スポンサーリンク

出会いがあれば別れもあります。40代で掴んだ恋愛だって、うまくいかなくなって別れを選択しなければならないときだってあります。

しかし若い頃の恋愛とは違って、40代の失恋は心に大きな穴が開くことがあります。それはあなたがいかに相手を大切に思っていたか、そして心と心で深く繋がっていた証でもあるのです。

そんな40代の恋愛で、自分や相手に未練を残さず上手に別れる方法はあるのでしょうか。

40代の恋愛で未練が残る別れ方とは?

どんなに好きな相手でも、価値観の違いや些細なすれ違いが原因で、心が離れてしまうことはあります。

いざ別れを決意しても、どのように別れることがお互いのためなのか、分からないですよね。でも別れるのなら、お互いに未練が残らず綺麗に別れたいと思うのではないでしょうか。

段々と連絡しないで自然消滅を狙う

気持ちが冷めてしまうと、ラインやメールも送るのが面倒になってくるもの。既読になったまま放置してしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

なんとなく連絡が飛び飛びになって、特に会う約束もしていない状態だと、連絡がないことに慣れてしまって、恋人としての関係が曖昧になってしまうこともあります。

このまま自然消滅で終わってもいいかな・・・。と思い、そのまま連絡をしなくなってしまう。

しかしこれはその時はいいかもしれませんが、後々お互いが未練を残して、後悔する結果になることが多いでしょう。

嫌い

相手に嫌われるように持っていく

恋人と別れる時に、相手を傷つけたくないと思うばかりに、自分が相手に嫌われればいいと考える人がいます。

相手が自分のことを嫌いになってくれて、相手が自分を振ってくれたほうが、気が楽だと考えるのです。

しかしこのような別れ方も、別れたあとにお互いにしこりを残すことになるので、オススメしません。

40代の恋愛で未練が残らない上手な別れ方とは?

一度は好きになった相手なら、別れる際もその気持ちを忘れずに相手に敬意を払って別れたいもの。

きちんと別れれば、最終的には未練が残らず、別れてからも相手の幸せを考えていけるようになります。

少しだけ距離を取りたいと伝える

相手の言動や行動が気に入らなかった場合、日常でもそのことをずっと考えてしまってモヤモヤすることがあるのではないでしょうか。

でも少し冷静に考えてみれば、そこまで大きなことではなかったり、歩み寄れる場合もあります。

その時の感情で別れたいと思ったことも、少しだけ距離を取ってみたいと相手に伝えて気持ちを整理することで、また新たな気持ちで相手と向き合うことができることもあります。

距離

別れたい原因になったことを正直に話してみる

別れたいという気持ちを伝える必要はありませんが、嫌なことは嫌なままにせず、相手に伝えてみることが大切です。

それによって相手がそれを改善してくれたり、やめてくれる場合もあります。それでまた新たな気持ちで付き合いを進めることが出来る場合もあるし、出来ないなら別れればよいのです。

また出来るだけ直接会って話しをすることが大切ですが、言いにくいことはメールやラインを使って伝えてもいいでしょう。

余計なことは言わず別れを告げる

相手のことを嫌いになると、つい言わなくてもいいことまで言ってしまいがち。別れが決まっているのなら、必要以上に相手に余計なことを伝える必要はありません。

最小限の言葉で別れを告げることで、相手を傷つけることなく、別れを言うことができます。またシンプルに伝えるからこそ、別れを受け入れやすくなる人もいます。

別れ

スポンサーリンク

まとめ

気持ちが盛り上がって恋愛していた時期とは反対に、一度相手を嫌いになってしまうと、顔も見たくなくなってしまったり、話しもしたくなくなりますよね。

しかし相手に対して誠意を持って別れを伝えない限り、相手も納得できないし、いつまでも未練が残ってしまいます。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事