スポンサーリンク

奥手で受け身の女性は、女性らしく控えめでおしとやかな印象を男性に与えます。初々しく恥ずかしそうな表情に、ドキッとしてしまう男性も多いのではないでしょうか。

まずはどのような女性が「奥手で受け身」と印象を持たれるのか、その特徴についてみていこうと思います。

奥手で受け身の女性の特徴とは?

目の前にチャンスがあっても、自分からは行動できない

「奥手で受け身」の女性は、積極的に男性にアプローチすることはありません。好意を持っている男性に対しても、「話しかけてくるのを待つ」「仲良くなるのを待つ」「告白されるのを待つ

どんなタイミングにおいても、自分からは行かず相手が来てくれるのを待っています。

その為、目の前にチャンスがあるのに行動しない、恋愛のチャンスを逃して出会いが遠のいてしまいます。

恋愛経験が少ないので自信がない

男性とすぐに仲良くなったり、意識せずに自然と話しをできる女性とは違って、「奥手で受け身」の女性は、男性に対して苦手意識を持っています。

話しかけるのが苦手、目を見て話すことができない、自分の思っていることを言えないなど、恋愛以前に男性と自然に距離を縮めることができないのです。

特に女子校出身であったり、兄弟姉妹に異性がいない女性、社会にでても女性が多い業界などに身を置いていると、必然的に男性と接する機会が少なく、どう男性と距離をとったらいいかわからないということがあるようです。

また恋愛経験が少ないために、男性と親密になることになれていなかったり、恋愛に自信がないと思っている女性が多いようです。

奥手

LINEやメールにどう返事していいかわからない

奥手で受け身な女性は、LINEやメールの交換にも時間がかかります。相手から「LINE教えて」「メールのアドレス交換しよう」と言われることを待っています。

そして実際にLINEやメールを交換しても、やり取りがうまくいかないのが奥手で受け身な女性の特徴です。

基本的に受け身なため、自分からは発信しません。相手が送ってきた内容に当たり障りない返事をします。質問することも苦手なため、相手からの質問には答えますが、自分から質問を投げかけることはめったにありません。

恥ずかしさからデートはいつもぎこちない

奥手で受け身な女性は男性に不慣れなため、二人きりになることにも慣れていません。

距離が不自然だったり、恥ずかしさから目を合わせなかったり、会話もぎこちない。緊張のあまり声も小さくなるし、長時間の沈黙に更にぎこちなくなる。

「どこに行きたい?」「何が食べたい?」「何をしたい?」こんな質問にも、なかなか本音をださず遠慮しています。

真面目さゆえ、冗談が通じない

奥手で受け身な女性は、これまでの人生に置いても、物事をしっかり考え真面目に生きてきています。

他の人ならサラッと流すような冗談や、軽いノリで口走ったことを、軽く流せないのです。ですので男性が言った軽い発言や冗談を真面目に捉え、悩んでしまうこともあります。

逆に男性の誠実な対応や、思いやりのある行動は、奥手で受け身な女性を安心させます。

奥手

奥手で受け身な女性と上手に恋愛をする方法は??

気になる女性が奥手で受け身な女性だった場合、どのようなアプローチをすればうまく恋愛に発展するのでしょうか。

またいざ交際が始まってからも、上手に恋愛を進めるにはどうしたらいいのでしょうか。

ゆっくりと時間をかけてお互いを知っていく

奥手で受け身な女性とは、すぐに交際に発展したり、急に距離が近づくことはありません。まずはあなたがどういう人間なのかをゆっくり知ってもらうことからはじめましょう。

あなたと過ごす時間が、奥手で受け身な女性にとって安心できるものになれば、女性も段々と心を開きいろいろな話しをしてくれるようになります。

LINEやメールの返事が少ないことを気にしない

LINEやメールの返信の頻度が少なくても、気にせず過ごしましょう。返信しないからと言って、あなたのことを蔑ろにしているわけではありません。

なんて返信していいかわからなかったり、言葉を考えていて遅れていることもあります。

気長に相手からの返信を待って、ゆっくりやり取りをしていくことが大切です。

返信

少し深い質問や相談をする

奥手で受け身な女性は、普段から積極的に自己主張をしません。しかし何も考えていないわけではありません。

いろいろなことをしっかり考えているし、思慮深い人が多いのも実はこういうタイプ。

だからあなたから少し深い質問をすれば、しっかりと自分の考えをまとめて答えてくれるはずだし、相談を持ちかけた際には、あなたの立場に立って物事を見てくれるはずです。

こうして少し深い話しをじっくりしていくことで、奥手で受け身な女性の魅力に気がつく男性も多いようです。

スポンサーリンク

40代で奥手で受け身な女性の恋愛攻略法!

「奥手で受け身な女性」は女性らしい控えめな印象を与えますが、40代の女性で奥手で受け身な独身女性となると、少し違った見方をされることもあります。

  • これまで恋愛の機会がなかったのかな
  • 男性に対して苦手意識が強いんだろうな
  • 恋愛に興味がないのかな
  • 性格に問題があるのかな

プラスな印象だけではなく、このようなマイナスの印象まで与えてしまう可能性があります。

ではこのような女性はどのように恋愛を進めて行くと、上手に恋愛ができるのでしょうか。

ほんの少しでいいから自分から一歩を踏み出す

奥手で控えめな女性は、自分から一歩踏み出していくことが苦手です。話しかけるにしても、何かしてあげるにしても、遠慮してしまってやめてしまうのです。

そこでちょっとの勇気を振り絞りましょう。遠慮してやめてしまおうとしていることを、伝えてみる。やってみる。

そのほんのちょっとが、奥手で控えめでありながら素敵な大人の女性を演出します。

奥手

自分はどういう女性なのか正直に伝えてみよう

恥ずかしくてうまく男性と話しができないこと、目が合うと緊張してしまうこと、本当はしたいことややりたいことがあるけど遠慮して言えなくなってしまうこと、LINEやメールの返信を考えていると時間が経ってしまうこと。

このようなあなたの特徴を正直に相手に伝えましょう。こういう告白も男性との関係を良好にするきっかけになります。

奥手で控えめでも笑顔と挨拶や返事は忘れない

奥手で控えめな女性は、男性との会話などで緊張しすぎて表情がぎこちなくなってしまったり、動きがおかしくなってしまいます。

それが苦痛で暗い表情になったり、声が小さくなってしまったりしますが、そういう表情や態度を見て男性は不安になってしまいます。

せめて表情は明るく笑顔で、挨拶や返事は忘れず少し大きめの声でしてみましょう。

まとめ

40代の独身女性でも魅力的で素敵な女性はたくさんいます。でも恋愛に奥手なことが、恋愛を遠ざけていたり、ダメにしてしまっていることもあるんです。

少しだけ意識して恋愛を楽しめれば、奥手で控えめな特徴もいいスパイスになって楽しい交際に発展するはずです。

スポンサーリンク
おすすめの記事