詐欺師
スポンサーリンク

中年の独身男性、特に40代〜60代の恋愛詐欺や結婚詐欺による被害が甚大です。詐欺師からみて、そのような男性にはどのような騙しやすい特徴があるのでしょうか。

恋愛・結婚詐欺の手口や騙されないための対策についてご紹介していきたいと思います。

中年独身男性が騙されやすい恋愛・結婚詐欺の手口とは?

恋愛・結婚詐欺とは、恋愛感情があると偽って異性に近づき、相手を巧妙な手口で騙し金品などを要求をするものです。

最近はSNSや出会いサイト・マッチングアプリが普及したため、様々な男女が出会いやすくなり、昔よりも簡単に被害にあってしまう人が急増しています。

好意があると見せかけて近づいてくる

まず恋愛詐欺師・結婚詐欺師は相手に好意があると見せかけて近づいてきます。あなたの気を引くために、言葉巧みに誘い、接点を持とうとします。

恋愛をする気がない、結婚する気がないのに、まるでその意志があるように話をしてきます。

また女性の恋愛詐欺師・結婚詐欺師は、男性を魅了させるための努力を惜しみません。男性が夢中になってくれるためなら、自分の学歴や職歴、趣味や特技なども徹底して相手に合わせるため、狙われた男性はその女性の虜になってしまうのです。

口元を隠した女性

相手を精神的に依存させる

金品や物品を相手から出してもらうには、相手の心をぐっと掴む必要があります。自分は頼られている、自分が助けてあげなければならないと思わせるためには、一定の精神的依存の関係を築かなければなりません。

恋愛詐欺師・結婚詐欺師は、金品や物品を奪うことが目的です。多少、生理的に受け付けなかったり、タイプではないことは、女性側からしたら全く問題ではなく、好意的な態度もあなたとの深い関係も、目的のための手段にすぎません。

問題が起きたがすぐ解決すると一時的な支援を要求する

女性の恋愛詐欺師・結婚詐欺師は、あなたをある程度信頼させて夢中にさせた段階で、金品を要求するための準備に入ります。

まずはあなたに問題を提起してきます。

緊急に支払わなければならないお金がある(この場合、身内が事故にあった、大病を抱えている、担保に入ってしまう、助けてあげたいなどということが一般的)

相手を信用させて金品をださせる

資産家だと偽る恋愛詐欺師・結婚詐欺師の場合、一時的に肩代わりしてもらうだけで、自分にはそれを返すだけの能力はあるということを事前にアピールしています。

このような女性に対し男性は「建て替えるだけなら」「すぐに返してもらえるなら」などと考え、金品を差し出してしまいます。

逆に同情を引いて詐欺を行う女性の場合は、シングルマザーで生活に困窮している、早くに親がなくなり人に頼らず生きている、騙されて借金があるなどと、偽りの設定をして男性の同情をひいています。

このような女性に対し男性は「困っている彼女を助けてあげたい」「どうにか自分が支えて上げたい」などと考え、金品を差し出してしまいます。

相手によっては数回に渡り金品を要求されることも

完全に自分を信じ切っていると思えば、恋愛詐欺師・結婚詐欺師はその手口を使い、何度も金品を要求してきます。

病気が再発してしまった、緊急手術を行うことになったので、またすぐにお金が必要になってしまった。などと相手を説得させ、数回に渡り金品を要求することもあります。

急に連絡がとれなくなる

恋愛詐欺師・結婚詐欺師の目的は、あなたと恋愛することでも結婚することでもありません。よっぽどの資産家ならば、結婚して資産狙いや遺産狙いということも考えられるかもしれませんが、大抵の場合はある程度の金品を奪ったらそれで目的達成です。

電話をしたら急に「現在使われておりません」というアナウンスになった、SNSなどで既読がつかなくなったなどと、ある日突然連絡が取れなくなります。

相手の身元はそう簡単にわからない

はじめから恋愛詐欺師・結婚詐欺師は、偽りの自分を完璧に演じていますので、名前も住所もすべてが偽りの可能性があります。

その時初めてそれが詐欺だったことに気がついても、そう簡単には相手の身元を特定することはできないでしょう。

そうなった場合、最終的には警察に相談にいき被害届を出し、相手のことを捜査してもらうしか手段がありません。

中身のない財布

中年独身男性で騙されやすい人特徴とは?

