優しい男性
スポンサーリンク

いつの時代も女性に「どんな男性が好き?」と質問をすると、必ず上位に入ってくる「優しい人」。

このなんとも曖昧な「優しい」というところが、結局女性たちの心を掴んでいるのです。

では一体どんなことをすれば、女性に「優しい人」だと思われるのでしょうか。

中高年の人が求める恋愛の形とは?

40年50年も生きていたら、お互いがそれぞれさまざまな人生経験を積んできていると思います。

これまであまり恋愛に縁がなかった人もいるでしょうし、逆に数多くの恋愛から様々なことを学んできた人もいると思います。

多くの人達がこの年代で最も相手に求めていることは「心の安定」です。

若い時のスリルある恋愛や、嫉妬や束縛などに縛られた恋愛や、裏切りや別れを経験してきた人ほど、このように「心の安定」を求める傾向が高いような気がします。

そして40代50代ではある程度、恋愛だけにとらわれない自由な恋愛を求めつつも、年を重ねれば重ねるほど、人生後半のパートナーとしての意識も高まります。

中高年の恋愛で求められる「優しさ」とは?

自分の気持ちをわかってもらえたり、気にかけてもらえるととても嬉しいですよね。

それは恋愛だけに限らず、日常生活でも同じ事がいえるのではないでしょうか。

単純でわかりやすい優しさ!

  • 暑くない?寒くない?気温に関する気遣いをする
  • 大丈夫?など体調を気遣う
  • 荷物をもってあげる、物をとってあげる
  • 歩く時は歩幅を合わせて、車道側を歩く。ドアの開閉などしてエスコートする
  • 女性が困っていたら、率先して聞いてあげる

荷物を持つ

さりげない優しさ!

  • デート先で彼女の好きそうなお店を予約しておく
  • 彼女の食べたいもの、飲みたいものを優先する
  • 彼女が欲しそうにしていたものを覚えておく
  • 男性がおごる場合は、スマートに会計を済ます
  • 車のドアを開けてあげる。段差で手を差し伸べてあげる

デート

見当違いでもきちんと確認してくれる

女性の多くは共感能力が高く、相手がどういう気持なのか、何をしてほしいのかわかってしまう人が多いと思います。

しかし男性はこういうことが鈍感で、女性の気持ちがわからない人が多くいます。

でもわからないなりに、自分のことを気にかけてくれて、知ろうとしてくれるという気持ちがうれしいのです。

そうしていくうちに、段々と女性の気持ちがわかるようになるでしょう。

気遣う男性

スポンサーリンク

中高年の恋愛で失敗しがちな「優しさ」とは?

中高年の恋愛において、過去の恋愛の失敗を引きずってしまっていたり、トラウマになってしまっていたりすると、臆病になってしまうもの。

同じような失敗をしないかな、また失恋したらどうしよう、こんな気持ちが中途半端な優しさになっていることがあります。

嫌われたくないから、はっきり意見を言わない

こんなこと言ったら嫌われるかも、こんな言い方したら嫌がられるかも。

こんな不安を抱えながら、話しをしていませんか?

ダメなことはダメ、無理なことは無理。異論があるなら、きちんと話しをしたほうがいいです。

そういうことを曖昧にして、なんでもOK!ってしてしまうと、「この人は私の事、ちゃんと考えてくれていない」という風に感じてしまいます。

ナヨナヨしていてはっきりしない

レストランで店員さんを呼ぶ、道に迷った時人に聞く、探しものを店員さんに聞く。

こういうこと女性はできるけど、男性といる時は男性にやってほしいと思っています。

そういう対応を見て、優しさを感じたり、男らしさを感じたりするのです。

しかしそういう女性の期待を裏切ってしまうのは、ナヨナヨして行動に移せない人。

そんな男性を見て、女性は結構がっかりしているものです。

優しいというよりも余計なお世話

男性にも人に世話を焼きたい人っていますよね。

しかし良かれと思ってやっていることでも、全くの見当違いになっている場合が多くあります。

女性の気持ちも考えずに、男性の独断でやってしまうことは、ただの余計なお世話になってしまい、煙たがられるでしょう。

余計なお世話

まとめ

優しさの定義な曖昧でわかりにくいし、人により感じ方も違うので、その気持ちがうれしいと感じたり、嫌だと感じたりします。

でも彼女を大切にしたい、彼女に喜んでほしいという気持ちから、彼女の望むことが見えてくると思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事