スポンサーリンク

新型コロナウイルスは、恋愛にも大きな影響を与えています。婚活や恋活もイベントが軒並み中止になり、出会いのチャンスがなくなってしまっていますよね。

しかしこんな状況でも、婚活や恋活を諦める必要はありません。むしろ会えない状況をうまく利用することができれば、自分にあった理想の相手を見つけることも出来るかもしれないのです。

今回は婚活や恋活をアフターコロナに期待することなく、上手にウィズコロナから恋を育む方法についてお話ししていこうと思います。

出会いのきっかけはオンラインで!

新型コロナウイルスの流行よりもかなり前から、オンラインでの出会いは主流になりつつありました。

オンラインの出会いとは「マッチングアプリ」を使った出会いのことです。気軽に使えるようになり、しかも安心して登録できるアプリが増えていますよね。

マッチングアプリなら、相手の地域や年齢、職業や趣味などもわかるので、自分の探している相手が見つかる可能性が高いですよね。

リアルな現実で出会いを待っているよりも、効率的に理想の相手と出会えるのです。

気になる相手と毎日やりとりをしよう!って意外と難しい

マッチングアプリで気が合いそうな相手に出会った場合、人によって実際に合うタイミングは違うにしても、最終的には会う約束をしていたと思います。

しかし今、新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出されて外出が自粛になっているため、安易に会う約束はできないですよね。

だからアプリ内やLINEなどで毎日やり取りをしながら、お互いのことを知っていくという方法しかないのではないでしょうか。

この「毎日やり取りをする」という一見簡単そうなこと、実はとても難しいと思います。

今は外出がままならない状況で、家で過ごしていることが多く、特に変化のない日常においては、話題が少なくなってしまいます。

でも実は今のような状況において、良好な関係を保っていける相手こそ、これから恋愛に発展して長期的な関係を築いていける相手です。

スポンサーリンク

会えないからお互いの努力が必要!

コロナ禍で思ったように外出できない、会いたい人に会いに行けない今、恋愛においても難しい局面なのではないでしょうか。

実際にマッチングアプリでの印象と、リアルに会った時の印象というのはかなり違うと思います。遅かれ早かれ、リアルに相手にあってフィーリングを確認することは、次の段階に進めるかどうかを決める大切なステップですね。

しかしコロン禍で会えない今、その印象の誤差を会わずに縮めていかなければならないですよね。そのために必要なことは、オンラインデートです。

スカイプやLINE動画を使って、モニター越しに相手と会うことができれば、相手の雰囲気や声の印象などを感じることができるのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事