スポンサーリンク

40代になったからって、みんなが上手に大人の恋愛ができるようになるわけではありません。

つまらないことでお互いに意地を張って喧嘩になってしまった。素直に謝ることができなかった。

嫉妬してしまったり、相手を信じられなくて拘束してしまったり、自分に自信がなくて、相手に嫌われるのが怖くて、傷つけてしまったり。

こんな経験は40代の男女でも普通にあることだと思います。でももう少し40代の大人らしい恋愛がしたい。出来るようになりたい。そう思っている人も多いはず。

今回は子供の恋愛から卒業して、40代らしい大人の恋愛をしていくためにはどのようなことに気をつければいいのかお伝えしていきたいと思います。

大人の恋愛は「適度な距離感を大切にする」

若い頃は好きという気持ちが優先してしまい、「仕事なの?私なの?」「私よりも友達が大切なの?」などと、恋愛と仕事やプライベートをゴチャゴチャに考えてしまいがち。

でも40代ともなれば、仕事が多忙になることもあるし、社会的な責任もあるし、どうしても譲れないお付き合いもあります。いつも会えるわけではないし、いつも連絡できるわけではありません。

特に一人の時間も大切にしたいと考える人も多いのが、今まで一人でいた期間が長かった人たち。恋人とデートもいいけど、一人の時間も好き。そんな相手の気持ちも考えて、責めるのではなくて、気遣うことが必要です。

また忙しくてなかなか会う時間を作れない人や、連絡をマメにすることができない人は、相手の寂しさや不安な気持ちを察してあげましょう。少しの気遣いで、相手の気持ちは落ち着き、お互いに焦らずに恋愛をすることができます。

大人の恋愛は「言葉を大切にお互いを思いやる」

「いちいちこんなこと言わなくてもわかるだろう」「恥ずかしいから伝えなくてもいいか」大人になると何かとこのような気持ちで、大切なことを言葉にしなくなります。

しかし考えていること、思っていること、大切なことほど、きちんと伝えてほしいものです。それが言いにくいものだとしたら、余計にきちんと伝えることで相手の信頼を得ることができます。

また相手が疲れていそうだな、ストレスが溜まっていそうだな、体調が悪そうなだというときは、「大丈夫?」「ゆっくり休んでね」などと、相手を思いやる言葉をきちんと伝えることも大切です。

そうして築いていく関係は、誤解やすれ違いなどを回避して、良好な関係を長期間続けることに繋がります。

スポンサーリンク

大人の恋愛は「お互いが高め合える」

ただ楽しいだけの時間を過ごしていた若い頃とは違って、大人の恋愛ではじっくり相手と向き合って、時間をかけて関係を築いていきたいですよね。

そのためにはお互いが尊重しあって、お互いを高め合えるような関係を作っていくことが理想です。

お互いが言いたいことだけを主張する関係ではなく、対等な関係で意見を交換したり指摘したりすることも時には必要です。

ただ優しくするだけが優しさではなく、ただ隣で笑っているだけがいいわけではありません。本当に相手のことを考えたときに、相手のためにできることを考えることこそ、相手のためになります。

まとめ

40代の大人の恋愛は、ただスマートに恋愛をするだけではありません。大切な人に思いやりの姿勢をみせたり、大切なことをきちんと言葉にしたり、ゆっくりと信頼関係を築いていくことにあります。

そうすることで若いときの恋愛とはまた一味違った充実した恋愛をすることができるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事