スポンサーリンク

親しくなりたいと思った時に、食事デートは気軽に誘いやすいデートですよね。待ち合わせからお別れまで2〜3時間というちょうどよい時間も、初めてのデートには最適です。

そんな食事デートですが、「こんな女性とはもう食事に行きたくない!」と思われてしまう女性とは一体どのような女性なのでしょうか。

エチケットを知らない?食べ方が汚い女性

人と食事をするのに、最低限のマナーは必要です。特に意識している男性の前では、慣れていないスタイルの食事であっても、「綺麗に食べよう」と努力をするものではないでしょうか。

  • 大きな口を開けて食べる
  • 食べ物を口に入れながら話す
  • クチャクチャと音を立てながら食べる
  • お皿の上がゴチャゴチャに汚れる
  • 嫌いな物を普通に残す
  • 箸やカラトリーで食べるべきものを、手づかみで食べる

など、相手が見ていて不快になるような食べ方をしていると、男性は一気に気持ちが萎えてしまうもの。

食べ方だけではなくて、このようなことも幻滅ポイントです。

  • 椅子に座っている姿勢が汚い
  • ソワソワして落ち着きがない
  • 店員に対して横柄な態度
  • 「いただきます」や「ごちそうさま」が言えない
  • 食事を奢ってもらうことが当たり前だと思っている

食事を楽しむ会話を知らない女性

せっかく美味しい食事をしているのに、楽しくなくなるような会話をしていたら、美味しいものも美味しく感じなくなりますよね。

  • 仕事の愚痴や人の悪口を言う
  • 一方的にずっと話し続ける
  • 自分の話ばかりして、相手の話には上の空
  • 自慢話をしてくる
  • 他の男性の話しをしてくる

このような会話は、デリカシーのない女性だと思われるだけではなく、その食事まで美味しくないものに感じさせてしまいますね。

スポンサーリンク

スマホばかり気にしてる?

食事デートの際は、スマホはバックの中に入れて着信音がならないようにしておくのがマナーです。

  • テーブルの上にスマホを置いて、常にチェックしている
  • たまにスマホを出して、着信やSNSをチェックしている

このような女性に相手の男性は「デートが楽しくないのかな」っと思ってしまいますよね。

まとめ

はじめての食事デートを楽しく過ごすことができれば、「また会いたいな」「次は一日デートに誘ってみようかな」と思いますよね。

でも男性って結構繊細なので、女性の食事中の些細なことにも、萎えてしまったり幻滅してしまうものです。

完璧なマナーやエチケットができなくても、相手が不快になるようなポイントだけは避けて楽しく食事ができればいいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事