40代バツイチ男性の恋愛心理とは?付き合う時に気をつける注意点も
スポンサーリンク

好きになった人がバツイチだった。なんてことは、40代50代の恋愛では珍しいことではありません。

ただ正直、バツイチの男性ってどうなの?って気になりますよね。

今回は40代のバツイチ男性の恋愛心理と、付き合う時に気をつける注意点についてみていきたいと思います。

40代バツイチ男性の恋愛心理とは?

40代でも50代でも素敵な恋愛をしたいと考えている男女はたくさんいます。ご縁があれば、そこから第二のパートナーになることだってありますよね。

では40代でバツイチの男性は、どのような心理で恋愛をしたいと思っているのでしょうか。

サングラスをかけた男性

もう一度男性として輝きたい

一度結婚に失敗したからといって、もう終わりではありません。特に40代男性にとって、これからまだまだたくさん恋愛だって、結婚だってチャンスがあります。

ドキドキするような胸がときめくような恋愛をもう一度してみたい。単純にもう一度恋愛をして、男性として輝きたいという気持ちがあります。

過去の結婚で女性不信になった男性や、女性から傷つけられた男性など、一度は男性として自信を失ってしまったけど、そんな自分にもう一度男性としての自信をつけたいという思いで、新しい恋愛に望む方もいます。

一人が寂しい

結婚生活が終わり、独り身になった男性は一瞬、解放感に満ちて自由を手に入れた気分になります。

どこで誰と何をしていても、文句を言われることはないし、家にいてもあれこれ言われることはないし、ある意味一人でいることは気楽ですよね。

しかしそれもつかの間、一人でいる寂しさや、一人で何かをする虚しさを感じるようになってきます。

仕事から疲れて帰ってきても、暗い部屋に電気を灯して、コンビニの弁当を食べる日々。せっかくの休みはたまった洗濯や掃除で終わってしまう。

自由な生活を手に入れた反面、毎日同じことの繰り返し、変化の少ない日常に嫌気がさしてきます。

「こんな時にそばに誰かいてくれたら、もっと楽しいのになー。」ふとした瞬間に、話ができたり、隣にいてくれる相手を探し出すのです。

人生を楽しみたい

せっかく独身に戻ったなら、好きなことをして人生を楽しみたい。このように前向きに進んで行く男性もいます。

結婚してい時にはできなかったことをはじめたり、新しい趣味をはじめたり、なんなら恋愛だって自由にできるのだから楽しもう。

このように過去とはうまく切り替えて、自分の人生を歩むために新しいパートナーを求める男性もいます。

40代のバツイチ男性と付き合う時の注意点とは?

40代の男性は、社会的に認められてきて、仕事も忙しくなる傾向があります。しかし独り身のバツイチ男性なら、恋愛するには比較的時間の融通もつくし、付き合いやすいのではないでしょうか。

では、そんな40代のバツイチ男性と付き合う時に、何か注意しなければならないことってあるのでしょうか。

暗い顔をした男性

離婚理由が曖昧な男性

誰かと共に生きていた結婚生活を終わらせるというのは、とても大変なことです。また離婚といっても、その理由は千差万別で複雑だと思います。

どのような理由で離婚することになったのか、一方の主張だけでは本当のところは見えてこないことがほとんどです。

もし自分に非があったとしても、「俺が浮気したんだ」「嫁を殴ってしまった」なんてカミングアウトする男性はいません。

「性格の不一致」「価値観の不一致」などと言われてしまえば、それまでですし。

こちらから根掘り葉掘り聞くのはよくありませんが、どのような理由で離婚したのか、そのあたりはしっかり把握しておく必要があります。

また離婚理由を相手のせいにばかりする男性は注意が必要です。そういった男性は、自分を正当化し過去を反省していません。

今後お付き合いをしていく中で、何かあったときに、同じことを繰り返される可能性があります。

過去を引きずっている男性

 

離婚というのは大変大きなエネルギーがかかります。その後の生活にも影響してきますし、ギャップに耐えられない男性も多くいます。

一人になってホッとしたと感じる男性もいれば、寂しさがこみ上げてきて不安定になってしまう男性もいます。

過去の失敗に対して、どうにもできないことはわかっていても、あの時どうにかすることができたのではないかとクヨクヨ悩むこともありますよね。

特に突然、女性から離婚を切り出された男性の場合、気持ちの整理がつくには長い時間がかかります。

寂しさを埋めたいという気持ちから恋愛に踏み切る男性もいて、その人のことが本当に好きなのかわからないけど、どこかで結婚でうまくいかなかった前妻との関係を埋め合わせしているのかもしれません。

こういう男性は、相手の女性に対して求めるものが大きくなります。そしてその求めるものこそ、前妻がしてくれたことなのです。

解き放たれすぎた男性

結婚生活は不自由なことも多くあります。お互いが好き勝手やっていたら、成り立ちません。そんな生活に地に足がついたような安心感を覚える男性もいれば、窮屈さを見出す男性もいます。

生活や時間、お金など、窮屈に感じる部分は人によって違うでしょうけども、それが長年のストレスになっている場合もあります。

そんな男性が離婚によって自由になったとき、誰にも干渉されず好きな時に好きなことができる環境が快適すぎて、解き放たれすぎてしまう男性もいます。

このような男性の場合、「これからは恋愛だって自由だよね」「女性と遊びに行ってもいいんだよね」と急に積極的になったりします。

自由になった男性が求めるものは、束縛も拘束もされない自由な遊びです。都合のいい時に、自分の好きなように遊べる環境です。

このような男性との恋愛は、常に不安がつきまといます。ただの遊びの関係になる恐れもあります。

浮かれている男性

経済的には不自由なこともある

どこかで「デート代は男性に出して欲しい」と思っていませんか?そんな方は、40代バツイチ男性とのお付き合いは難しいかもしれません。

一緒に食事をしたり、映画をみたり、ドライブに出かけたり。デートってとても楽しいけど、現実的に結構お金がかかりますよね。

実は40代バツイチ男性ってお金に余裕がない人が多いです。それはお子さんがいる人の場合、養育費の支払いがあるから。

でも男性って自分を良く見せたいって思うから、結構無理して出してくれたりするもの。ただ、そんな無理なお付き合いってうまくいきません。

相手の状況を理解して、割り勘にしたり、お金のかからないデートを提案したり、2人でしっかり話し合っていけるといいですね。

スポンサーリンク

まとめ

40代での恋愛だと、相手がバツイチってことはよくあること。一度結婚に失敗しているからこその気づきや反省があったりする人生経験豊富な男性となら、よい恋愛をすることができると思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事