スポンサーリンク

40代で恋愛経験が少なかったり、過去に恋愛で失敗してきた人の中には、恋愛に対して臆病で受け身になってしまっている男性がいます。

そんな臆病で受け身な40代男性の特徴と、お付き合いをしていくためにはどうすればいいのかなど、アプローチ方法についてお話していきます。

臆病で受け身な40代男性の特徴とは?

臆病で受け身な40代男性とは、どのような特徴があるのでしょうか。男性の隠された心理とはどのようなものなのでしょうか。

仕事が忙しくて恋愛に縁がなかった

20代、30代と仕事に邁進して、キャリアを掴んできた男性に多く「気が付いたらもう40代になっていた。」というのは、よく聞く話です。

しかし一部の特殊な仕事を除いては、どんなに仕事に忙しくても、恋愛の1つや2つあってもおかしくないですよね。

実はこのような男性は、本当に仕事に打ち込みたいという強い意思を持って恋愛を遠ざけている場合と、恋愛が怖い、傷つくのが怖いという思いから仕事を口実に恋愛を遠ざけている場合があるのです。

気が付いた時には周りが結婚したり子供がいたりするような状況で、恋愛や結婚を意識するようになりますが、経験がないため、どのように進んでいいのかわからずにいます。

地面に座る男性

過去に大きな失恋をしたことがある

昔は純粋に恋愛できたのに、あることがきっかけになり、恋愛に対するイメージが変わってしまうってことありますよね。

  • 相手の嫌な面を見てしまった
  • 喧嘩や揉め事が多くて、疲れてしまった
  • 告白したら、ひどい振られ方をした
  • 別れ話がもつれて、大変な目にあった

などなど、恋愛は楽しいことばかりではありませんよね。

このような経験をして、恋愛ってなんだか面倒だなって思ってしまうと、恋愛を遠ざけたくなりますよね。

楽しくない、面白くないと思っていることに、人って一生懸命になれないし、アプローチされても困ってしまいますよね。

自分に自信がないから積極的になれない

自己肯定感が低い人に多いのが、このパターンです。自分に自信が持てず、恋愛には積極的になれません。

相手からアプローチしてきても、「いや、、、俺なんて、、、」と逃げ腰です。

そのそも自己肯定感が低いのですから、恋愛に限らず、仕事や日常生活においても、このような思考で生きている可能性があります。

臆病で受け身な男性にアプローチしていく方法は?

臆病で受け身な男性が気になってしまう、そんな彼にアプローチして、どうにか恋愛に繋げたい。そう思う女性もいますよね。

では、どのようなアプローチをしていけば、臆病で受け身な男性はあなたに惹かれていくのでしょうか。

仲の良い友達になることを意識する

臆病で受け身な男性は、ガツガツとした肉食系の女性は苦手です。だからといって、控えめで物静かな女性との恋愛もうまく進展しません。

男性として意識しているという姿勢を見せるのではなく、人として誠実であり、信用できる人間だということを示していく方が、うまく距離を縮めていくことができます。

アプローチをしすぎてしまうと、逆に引かれてしまうこともあるので、仲の良い友達のようなポジションを狙っていくと良いでしょう。

酒を飲む友達

女を武器に使うと嫌われる

臆病で受け身な男性は、派手な女性を好みません。モテそうな雰囲気を出してしまうことで、男性は懸念して引いてしまいますので、地味なくらいがちょうどよいでしょう。

メンヘラ的な可愛さや、わざとらしさ、色っぽさなどを出す女性も苦手とします。この女性と恋愛すると大変そうだな‥とちょっとでも思うと、それ以上興味を示すことはありません。

一緒にいて楽な相手になる

臆病で受け身な男性は、男女間の面倒臭いことが苦手です。それじゃなくても、日常このような男性は、周りに対して相当な気を使って生きていますので、余計な気疲れはしたくないのです。

一緒にいる時間が、ただ穏やかであるだけで、相手は大きな安心感を覚えますので、余計な気遣いをさせないように、楽しく過ごすことが大切です。

スポンサーリンク

まとめ

男性は男らしく女性を引っ張っていくものという時代ではなくなりました。臆病で受け身な男性はどちらかというと、女性にある程度引っ張っていって欲しいと望む男性が多いです。

恋愛は面倒臭いものではない、楽しいものなんだと思えるような恋愛をしていきたいですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事