スポンサーリンク

40代では婚姻率は段々と低下していきますが、そんな中でも見事結婚を意識して交際が進むって、本当に素晴らしいことですよね。

それまでは長く自然な交際を続けてきたのかも知れないし、婚活を一生懸命頑張ってきたかもしれないし、いろいろ辛いこともあったと思います。

それでも幸せを掴んで、結婚への歩みを進めた2人。これからは2人だけのお付き合いではなくなるので、ご両親へ挨拶へ。

すると思いもよらず、反対された・・・なんてことがありますよね。

そんな時、円満に結婚へと導くために必要なステップをご紹介します。

まずは反発せずに反対された理由を考える

実の子供が40代になって結婚をする。初婚であっても再婚であっても、これからの人生を共に歩んでいけるパートナーができることは、喜ばしいことのはずです。

しかし反対されることもあります。では一般的に40代の結婚で親から反対されることには、どのようなことがあるのでしょうか。

結婚したら遠くに行ってしまう可能性がある

40代で結婚となると、そのご両親は60代以上ということになります。今まで近くにいてくれて、この先の老後も心強かったのに、いきなり結婚して遠くにいってしまうって可能性が出てきたら、2人の幸せよりも、自分たちの気持ちが出てしまう人もいるようです。

寂しいという気持ちが、反対っていうことになってしまうこともあるようです。

女性側の年齢を気にする人もいる

40代で見事、結婚への歩みを進めた2人は、きっと将来のこともきちんと考えての決断だと思います。現実的に家の購入や、子供の有無、老後のことなども話し合っているのではないでしょうか。

しかし男性側が初婚などの場合、ご両親は「子供」のことを気にする人が多いようです。なので、相手の女性がまだ子供を産むことができるのかで反対してくる人がいるのも現実です。

収入や仕事など相手に明らかな不足がある場合

若い頃でも男性の収入が少なかったり、定職についていなかったりってことは、結婚を反対される理由になりますよね。

ましてや40代ともなれば、老後のことも視野に入れていると思うので、収入や仕事はある程度きちんとしていることが望まれます。それは40代になってまで、そんなことで苦労をしてほしくないという親心かもしれません。

逆に女性に対しては、あまりキャリアを大切にしてバリバリ働いているような人は懸念されることがあります。40代になっても、息子が外でしっかり働けるように、家をしっかり守って欲しいという考えをするご両親は多いものです。

プロポーズ

反対された理由を2人で話し合う

もしかしたら若い頃はご両親の反対があっても、それを押し切って結婚に踏み切ったかもしれません。しかし40代ともなれば、そのようなことは幼稚な行動ですので、しっかり考えて行動したほうがいいですよね。

まずはなぜご両親が反対しているのかを、しっかり2人で話し合いましょう。そして、双方が納得できるような策を二人で導き出すことも、これから結婚に向けた大切なステップになると思います。

逆に40代になっても、そういう大切なことがきちんと話しあって解決できないような相手だとしたら、それはもう一度考えたほうがいいかもしれません。

結婚

スポンサーリンク

2人で出した答えを親に伝える

40代で結婚を考えることが出来るような相手と巡り会ったのですから、多少の障害もゆっくりと時間をかけて乗り越えていけばいいのではないでしょうか。

2人で導き出した答えをもう一度きちんと親に伝えることが、誠意ある大切なステップになります。

その2人の答えを聞いた親が、またどのような意見をだしてくるのか、そしてまたそれに立ち向かっていく覚悟が2人にあるのか、相手がどこまで結婚に真剣なのか見極めるいい機会にもなってくると思います。

最終的に結婚するかどうか決めるのは2人

結婚を親に反対されたことに対して、2人で真剣に話し合いを進めて来られたお二人は、以前よりも強い絆で結ばれているはずです。

そして結婚に対する気持ちも、以前より強くしっかりしたものになったのではないでしょうか。

最終的に親に反対されていても、きちんとしたステップを踏んでいれば、最終的には結婚への理解を示してくれることが大半だと思います。

それでも親が結婚を許さなかった場合、最終的にどうするかを決めるのは、2人の気持ちです。

まとめ

結婚という言葉に気持ちが高ぶっている時は、40代男女と言えども冷静な判断ができないこともあります。それ故に、その浮ついた気持ちを心配して、親が2人の結婚を反対している場合もあります。

少し冷静になって2人の関係を見つめ直したとき、実はまだ結婚するタイミングではなかったと気がつくこともあるでしょう。

親が子供を思い、結婚を反対するというのは、結婚に対して冷静に考える機会になると思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事