バツイチ男性の恋愛
スポンサーリンク

離婚を経験すると、その時は感情で「結婚生活なんてコリゴリ‥」と思ってしまいますが、時間が経って様々な状況が変わってくると、もう一度誰かと恋愛をしてみたいという思いが出てくるのは、案外普通のことですよね。

40代のバツイチ男性も、ある程度生活が安定してくれば、また新たな恋愛に一歩を踏み出す人もいるのではないでしょうか。

今回は40代のバツイチ男性が、もう一度恋愛をしたいと思った時、どんな女性を理想に考えているのかについて見ていこうと思います。

ガツガツしている女性

控えめで大人しい人だと思っていたのに、結婚生活が長くなり、相手の図々しい面やガツガツしたような面を見るようになった。

子供が生まれ、子育て中心の生活になったら、急におばちゃんっぽくなって、ガツガツしはじめた。

このような図々しさやガツガツした女性の行動に、幻滅をしてしまう男性は少なくはありません。女性らしい部分が少なくなり、おばちゃんのような行動を見た時、男性は案外相手のことを異性として意識できなくなるのかもしれません。

恋愛においては、ときめきやドキドキなどの刺激が必要です。そのため、ガツガツしたような図々しさがなく、謙虚に控えめな女性を理想とします。

口うるさい女性

うるさい女性

ガツガツした女性同様、口うるさく話をしてくる女性も、40代のバツイチ男性は嫌います。

結婚していた頃に、家事や子育てについてガヤガヤ言われてきた男性ほど、このような女性を避ける傾向にあります。

母親のように口うるさく注意をしながら世話を焼いてくる女性も得意としません。

せっかく恋愛をするのなら、自分のことを尊重してくれて、落ち着いたやりとりができる相手を理想とします。

スポンサーリンク

癒される女性

40代のバツイチ男性は、子供を引き取っているいないによって状況が少し違いますが、基本的に仕事をしながら、家事なども全てこなしています。

毎日、時間に追われながらそのようなことをやっている男性は、やはりどこかでストレスがかかっています。

そんな時に恋愛相手から、「お疲れ様」「仕事疲れたんじゃない?」などと気を使ってもらったり、労ってもらったりすると、気持ちが安らぎますよね。

そんな癒しになるようなやりとりができる女性を、40代バツイチ男性は理想としています。

自立している女性

自立した女性

40代のバツイチ男性の恋愛でも、長期的にいい関係が続けば、「再婚」ということもあります。

そういったことをしっかり視野にいれて、相手を選んでいる男性においては、この「自立している」という要素はとても大切なことです。

ここでいう「自立」とは、経済的自立、精神的自立両方をさしています。

だからと言って、男性並みにバリバリ働いて稼いでいることを望んでいるわけではありません。働きもせず親の脛をかじっていたり、仕事が続かずにフラフラしていたりするような女性ではなく、普通に社会で働いて、ある程度生活を成り立たせることができている女性を理想としているわけです。

また精神的自立というのも、普段はしっかりと生活をし、仕事とプライベートと上手に切り替えができる女性をさしています。

依存性が高かったり、精神的に弱かったりする状態では、恋愛も長続きしません。

許容範囲が広い女性

40代のバツイチ男性は、もう結婚で失敗したくないという気持ちがあります。これからの人生をただ楽しく生きたいと考えている人もいます。

そんな男性が恋愛をした時に、些細なことで喧嘩になったり、変なことで疑いをかけられたり、すれ違ってしまったりなどの日常のトラブルは、望んでいません。

またプライベートを拘束されたり、駆け引きをされることも望みません。

ある程度、自分の状況を理解してくれて、些細なことは見逃してくれる、納得いかないことはきちんと話ができる、安定した恋愛ができる許容範囲の広い女性を理想としています。

まとめ

40代のバツイチ男性は、若いころのような刺激的でスリルのある、激しい恋愛は求めていません。

落ち着いて将来を見ていける、安定したパートナーと恋愛をしていくことを理想としているのです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事