おじさんのLINEは絵文字顔文字で気持ち悪い?セクハラにもなるダメな文章
スポンサーリンク

友達同士なら気にも留めないLINEのやりとりも、おじさんとやりとりをすると違和感が‥ってことあると思います。

逆も然り、おじさんが若い子とやりとりをすると、なんだかスムーズにはいかないと感じるものです。

ジャネレーションギャップと言ってしまえばそれまでですが、実は若い人があまり使わないようなことを、おじさん世代の男性は多用しているようです。

今日は若い人が気持ち悪いと感じてしまうLINEでのダメなやりとりをご紹介いたします。

おじさんLINEは絵文字顔文字ばっかり??

LINE

絵文字や顔文字はLINEのとても便利な機能ですよね。文章で固くなってしまいがちなところに、ちょっとだけ感情を表すことができるので、文章が柔らかくなったりします。

しかしおじさんのLINEはその「ちょっと」が「いっぱい」になっていたりするようです。

「おはよう😆😆😆😆😆」「元気❓❓❓❓❓」って並んでいたら、気持ち悪くありませんか?こういう感じが何行もあると、気持ち悪いを通り越して鬱陶しささえ感じます。

2行くらいの文章に、絵文字は1つ入れるくらいがちょうどいいです。

絵文字がたくさん登場したことであまり使用頻度が高くなくなった顔文字ですが、いまだに使うおじさんもいますよね。

しかしこれも多用すると気持ち悪いです。

「微妙_φ( ̄ー ̄ )だし、残念_:(´ཀ`」 ∠):」もう一体何を言いたいのかわかりません。

おじさんLINEは報告書?日記のように長い文章

LINEってちょっと伝えたいことを気軽にやりとりできるものですが、おじさんには「何を」「どう書けば」よいかわからない人が結構いるようです。

そのため、会社でのメールのようなかしこまった表現や、報告書のような形式ばった内容や、日記のように長い文章になってしまう人がいるようですね。

一気に自分の伝えたい内容を書くだけ書いて送信!

これはただの自己満足です。相手がわかりやすいように、要点だけを伝えるのもLINEのやりとりでは大切です。

スポンサーリンク

おじさんの酔った勢いLINEはセクハラになる

酔っ払い

 

いくら接待が会社の業務だったとしても、接待帰りにこんなLINEを送られてきたら、気持ち悪い以外のなにものでもないです。

すべてのおいて残念なやりとりですが、部下に「ハートマーク」名前に「チャン」は立派なセクハラですね。

酔っ払って気が大きくなったときこそ、LINEのように気軽にやりとりができるツールの扱いには気をつけたいですね。

まとめ

各世代に浸透しているLINEですが、使い方を謝ると「おじさん」LINEになる恐れがあります。

気持ち悪いくらいならまだいいですが、セクハラまがいのLINEを送ってしまうとあとあと問題になりますので気をつけて使っていきましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事