嫉妬束縛
スポンサーリンク

若い頃は恋愛の経験も浅く、自分本位になってしまったり、嫉妬や束縛をしてしまったりと、様々な失敗があったはず。

それが40代50代になれば、少しは人としても成長して、スマートな大人の恋愛ができるようになってくるのではないでしょうか。

しかしいくつになっても、「恋は盲目」に変わりありません。気持ちが大きくなればなるほど、相手を想う気持ちが良からぬ方向へ向いていき、嫉妬や束縛が生まれることもあります。

大人だからといって、必ずしも大人っぽいスマートなお付き合いができるとは限らないのです。

男性の嫉妬や束縛、女性はどう感じているの?

男性からの嫉妬や束縛は、あなたに対する愛情とも言えます。しかし度が過ぎた干渉は、恋愛を楽しむどころか、窮屈で嫌なものにしてしまうこともあるでしょう。

世の中の女性は、男性の嫉妬や束縛についてどう感じているのでしょうか。

管理されているような気分

昨日今日の行動をいちいち確認してきたり、週末の予定もチェックしてくる彼氏。「いつ・どこで・誰と・何を」など事細かに正確に伝えなければ、嫉妬深い彼氏は更にあなたの行動を疑ってくるはず。

仕事ならまだしも、プライベートにおいて行動を報告するようでは、日常を楽しめなくなってきますよね。

口うるさい身内のような存在に

親が子供に口うるさく注意するように、彼氏があなたの行動について多くの口出しをしてくるようになると、時に鬱陶しく感じることも。

それはあなたの行動・言動・服装などあらゆるものに対して行われ、そして彼氏はそれを「あなたのため」と思ってやっています。

信用されていないのではという不信感

嫉妬や束縛の多い男性の中には、過去に交際していた相手に裏切られていたり、あなたとの交際にイマイチ自信を持てていない人も多くいます。

あなたに対して「自分だけの存在でいてほしい」という気持ちが大きすぎて、なんてことないことまで「浮気されるんじゃないか」「他の男に惹かれているのではないか」などと疑念を抱いてしまうのです。

しかしそのような行動は、女性からしたら「自分は信用されていないのではないか」という気持ちへと繋がっていってしまいます。

嫉妬や束縛

男性の嫉妬や束縛、やめてもらうにはどうすればいい?

彼女の事が好きすぎて、行動や言動などが気になってしまう。

つい彼女の行動が気になって、事細かに聞いてしまったり、少しでも他の男性の影があると疑ってしまったり、いつでも彼女の心が自分に向いていないと安心できません。

そしてそれが嫉妬や束縛に結びついてしまい、恋愛を面倒なものにしてしまうのです。

では、そのような嫉妬や束縛をしてくる男性に、そのような行動をやめてもらうには、一体どうしたらいいのでしょうか。

彼が安心できるように予定はすべて伝える

彼が嫉妬や束縛をしてくるのは、彼自身が自分に自信がなく、あなたが他に行ってしまうのではないかと常に不安で仕方ないからです。

そんな彼に対して、できるだけオープンにあなたの行動や予定を伝えることで彼が安心することができるとしたら、とてもいい方法です。

しかし、あなたが自分の行動や予定を伝えることを苦痛に感じているのなら、他の方法を試しましょう。

いろいろなことで彼に頼る

あなたにとって、彼が必要な人だということを示すことができると、彼は自然と自分に自信を持つことができます。

些細なことでも相談してみたり、頼ってみることにより、隠し事なく交際しているという証明にもなるのでおすすめです。

嫉妬や束縛が嫌だと伝えてみる

彼はあなたのことが好きすぎて、自分の行動がきちんと見えていないこともあります。

あなたに対する行動や言動が、行き過ぎていることを伝えて、それで彼が気がつくこともあります。一度、彼に気持ちを伝えてみることも大切です。

別れることも考える

嫉妬や束縛も、度が過ぎると危険です。病的なレベルの嫉妬や束縛は、トラブルに繋がることもあります。

よく見極めた上で、別れることも必要です。しかし、そもそも嫉妬や束縛が強い人は、あなたに対しての執着も強いです。

別れるのであれば、後腐れなくきれいに別れるように心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

嫉妬や束縛は少し位であれば、あなたへの愛情の裏返しだと感じることができて、恋愛のスパイスになることもあります。

しかし度が過ぎた嫉妬や束縛は、恋愛を楽しいものにするどころか、余計に気持ちが離れてしまったり、トラブルに繋がることもあります。

あなたが彼からの嫉妬や束縛をどのように感じているかしっかり見極めて、最善の方法を探していきましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事