スポンサーリンク

異性の数ほど出会いがあるといいますが、一生のうちで本当に好きになる人って限られていますよね。そんな大切な女性といろいろな原因で別れてしまったとき、そのときはなんでもなかったのに、少し時間が経つと別れを後悔したり。

特に「こんな歳になって、こんなに人を好きになれるとは思っていなかった」って気持ちで恋愛が進むことが多い40代で、失恋の痛みはとても大きいのではないでしょうか。

今回は40代の恋愛であとになって「失敗した!」と気がついた女性についてご紹介します。

もっといい人がいるのではないかと調子に乗った結果・・・

会社のイベントで知り合った彼女は、その後なんどかデートを重ねて付き合うことになりました。バツイチだけど40代とは思えないくらい若くかわいいし、一緒にいる時間はとても心地よかった。

半年位付き合った時に、少し彼女の仕事が忙しくなってしまって、連絡も会うことも間が空いてしまった時、寂しいなーって気持ちになってしまった。

はじめは寂しさを紛らわせるためと暇つぶしのためにマッチングアプリでいろんな女の子とやり取りしていたんだけど、その中に気になる女性がでてきてしまった。しかも、プロフィールの写真がものすごくタイプの女性だったんです。

「今の彼女と付き合えたのだから、もっと素敵な人との恋愛もうまくいくに違いない」こんな風に自信過剰になって、せっかく素敵な彼女がいるにもかかわらず、浮気心が…

彼女の仕事が落ち着いてきて、また前みたいに会えるようになっても、マッチングアプリで知り合った女性が気になって、デート中もスマホをチェック。

失恋

そんな異変に気がついた彼女と喧嘩になって、結局関係が悪くなって別れてしまった。でもその時は若干、マッチングアプリの女性がいるからいいやって思っていたんですよね。

しばらくやり取りも順調だったんですが、返事がなかなか返ってこないようになって、そしたらある日いきなりその女性はマッチングアプリをやめていたんです。

その時はじめて、自分はなんて調子に乗ってたんだろうと後悔しました。

言いたいことを遠慮して本音で話しを出来なかった女性

40代にもなって、女性に対して少し苦手意識がありましたが、知り合った女性はとても話し好きで明るい女性。デートの時は、ずっと彼女が楽しい話しをしてくれて、とても楽しい時間を過ごしていました。

彼女は自分の話しだけではなくて、自分にもいろいろ聞いてくれたんですが、何か質問をされると緊張してしまいなかなか自分の意見を言えませんでした。それでも彼女は楽しそうにしていたし、そんな関係にとても居心地の良さを感じていました。

しかし付き合ってしばらくすると、彼女が寂しそうに黙っているときがありました。しかし、それも「どうしたの?」とは聞けませんでした。

失恋

それからまたしばらくした頃に、彼女から「何を考えているかわからない」「私に対する気持ちがわからない」と言われました。

自分はとても彼女の事を好きだったし、いずれは結婚もしたいと思いはじめていたので、なぜ彼女がそんなことを聞いてくるのかわかりませんでした。

そしてその彼女からの問いにも、自分ははっきりと気持ちを伝えることができませんでした。本当はきちんと「好きだ」とか「大切に思っている」って伝えればよかったんです。しかしそれも恥ずかしいって気持ちもあって、遠慮して言えなかった。

結局それが別れになりました。別れになるとわかっても、まだ言いたいことを伝えることができなかった。不器用な自分を受け入れてくれた彼女との別れは、とても後悔が残りました。

スポンサーリンク

おわりに

40代の恋愛における別れは、若い頃の恋愛と違い、とても長く後悔することが多いようです。

それに40代ってそれほど出会いが多くありません。失恋の痛みを、新たな恋愛で癒やすということもできにくいのです。

だから尚更、出会いに感謝しゆっくりと恋愛を楽しんでいくことが必要です。

スポンサーリンク
おすすめの記事