スポンサーリンク

こんにちは、ともかです。

40代って「今までみたいにおしゃれしたいんだけど、今まで通りでいいんかな??」って迷う年代だと思います。

私も数年前、自分のクローゼットの中にあるものでコーディネートして出かけていったら、友人から「一瞬、喪服かと思った」と言われて・・・

確かに「黒、グレー、白」を好んで着ているため、全体的に色がないんですよね。

そこでこれはいい機会なのかもしれないと思い、プロの方に「パーソナルカラー診断」と「骨格診断」を一緒にやってもらいました。

適切な診断とアドバイスのおかげで、似合う色とスタイルがわかったので、今は結構迷いなく洋服を選べるようになりました。

パーソナルカラーってどうやってわかるの?

同じ女性でも、肌の色や目の色、髪の毛の色など、みんな違いますよね。パーソナルカラー診断では、まずブルーベースなのか、イエローベースなのかという大きな分類でわけます。

そしてその2つのタイプを更に4つのタイプにわけますが、イエローベースの人は「spring(春)」「summer(夏)」になり、ブルーベースの人は「autumn(秋」「winter(冬)」にわけられます。

ですので、例えば同じ「青」でも、原色のような青なのか、淡い青なのかでもタイプがわかれますので、その一点は気をつけて見ていきましょう。

springタイプの女性とは?(イエローベース)

春のイメージどおり、キュートで可愛らしい女性です。カラフルな色味がとても似合います。コーラルピンクやオレンジ、黄色などもおすすめです。

ピンク

summerタイプの女性とは?(ブルーベース)

女性らしい強さを感じられる女性です。シックな感じや、淡いブルー、グレイッシュな色合い、または淡いパステル系がよく似います。

青

autumnタイプの女性とは?(イエローベール)

落ち着いた大人の女性の雰囲気です。秋らしいブラウンやカーキ、スモーキーな色がよく似合います。

秋

winterタイプの女性とは?(ブルーベース)

個性的で印象的な女性です。赤などのはっきりした原色や、暗い色が似合います。

赤

注意点

はじめにイエローベースとブルベースに分けました。同じspringタイプである人で、springタイプであっても、autumnに入っている色味でしたら、馴染むことが多いです。

逆にspringの人がブルーベースであるsummerタイプの色味を使うと、違和感が出てきてしまいます。

パーソナルカラーがわかるとどんなメリットがあるの?

自分の似合うパーソナルカラーがわかると、実は恋愛に効果があるだけではなくて、いろんなところにメリットがあるんですよね。

無駄な買い物をしない

一番のメリットはこれです。似合う色や形がわかるので、無駄な買い物をしないようになります。あと、私みたいに骨格診断までやってしまえば、色だけではなくて似合う服のスタイルもわかるので、お店をいろいろ回らなくて済みます。

実は洋服のお店って、それぞれ特徴があって、トップスだったら丸首のものが多いとか、V字のものが多いとか、パット見でわかるんですよね。

私はsummerタイプですーっとしたスタイルが似合うみたいなので、丸首は買わないし、縦のラインが綺麗に出るものを買うようになりました。

メイクも同じです。口紅やチークなどの色がわかれば、それ以外は買わなくなるし、試さなくなると思います。

顔が明るく見える

似合わない色を着ていると、血色悪く、肌がくすんで見えます。逆に、自分に似合った色を着ていれば、肌が綺麗に見えるので、若く見えます。

顔は恋愛の印象を大きく決めるものですので、ここの印象を少しでもよくしたいって思っているひとは、是非試したほうがいいでしょう。

自信

自信が湧いてくる

なんかこのコーディネート、しっくりこないな〜。新しいメイクに挑戦してみたけど、なんとなく浮いちゃってるな〜など、悩みながら試行錯誤することも大切ですが、はじめから似合っているものがわかれば、堂々としていられますよね。

顔の表情も明るくうつり、洋服も似合っているのであれば、何の不安もなく、恋愛に挑戦する自信が湧いて来ると思います。

デートに着ていく服も、選びやすくなりますよ!

スポンサーリンク

まとめ

今回は40代のおしゃれ迷子さんが、もう一度自分に似合う色を考えていければということで、パーソナルカラー診断のご紹介をしました。

ぜひ、自分に似合う色のおしゃれをして、新しい恋を見つけにいきましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事