シャツを着た男性
スポンサーリンク

40代って男性も女性もファッションに迷いが出てきやすい年代です。

体の全体的なバランスも変わり、お腹が出てきたり、背中に肉がついたり、髪の毛や顔の変化もあり、若い頃に着ていた服が急に似合わなくなることもあります。

では40代の男性の場合、どのような服を着ることがオススメなのでしょうか。女性に「モテる」という視点も含めてお伝えしていきたいと思います。

ダサい40代男性は何を着ればいいのか?

  • 自分に似合う服がわからなくて、20代のころと同じファッションをしている。
  • とりあえず適当に買ってきて、なんとなく合わせている。
  • よくわからないので、最近服は全く買っていない。

こういう状態では、ダサいファッションから抜け出すことができません。

ファッションがわからなくて何を買っていいかわからない人は、基本に忠実にアイテムを揃える必要があります。シャツ・ジャケット・パンツこの3点は持っていて無駄になりません。

定番ファッション

夏のアイテムとしては、「白シャツ」「薄手のジャケット」「グレーやベージュのパンツ」などを合わせると、夏でも清潔感のあるコーディネートになります。

また靴も白いスニーカーやローファーを合わせることで、すっきりとした印象になります。

40代男性におすすめの夏ファッションと注意点

おしゃれ上級者の人なら、シンプルな着こなしもかっこよく演出することができます。


このように白いTシャツにダメージジーンズという合わせ方は、一見シンプルで簡単そうですが、上級者向けです。

バランスも大切ですし、着方によっては不潔に見えてしまいます。おしゃれに自信がない人はやめておいた方がいい着こなしです。

綺麗な白いTシャツを合わせる場合は、ダメージのない綺麗目の細身のパンツを合わせるとよいでしょう。

この投稿をInstagramで見る

 

(@tomoyoshi_takada)がシェアした投稿

このように白をうまく取り入れることで、清潔感を出すこともできます。

しかしヨレヨレのTシャツや短パンと、シワだらけのシャツを羽織ると、ただのだらしない印象になるように、生地の素材選びやお手入れも大切です。

またリーズナブルな分、毎日のように着ていると段々生地が傷んできたり、スレてきます。いくら洗濯をしていても、汗や皮脂などの汚れが溜まっていきます。

ヘビロテのTシャツなどはワンシーズンごとに買い替えたり、お出かけ用に適さない洋服は、部屋着などにして、工夫をしていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

つい新しいものに挑戦したり、流行に流されてしまいがちなファッションですが、ファッションが苦手な男性は、無理せずシンプルで綺麗なものを選んでいきましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事