが、彼女たちから見た「枯れ」というのは、若干意味が違うようで、「仕事や恋愛などの人生経験を経て得てきた人としての深みや重みがある男性」というイメージみたいです。

年上好きだからといって、ファザコンではない

一回り以上違う男性を好きになるのなら、それって「ファザコン」ではないの??って思ってしまうかもしれません。

しかしファザコンの女性が求めているのは、「父親とは恋愛関係を持てないので、そのかわりになるような年上の男性と恋愛できる人」であるのに対して、枯れ専の女性が求めているのは「年代、年齢」というところが大きいようです。

もちろん枯れ専女子でもどこかで父親に似ている人を探している人もいるかもしれませんが、優先するべきところは「年代」です。

枯れ専女子がおじさんに求める恋愛とは?

私も実は20代のころ、50代の男性が気になって気になって仕方なかった時期がありました。結局その方とは何もなかったのですが、胸がキュンと締め付けられるような気持ちがあったので、「好き」だったんだと思います。

結局、いい相談相手にはなってもらいましたが、やっぱりガキは相手にされなかったわけで・・・当然ながら、向こうは私に恋愛感情は一切持っていませんでした。

同年代の男性とは話しが合わない

女性は男性よりも、精神年齢が高く落ち着いている人が多いですよね。するとどうしても同年代の男性と話しをしていると、話しも合わないし、考え方も合わないってことがあります。

そうするとどうしても、自分が話しをしていて安心できる対象は、もっと年上の男性ってことになってくるので、自然と年上の男性に惹かれるのではないでしょうか。

仕事の事、社会の事、経済の事、恋愛のことだって、その他いろんなことをおじさんから教えてもらいたいと思っています。

だからまるで自分の知らない世界に連れて行ってもらってるような、未知の世界をたくさん教えてくれるような男性を求めています。

ダンディ

ゆっくり落ち着いた恋愛をしたいと思っている

同年代の男性と同じように、はしゃいだり騒いだり馬鹿なことをしたりって、あんまり肌に合わない女性もいます。

セカセカしないで落ち着いた大人のお付き合いをしたいと思う女性は、やはり落ち着きのある大人の男性との恋愛に面白さを感じるようです。

大きな包容力で、優しく守って貰いたい

同年代の男性にはない、落ち着いた包容力でいつも守って貰いたいと思っています。大きな器で包み込まれるような安心感は、やはりこの年代の男性にしか出せないものです。

そしていつも優しくされたい。喜怒哀楽激しくなく、感情の動きが激しくなく、いつも穏やかで見守ってもらえるような存在であってほしい。

若い女性

一途に自分だけを見ていて!可愛がってほしいし、甘えたい

一途で自分の事だけをみて欲しい。そんな自分をずっと可愛がって欲しい。いつでも自分が素直に甘えられる存在であって欲しい。

そして、ちょっとだけわがままを言える存在であって欲しい。なんでも相談できて、なんでも聞けて、なんでも教えてもらえる存在であって欲しい。

スポンサーリンク

枯れ専女子に選ばれるおじさんの特徴とは?

それでは実際に枯れ専女子はどんな男性を選んでいるのでしょか。

多少のくたびれ感もOK

帰りの満員電車で、もう一日の体力を使い切っちゃったな〜って位にくたびれたサラリーマンも、枯れ専女子の心をくすぐるようです。

異性を気にすることなく、ちょっとくたびれた感じのスーツ姿で、どこか哀愁ただよう感じで歩く姿に、この人なら一途に私の事を大切にしてくれそうという、変な安心感を抱くようです。

加齢臭も萌える

加齢臭は独特なものなので、結構嫌う人が多いと思いますが、枯れ専女子の中にはこの加齢臭でさえ、萌えポイントとしている人がいるようです。

通り過ぎた時に、ふわっと香ってくるシャンプーの臭いではなく!加齢臭の臭いに萌えてる女子がいるってことです!

身体を鍛えていたり、モテようとするギラギラ感はいらない

枯れ専女子は、「自分だけを見ていてくれる人」という部分を重要視しています。それは自分には自信がなくて、同年代の男性では相手にしてもらえない、いつか捨てられるのではないかという不安があるからです。

だからとっても魅力的で、異性にモテるための努力をしているような人は、安心することができません。そのままの自分をそのまま受け入れてくれる男性が必要なのです。

まとめ

枯れ専女子に限らず、男性も女性も結局のところは、「自分だけ会いしてくれる人と出会いたい」って思っているのではないでしょうか。

その極端なパターンがこの「枯れ専女子」なのではないかと思いました。確かに私も20代の時に、50代の男性に恋愛感情を持ったのって、その相手に対して「ものすごい安心感を覚えた」って気持ちだったと思います。

無理しなくてもいいし、そのままの自分でいられて、それでいいんだって思える相手。知らないことを素直に知らないと言えて、教えてくれたことを素直に聞ける相手。

同年代の男性との恋愛では決して得ることのできない、大人の優しさに魅力を感じる女子は実はたくさんいるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事