スポンサーリンク

一人でいると落ち着かない。

誰かといたり、賑やかなところにいる時は大丈夫なのに…

今日は寂しがり屋さんがどうしていつも寂しい気持ちになってしまうのか、その心理と原因についてみていきたいと思います。

こんな特徴があったら、あなたも寂しがり屋さんかも??

寂しがり屋さんって、どんな人のことを言うのでしょうか。自分も寂しがり屋さんの当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

一人になると途端にソワソワして落ち着かなくなる

みんなといる時は大丈夫なのに、一人になった途端にソワソワして落ち着かなくなることはありませんか?

一人寂しく自宅に帰ることが耐えられなかったり、一人部屋の中で過ごすことが落ち着かなかったり、とにかく一人でいることを楽しめない人が多いようです。

静かな空間で過ごしていると落ち着かない

人がたくさんいて賑やかなところや、ザワザワしていて人の気配を感じられるようなところにいると、すごく気分がいいのに、静かでしーんとしているようなところにいると、落ち着かなくなってしまう。

その為、休日も賑やかなところに出かけたり、人混みに混ざってみたり、友人と過ごしたりと外出をする人が多いようです。

また静かな空間が好きではないので、寝るときもテレビやラジオを付けて寝るという人もいるようです。

人との繋がりが感じられないと不安

今はSNSで人と簡単につながることができる時代。LINEなどを使えば、その「既読」機能で相手とつながっていることが、リアルに感じることができます。

自分が寂しいと感じた時に、自分と繋がってくれている人がいると安心する。自分は今一人ではないんだと心強い気持ちになる。

そのようにSNSを通じて、人との繋がりを感じることにより、安心感を得ている人は多いようです。

SNS

予定がいっぱい!忙しくないと落ち着かない人

会社帰りや週末など、スケジュール帳に予定が埋まってないと落ち着かない。スケジュール帳を埋めるために、友人や恋人を当たってしまう。

そうして忙しく過ごすことで、寂しいと感じる時間を少なくし、あっという間に時間が過ぎていったという状況を作りたい人が多いようです。

寂しがり屋になってしまう原因とは?

一人でいることが落ち着かなかったり、常に賑やかな環境にいたいと思ったり、とにかく一人でいる状況を回避したい寂しがり屋さん。

そんな寂しがり屋さんは、一体何が原因で寂しがり屋さんになってしまったのでしょうか。

コミュニティーが充実している

学校やサークル、会社や組織、家庭など、人は様々なコミュニティーに属して生活をしています。

そのコミュニティーでの活動が充実していて濃密であればあるほど、そのコミュニティから離れた時に、そのギャップが大きくて、寂しさを感じてしまうというこがあるようです。

その為、一人で過ごす時間を充実させる事ができず、常にどこかしらのコミュニティーに依存する傾向があります。

周りに寂しい人だと思われたくない

SNSでは常に友人や彼氏とのイベントなどをアップしたり、友達も多くいつも人に囲まれているような人だと、一人で食事をしたり、一人で買い物に行っているところは、人に見られることが恥ずかしいと感じるようです。

その為、なるべくそういう状況を人に見られないように、必死に人気者を装って行動しますが、実は一人で行動することが苦手になってしまった寂しがり屋さんなのかもしれません。

寂しがり屋

誰かと一緒にいないと心が落ち着かない

友人や恋人に限らず、とにかく誰でもいいから一緒にいてほしいという人は、心が自立していないため、人に依存しやすい傾向があります。

そのため、寂しいために好きでもない人と一緒に過ごしたり、寂しいために昔の恋人に連絡をとってしまったりなど、問題のある行動を取る場合もあります。

スポンサーリンク

寂しがり屋を克服するための方法

寂しがり屋さんは、寂しさを埋めるためにいろいろなことをします。友人と会う約束を入れたり、コミュニティーの中でたくさん活動したり、賑やかなところへ出かけたり。

でもそれは寂しがり屋を克服するためのものではなく、寂しがり屋をもっと加速させているかもしれません。

では、寂しがり屋さんが寂しがり屋を克服するためには、何をすればいいのでしょうか。

一人で過ごすための趣味を見つける

一人になると落ち着かないから、とりあえず人に会おうと思ったり、外に出たくなるような人は、とりあえず家の中で集中してできることを見つけましょう。

できるだけ、長時間取り組むようなことや、継続してできるようなことがいいでしょう。例えばプラモデルと作ったり、ジグソーパズルなんかはオススメです。

そうやって一人で過ごす時間になれていくことが大切です。

スマホを意図的に遠ざけてみる

寂しがり屋さんは、スマホに依存する傾向があります。

一日誰かとLINEをしていたり、マッチングサイトで恋人を探していたり、とにかくずっとスマホが気になって仕方なくなります。

意図的に自分の近くからスマホを遠ざけたり、スマホをチェックするのは「一時間に一回だけ」とルールを決めることで、スマホと適切な距離を取ってみましょう。

あえて一人きりで行動してみる

寂しがり屋だから、一人で外食が出来なかったり、一人で買い物が出来なかったり、遊びに行けない人はたくさんいます。

そんな人はあえて一人きりで、いろいろやってみることです。

一人でランチに行ってみる、一人でショップングモールに行って買い物をしてみる、極めつけは一人で旅行に行ってみることです。

一人ピクニック

まとめ

一人でいることが落ち着かなくて、寂しさを感じてしまう。その寂しさを克服するのは、かなり大変な場合もあります。

特に何かに依存してしまう傾向が強い人に取ったら、依存できる対象がなくなってしまうと、その喪失感と共に寂しさも強く感じますので、余計に難しくなります。

無理をするのは駄目ですが、ある程度寂しさを紛らわす方法や、克服の方法を試してみて、一人に慣れるということも必要なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事