スポンサーリンク

40代の女性が恋愛をする場合、年上の男性なのか、同年代の人なのか、年下の男性なのかで、恋愛の仕方も変わってきます。

そこでよく聞く話は、「同年代の男性と付き合うと、相手と張り合ってしまって、素直になれない」というもの。

確かに40代の女性は、恋愛だけではなくて、仕事やキャリアにも一生懸命です。自分磨きや習い事、自己啓発にも活発に参加している人も少なくありません。

そんな中で恋愛をすると、ついつい相手をライバル視してしまって、張り合う結果に。でもそれでは幸せな恋愛はできませんよね。

今回は、そんな素直になりたくてもつい相手と張り合ってしまって、辛い思いをしている女性が、男性から愛される素直で甘えられる女性になる方法をお伝えしたいと思います。

恋愛は仕事じゃない!しっかりしなくてもいい

40代の女性は、仕事でも頼られることが多く、どうしても「きちんとした自分」「しっかりした自分」を求められている。

だけどそれを恋愛に持ち込んでしまうと、相手に上手に甘えることができなくて、相手との距離も縮まらない。

そんなギクシャクした微妙な関係しか築けない自分は、もしかして恋愛に向いていないのではないか??などと不安になる女性も多いですが、そうではありません。

デートの時は仕事の話しをしないように心がける

2人きりのデートの日に、仕事の話しをしてしまうと、「仕事モード」になってしまいます。そうなると「きちんとした自分」や「しっかりした自分」が登場してしまうのです。

だからあえてデートの日は、仕事の話しをしないように心がけましょう。もちろん彼氏から仕事の相談をされた場合は別ですが、自分がどうしても仕事の話しをしたい時は、ラインや電話でするようにしましょう。

少しラフな服装で出かける

TPOに合わせたコーディネートは必要ですが、あまりきちんとした服装をしていると、緊張しリラックスできません。

仕事の時はきちっとかっこいい女性でいても、デートの時は少し緩めてみましょう。

いつもより少しラフな服装で、気分もふんわりさせて、思いっきり優しい雰囲気を出してみてください。

ラフな服装

アドバイスはしない!男性にたくさん話しをしてもらう

40代の女性は、日頃後輩などに仕事上のアドバイスをすることも多く、つい話しをしていると親切心でアドバイスしたくなります。

しかしそうなってしまうと、仕事モードになってしまう恐れが。

あえてアドバイスはせずに、男性の話しの聞き役に回り、たくさん話しをしてもらうようにしてみましょう。

恋人はライバルじゃない!張り合いをやめて甘える方法!

同世代の男性と付き合うと、どうしても仕事の話やキャリアなどの話しになりがちで、ついライバル視してしまうことも。

相手の成功が素直に喜べなかったり、相手が自分よりも上だと感じると不機嫌になったり。

でも相手はライバルではなくて恋人です。お互いが一緒にいることで、気持ちが落ち着いたり、癒やされたりしたいですよね。

そのためには、恋人をライバル視しないことが大切です。

弱い自分、甘えたい自分を認めてあげる

一生懸命、仕事や恋愛などを頑張ってきた人は、40代ともなればそれなりに人生経験をしてきているはずです。

いろいろなことがあったから、自分が強くなった、鍛えられたように思い込んでいるかもしれませんが、それは強がりではありませんか?

本当は弱い自分、甘えたい自分をまず認めて上げましょう。そして恋人の前で弱さを出して、強がらず素直になることが大切です。

弱い自分

甘えることは恥ずかしいことではない

男性に甘えたり、弱さをみせることが恥ずかしいと思って、そうできない女性がいます。しかし男性からしたら、甘えてきてほしいし、弱さも見せてほしいと思っているものです。

また日頃、しっかりとしている女性が、自分にだけそのような顔を見せてくれることが、男性の自信に繋がったりします。

一度勇気を出して甘えてみると、すんなり男性は受け入れてくれるはずです。

甘える

張り合わずに応援し合える仲に!

競争社会で生きている私たちは、つい相手を蹴落とすことで自分が優位にたったと思いがちです。

しかし本来ならば、仕事でも同じ志を持って、お互いに励まし合い、目標に向かっていけることが理想なのではないでしょうか。

それと同じように、恋人とも人生や仕事を励まし合い、高めあって、常に応援していける相手になっていけるといいですよね。

スポンサーリンク

まとめ

恋愛は勝ち負けではありません。恋人に求めるものは、癒やしだったり、安心だったり、支えなのではないでしょうか。

上手に甘えて、上手に頼っていくことで、お互いが足りないものを補い合い、長く支え合っていけるのだと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事