独身
スポンサーリンク

特に恋愛や結婚を望んでいないのに、周りが放っておいてくれない。一人の時間を大切にして独身を楽しんでいても、周りが過度に心配してくる。

実際に「彼女はいないの?」「結婚しないの?」このような言葉を言われると、うんざりするのではないでしょうか。

いつまでも独身でいるあなたに、女性を紹介したりお見合いを勧めてくる周囲の人々は、ありがたい存在ですがお節介だと感じることもありますよね。

周囲の人が女性を紹介したりお見合いを持ってきたら?

本人は彼女がいないことも、結婚していないことも大して気にしていないのに、周りの人が放っておいてくれない。

望んでもいないのに、勝手に女性を紹介しようとしたり、お見合い話を持ってくることも。

そんな周囲の人のご厚意を上手に断る方法は?

仕事が忙しくて恋愛をしている暇がない

確かに40代は責任もあり仕事も多忙になる時期です。出張や残業があったり、持ち帰りで休日に仕事をしている人もいるでしょう。

だからといって、恋愛に割く時間が全くないかというとそうではないと思いますが、大きな仕事を任せられているような場合は、恋愛と仕事は両立しにくいですよね。

あなたがどんな仕事をしているかにもよるかもしれませんが、「仕事が忙しい」と言っておけば、とりあえず周りはそれ以上すすめてこないでしょう。

仕事

いい感じの人がいると言っておく

嘘をつくのはよくありませんが、この方法は結構うまくいきます。

とりあえず「いい感じの人がいる」とあなたがはっきり言えば、無理に女性を紹介したり、お見合い話しを持ってくることはありません。

「いい感じの人」とはとても曖昧なので、それ以上細かく相手のことを聞いてくる人もいないでしょう。

興味がないことを伝える

どんなによい縁談を持ってこられても、自ら「恋愛したい」とか「結婚したい」などと思わないと、うまくいかないものだと思います。

「興味がない」と言うのは曖昧な伝え方ですが、受け取る側は様々な推測をすることができるので、はっきり伝えることも大切です。

一人が好きだと言う

「ぼっち」「ソロ」「お一人様」など、昔に比べて一人でいろんなことが活動しやすくなりましたよね。

食事だって遊びだって、趣味だって、結構一人で完結できるものです。

たまには誰かと一緒であれば楽しいだろうなって思うかもしれませんが、一人の方が気楽でいいなって思っている人も多いのではないでしょうか。

一人であることが寂しいと思ったり、辛いと思わないのであれば、一人で過ごすことが好きなんだと周囲に伝えてしまってもいいですよね。

独身

まとめ

あなたが独身でいることで、周りは心配して何かと世話を焼きたがると思います。

しかしもし一人でいることが苦痛でなく、それも含めて楽しめているのならば、しっかりとそれを周りに理解してもらうことも必要なのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事