スポンサーリンク

このサイトは主に40代の男女に向けた記事を掲載しています。しかし正直、40代前半と40代後半って同じ40代だけど、全然違うよな〜って思っていたりもするのです。

では実際にはどのような違いがあるのか、具体的に考えていきたいと思います。

40代の体力面、前半と後半ではこう違う!

40歳を境に体力に自信がなくなる人は多くいます。少しのことで疲れてしまったり、急に体を動かして節々が痛くなってしまったり。

実は45歳を境にも同じように感じているようです。それも「少し疲れやすくなった」レベルのものではなくて、「どっと疲れてしまった」「体が鉛のよう」と症状も重めです。朝体が重くて起きられなくなる人もいます。

40代後半で運動に取り組み始める人が多いのも、こういった一気に体力が落ちてしまったことへの危機感からともいえます。

40代の精神面、前半と後半ではこう違う!

精神面も40代の前半と後半では大きく違ってきます。

男性も女性もずっと仕事をしてきた人ならば、40代前半で段々と責任あるポジションについて、仕事が充実してくる時期。

責任も増えますが、部下ができたり、付き合いが増えたりすることで、それが仕事のやりがいにつながる反面、気苦労も耐えません。

これが40代後半になると、もっと自分に大きくのしかかってきます。そしてそれと同じに、その負担をうまく吐き出す場所がないことを知るのです。

いわゆる中間管理職の辛い現実が、40代後半には顕著に現れ、精神面でかなりのダメージを負う方も多くいるようです。

自信をなくす

スポンサーリンク

40代の肌の調子、前半と後半ではこう違う!

40代の前半と後半では、見た目の変化もはっきりと現れてきます。

シワが増えると同時に、深くなったような気がする。ほうれい線が前よりも目立つ。いつのまにかシミやホクロが増えている。

皮膚のキメがあらくなり、少しの不規則な生活で顔の血色が悪くなる。女性ならば化粧のノリが地学なる。

そんな自分を鏡で見る度に、気分も落ち込みおしゃれが楽しくなくなってきます。スタイルの崩れによって、自分に自信をなくしてしまうのもこの時期です。

40代の人生観、前半と後半ではこう違う!

40代前半はまだまだ大丈夫だと思っていたことも、後半になるとリアルな現実と向き合うことになります。

それは「四捨五入したら50歳」という部分からもくるようで、そこから「定年退職」「老後」「年金」などの先の人生を想像してしまうためです。

40代前半ではまだまだ自分とは無縁だと思っていたそれらのことが、いきなり現実味を帯びてくると、だんだんと自分の人生観も変わってきます。

実はこのタイミングで新しい趣味をはじめたり、好きなことを始める人も多いようですね。逆にあまり気乗りしないことを遠ざけたり、嫌いな人と無理に付き合わなくなったり、これからの自分の生き方を変える人もいます。

老後

40代の恋愛、前半と後半ではこう違う!

若い頃の恋愛と40代の恋愛では、恋愛の仕方も違えば価値観も違います。しかし、40代であっても前半と後半ではその捉え方が変わってくるようです。

40代前半での恋愛は「まだまだチャンスをつかみたい」「楽しく恋愛をしていきたい」そのように考える人が多いです。

しかし後半になると、少しずつ自分の老後のことも視野に入れて人生を考え始めることから、より慎重にそしてゆっくりと恋愛を楽しむ人が増えていきます。

新しい出会いに大して期待をしなくなるのもこの時期です。少し現実を知って諦めが入ってきたり、恋愛を考えなくなる場合もあります。

まとめ

40代前半と後半での様々な変化についてまとめてみました。

ただし40代後半で体力面などに衰えを感じて自信をなくす一方、50代に近づくことでそれを受け入れて新たな気持ちで人生を歩み始める人も多くいます。

そう考えると40代後半の時期は、人生を見つめ直すための良いチャンスなのかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事