スポンサーリンク

40代でも楽しく恋愛をしたいと思っている人は多いもの。結婚にこだわらず、お互いがプラスになるような付き合い方をしたいと思っている人もいますよね。

しかし実際に男性と付き合ってみると、そんな思い描いていた恋愛とは違う形になり、後悔してしまうことも。

実はそこには40代の恋愛を難しくしてしまう不器用な男子の存在があったのです。

40代の恋愛を難しくする不器用男子の特徴とは??

40代の男性といえば、仕事も忙しくなりますが、少しずつ余裕が出てきて、大人の男性の魅力が出てくる年代。

しかしそんな魅力的な男性も、少し恋愛から離れていれば、恋愛に不器用になっている可能性が。

素直に気持ちを伝えられない

40代の男性でも、女性に対して苦手意識を持っている人はたくさんいます。女性と話しをすることにも極度の緊張を伴う場合もあります。

恋愛に発展したとしても、会話の中で自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを聞いたりということが大変苦手なのが不器用男子の特徴です。

過去の失敗を気にして女性に気を使いすぎる

気遣いができる男性は、年代問わず女性から人気があります。しかしそれが度を越して「気を使いすぎる」となると、一緒にいる女性は疲れてしまう結果に。

これにはもともとの性格もありますが、過去の恋愛での失敗が尾を引いている可能性もあります。

今度の恋愛は絶対に成功させたい、喧嘩などせずに穏やかな関係を築きたい、彼女を傷つけないように言動や行動に気をつけたい。こういった気持ちが、女性に対して過度に気を使いすぎてしまうことに。

デートプランが決まっていない

デートをするなら、男性にある程度デートプランを決めてほしいと思っている女性も多いと思います。それに次のデートで待ち合わせ場所だけ指定してきたら、その後のプランはだいたい決まっていると思いますよね。

しかしデートプランを考えることが得意ではない不器用男子は、常に行き当たりばったり。待ち合わせ場所さえ決めれば、そのあとは2人で相談すればいいと考えているのです。

「どこ行きたい?」「何食べたい?」などデートの度に聞かれていては、女性も疲れてしまいます。それなら「ここ行ってみない?」「これ美味しそうだから食べてみようよ!」という聞き方の方がスマートですよね。

物知り博士??うんちくを語りたがる不器用男子

40代ともなると、仕事以外でも様々な知識を持ち合わせ、うんちくも溜まっていると思います。趣味がある人なら、その趣味の話しが尽きない人もいるのではないでしょうか。

しかしせっかくのデートで楽しく会話していたのに、長々とうんちくを語りだしたり、いかに自分が博学であるかをアピールしてくる不器用男子に、女性はうんざりしている可能性が。

相手の反応をみて、その話しに退屈している様子だったら、すぐ違う話題に切り替える。そういう気遣いができる男性なら、女性も楽しくデートできます。

うんちく

神経質すぎて楽しめない不器用男子

40代の恋愛は大人の男女の付き合いですから、若い頃よりも落ち着いたお付き合いになる場合が多いですよね。

しかし恋愛を楽しむ上では、たまには羽目を外して、思いっきり楽しむことも大切です。

そんな機会に服が汚れそうだからとか、手が汚れそうだからとか、汚そうだからなどと言ってためらっている不器用男子に、女性のテンションもガタ落ち。

あまりに神経質に物事を捉える男性は、女性からみてとても疲れる対象になるようです。

潔癖

40代の恋愛を難しくする不器用男子の悩みとは?

40代の恋愛を難しくする不器用男子の特徴について見てきましたが、そんな不器用男子にも悩みがあります。

考えても考えても女性の気持ちがわからない

45歳の商社に勤める男性は、未だに独身。出会いが無いわけではないけど、実は学生の頃から体育会系できたため、女性に不慣れ。

そのため女性に対してどう接していいかわからず、女性の気持ちがわからないということが悩みなのです。このように体育会系や男子校で周りが男性ばっかりだった男子や、女の兄弟がいなかったり、就職してからも男性の多い職場にいるような男性は、女性に対して不器用になってしまうことが多いです。

このような場合は、まず身近に相談できる女友達を作ることからはじめるのがいいでしょう。特に少しボーイッシュで男っぽい女性を友達にすれば、過度に緊張せずざっくばらんに話しができ、そして女性の心も理解できるようになるでしょう。

女性の気持ち

悪気はないのに女性を傷つけてしまう

48歳の工場勤務の男性は、普段男性が多い現場で、あまりコミュニケーションを必要としないことから、いざ女性と話しをしようとするとどう話していいか悩んでしまうようです。

そしてその不器用さから、女性に対して気を使えなかったり、言葉を選べなかったり、無愛想な態度をとってしまうことで、時に女性を傷つけてしまうことがあったそう。

しかし彼は全く悪気があるわけではなく、ただ女性がどういう言葉や態度を取ると嫌な気持ちにならないかということを知らないだけです。

不意にかけた言葉を女性が気にして喧嘩に発展してしまったり、気まずい雰囲気が漂ったりなど、本人の意思とは全く逆の効果が発生してしまうのです。

女性をどう誘っていいかわからないので結局何もしない

42歳の自営の男性は、いつも恋愛に発展しそうな女性が現れる度に、自分の気持ちを伝えることが出来ずに悩んできました。

会いたい気持ちや、電話で声を聞きたい気持ちがあるのに、素直に言えないのは何も女性ばかりではありません。男性も結構、臆病で行動に移せない人は多いのです。

本当はデートに誘いたかった。本当は一緒に○○に行ってみたかった。などとあとになって後悔する不器用男子。その曖昧な態度が、女性からするとナヨナヨした頼りない感じに見えてしまって、なかなか本気の恋愛につながらないことがあるようです。

不器用

スポンサーリンク

まとめ

せっかく好意を持った相手がいるのなら、等身大の自分でアタックしたいものですが、不器用男子が等身大のまま行ってしまうと、失敗するケースも多くあります。

ですが、女性もそのような不器用な男子が40代には多くいることを知って、不器用なりに真剣なことを受け止めてあげることも必要ですよね。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事