スポンサーリンク

何らかの事情で子どもを引き取り育てているシングルファザーの皆さん。未来のために恋愛もしていきたいと考えたり、子育てが一段落したから恋愛をしてみようとされる方も多いですよね。

しかしそんなシンパパの恋愛において、女性から思わず「無理!」と思われてしまうことがいくつかあるようです。

今回はシングルファザーの恋愛において、女性が思わず「無理!」と引いてしまう行動や言動などについてお話していきたいと思います。

シンパパの恋愛で「無理!」と感じてしまう行動とは?

仕事や子育てをしながら恋愛も!ってなると、そのバランスが難しいですよね。恋愛モードになってばかりでもいけないし、だからって子育てや家庭のことばかりになってしまうと、恋愛もうまくいかない。

では女性がシンパパとの恋愛を考えた時に、「これはちょっと無理そうだな〜」っと感じてしまう行動とは、どのようなものなのでしょうか。

子どもを蔑ろにしてデートを続行しようとする

楽しいデートをしていると、お別れするのは名残惜しいですよね。もっと一緒にいたい、もっと2人の時間を過ごしたいと思うのは当然です。

しかしシンパパは恋愛ばっかりしているわけにもいかず、家に帰ったら子どものお世話が待っています。

手がかからない年齢になったからといって、あまり遅い時間まで家を開けてしまうのはよくありませんよね。

自分との時間を優先してくれることに、少しうれしい気持ちを抱きながらも、家で待つ子どもを蔑ろにしているシンパパの姿には、女性も「無理だな〜」って気持ちが湧いてきます。

シンパパの苦労話ばかり話してくる

一人で子どもを育てることは、シングルファザーでもシングルマザーでも同じような苦労があります。しかし社会的立場などから見ても、男性が子育てと仕事を両立していくのは、並大抵のことではないのではないでしょうか。

そんな苦労を重ねてきたシンパパは、気を許せる相手に思わず、これまでの苦労話をしてしまいますが、その話の程度によって相手の女性は「無理!」と感じてしまうようです。

「俺はこれだけ苦労してきた」「男ひとりで子育てすることは、こんなにも大変」そんな話が恋愛におけるアピールポイントだと思ってしまうと、恋愛はうまくいきません。

デートの話題が子どもの話や自慢話

シンパパに限らず、お子さんがいる方が恋愛をすると、ついつい子供の話が出てしまうことは自然なことです。

しかし相手のお子さんのことをよく知っている相手ならまだしも、まだ会ったことのない子どもの話をされても、よくわからないと思ってしまう女性は多いもの。

特に相手が子育て経験がない女性だと尚更です。折角のデートに子どもの話題ばかり?っと感じてしまうと、これからのお付き合いに対して「無理だな…」って感じてしまいます。

また子どもの自慢話も、行き過ぎると女性に嫌がられますので、気をつけましょう。

シンパパの恋愛で女性が思わず惹かれてしまうポイントとは?

シンパパの恋愛は、相手の女性がシンパパであることを受け入れることからはじまります。子どもを育てながら、仕事もきちんとして、その上恋愛ともなると、とても大変です。

でもそんな障害も乗り越えて、惹かれ合った2人の絆はとても強いものだと思います。では、シンパパであることを理解して、男性としても惹かれるようなシンパパとは一体どのような男性なのでしょうか。

シンパパであることを恥じていない

シンパパの恋愛はとても難しく、いくつものハードルがあります。それ故、世の中の多くのシンパパは、自分の恋愛に対して自信がありません。

シンパパであるということを受け入れてもらえない限り、恋愛がスタートすることはないと思っているからです。

しかし案外、シンパパであることをオープンにして、はじめから見せていったほうが、うまくいくパターンの方が多いのも事実です。

あとから「実は…」とカミングアウトするよりも、始めからきちんと説明をしてくれる男性に誠実性を感じて、惹かれる女性は多くいます。

子育ても仕事も恋愛も一生懸命という姿勢

子育ても仕事も忙しいけど、恋愛もしたい。そう考えることは自然なことです。でも実際に思うように時間が作れなくて、葛藤しているシンパパも多くいます。

しかし恋愛に割ける時間が少なくても、いつでも相手のことを想い気遣う気持ちがあれば、その姿勢はきちんと相手に届きます。

子育ても仕事も中途半端に、恋愛ばかりにうつつを抜かすような適当な男性ではなく、何事にも一生懸命という姿に女性は惹かれていって、応援したくなるようです。

子育ても家事もできる万能さに惹かれる

女性であっても家事が苦手な人もいますし、子育て未経験となれば、子育てに自信が持てない人もいます。

その点、シンパパは今まで一人で子育ても家事もしてきている実績があります。それはとても大変な苦労だったかもしれませんが、シンパパの強みにもなっているのではないでしょうか。

子育ても家事もしてきた男性に、たくましさを感じて女性は惹かれるようです。

スポンサーリンク

まとめ

ハードルが高いと言われるシンパパの恋愛ですが、これまで培ってきた子育てや家事の経験を強みに、恋愛にも活かすことはできます。

シンパパであることを理解し、受け入れてくれる女性と、ゆっくりと恋愛を楽しんでいってください。

スポンサーリンク
おすすめの記事