スポンサーリンク

離婚をして子供を引き取るということは、とても大変なことです。それはシングルファザーであっても、シングルマザーであっても同じです。

それでもまだまだ人生は長く、もちろん新しい恋愛をする可能性もたくさんありますよね。

でもシングルファザーやシングルマザーが恋愛をしようとすると、様々な問題にぶつかります。

デートする時間がない??

一言にシンパパやシンママと言っても、人により置かれている状況は様々ですが、ご縁が合って異性との交際に発展しそうなとき、まずぶつかる壁は「デート」です。

子供がある程度大きくなってくれば、一緒に出かけることも少なくなり、休日は思いっきり2人きりでデートを楽しむことができますが、まだ子供が小さければ、日常的に子供に手がかかり、交際相手とのデートもままならない場合が多いです。

2人でデートしたい!って思ったらどうする??

平日にデートをしようとする場合、子供が保育園や幼稚園に行けるのであれば、規定内で預ける分には問題ないですよね。

しかし恋人との休みが土日祝などにしか合わない場合、そのようなところに預けることはできません。

身内に預ける

同居している親や兄弟がいれば、子供を短時間見ていてもらうということは可能です。

しかし親が高齢であったり、体が不自由であったり、病気であったりすると、容易に預けることは難しくなります。

また常に親や兄弟に預けることは、負担をかけることにもなり、気が引ける人も多いようです。

有料のサービスを使う

有料のベビーシッターや、保育サービスを利用するというのも、一つの手です。子供をプロに任せて安心出来るとともに、自分もリフレッシュできるので、金銭的な心配がなければ、うまく利用するのもありですね。

しかし最近では、資格のない人がベビーシッターの登録をしていたり、保育ルームだからといっても、安全ではない施設もあります。

預ける際には、まず短時間で何度かお願いし、本当に信頼できるサービスかどうか見極める必要があります。

デート

子供同伴でデートする

恋人との濃密な時間は過ごせないかもしれませんが、シンパパやシンママが恋人と長期的に付き合うには、子供同伴でデートすることが一番よい方法です。

ただし、子供の気持ちも尊重しなければなりません。また子供と交際相手の相性もあります。

まずは自分が選んだ恋人が、これから先も真剣に付き合っていける相手なのか、そして子供を受け入れてくれるのかを確認しなければなりません。

そして一番大切なのは、子供がそれに対してどのように反応しているのか、子供の気持ちをきちんと考えることなのではないでしょうか。

子供と恋人の相性が悪い??

自分と恋人との関係だって、「相性」という問題は多少あったと思います。でもそれを歩み寄ったり、妥協したりして、上手にすり合わせてきて、今一緒にいるのではないでしょうか。

それと同じように、シンパパやシンママは「恋人と自分の子供の相性」が気になるもの。

時間をかけてゆっくり関係を築いていく

良好な人間関係を築くためには、とても時間がかかります。それは大人でも子供でも同じです。相手が何を考えているのかわからないし、自分のことをどう思っているのかもわからないし。

だからもし相性が悪いのでは??と思っても、時間をかけながらゆっくりと関係を築いていくことが大切なのです。

少しずつ自分の考えや、相手の考えを知っていけば、相手の事が見えてくるはずです。そこでお互いがいかに誤解なく理解できるか、あなたはちょっとだけその手助けをしてあげればいいのです。

一緒に過ごす時間を増やす

相性が悪いと感じてしまう原因は、相手をよく理解していないからでもあります。特に子供からしたら、自分の父親や母親の恋人というのは、とても複雑な相手で、容易に受け入れることはできません。

ただ休日の数時間を一緒に過ごすのと、まるまる一日一緒に過ごすのでは、相手を理解する量が全く違ってきます。

むやみやたらに長時間過ごせばいいというわけではありませんが、一緒に過ごす時間を増やすことで、これまで見えなかった相手のいろいろな一面をみていくことができます。

子供の気持ちをもう一度考えてみる

あなたにとっての元の配偶者は、過去の人になっているかもしれません。しかし、子供にとって「父親」と「母親」は、ずっと「父親」であり、「母親」です。

あなたが幸せになるために、新しい恋人を作ることは、とても大切ですが、それにより子供が傷ついている場合もあります。

あなたの恋人のことは嫌いではないけれど、「父親」や「母親」が恋しいという想いが、その恋人を受け入れられない原因になっているかもしれません。

子供の気持ち

スポンサーリンク

まとめ

シンパパやシンママの恋愛は、子供がいるため難しい場合が多いですが、幾つかの壁を乗り越えていくことで、必ず相手のことを理解し、みんなが幸せになっていく道が開けていきます。

まずはお子さんの気持ちを最優先に、でも恋人との時間もうまく作れるように、工夫をしていってください。

スポンサーリンク
おすすめの記事