他の年代に比べて、中年男性は詐欺に合いやすいようです。ではそのような男性にはどのような騙されやすい特徴があるのでしょうか。

自分に自信のないタイプ

意思が弱く自分に自信がないタイプの男性は、言葉巧みな女性の誘いをはじめこそ疑って相手にしません。「どうせ自分なんか、こんな素敵な女性に相手にされるわけはない」「きっと騙されているに違いない」と思っているのです。

しかし自分のことを肯定してくれる女神のような女性に、次第に男性としての自信を取り戻し、すっかり女性に魅了されてしまいます。

最終的にこのタイプの男性は「もしこれが詐欺であってもいい」とまで思ってしまうのです。

人を信用しやすいお人好しタイプ

人を疑うことのないお人好しの男性は、気が弱く優しすぎます。目の前に困っている人がいると、助けてあげられずにはいられないのです。

こういう男性は、シングルマザーで生活に困窮しています、借金があります、などと立場が弱いことをアピールしてる詐欺師に騙されやすくなります。

金品を渡すことで、本当に困っている人を助けることができたと本気で思っているため、詐欺がわかってもなかなか現実を受け入れられないタイプです。

外面のいい見栄っ張りタイプ

オラオラ系で一見、詐欺師のターゲットにはならないようなタイプですが、こういう方は見栄を張ることでメンツを保っている部分がありますので、案外カッコつけようとしてころっと騙されてしまいます。

また意外にも一途な男性が多いので、この女性こそは!と決めるとまっすぐな一面があります。一途ゆえに、騙されていることなど気が付かず、取られるものだけ取られて終わるというパターンも多いようです。

スポンサーリンク

40代独身男性で騙されないための対策とは?

40代の独身男性がターゲットにされるのには、明確な理由があります。それは心理的な部分もそうですが、ある程度資産があると踏んでのことです。

派手な生活をしないで普通に働いていれば、40代の独身の男性ならばある程度のまとまったお金や、投資や株で資産を築いている人もいますよね。

これが生活が落ち着かない20代やまだ遊びたい30代の男性だと、生活費や娯楽費に使われてしまうのでなかなかまとまったお金はできません。

身だしなみは最低限の清潔さを意識する

高級時計、オーダーメイドのスーツ、小物類など、男性がどのような物を身につけているのかをよく見ています。またこういう詐欺をはたらく女性は、その物の価値をよく知っています。

だからといって、だらしなく見せたり、不潔に見せることがいいことではありません。最低限のマナーとして、身だしなみは大切ですので、清潔感のあるスマートな装いと、飾りすぎない小物使いをしましょう。

ステータスにこだわりすぎない

年収や昇格により社会的な地位を築いていく40代の男性は、その証に車や家もアップグレードしたくなりますよね。

おしゃれな外車やかっこいいスポーツカーって、一度は乗りたくなるし、都会のデザイナーズマンションや高層マンションにも憧れますよね。

ただこういうものがただステータスを示したいだけで手に入れるのでしたら、詐欺師からしたらよいカモになるかもしれません。

男性のプライドやステータスを保ちたいという心を逆手に、あなたの心にグッと入ってくるのが詐欺師というものです。

高級車

気軽に女性に悩みを相談しない

40代になり、仕事やプライベートに悩みを抱えるようになると、誰かに相談したくなることは誰にでもあることです。ただそれを同僚や友人に相談するのはいいとしても、あまりよく知らない女性に話してしまうのはよくありません。

寂しい気持ちから女性との出会いを求めてしまった。誰かに話を聞いて欲しくて、女性に頼ってしまった。弱い気持ちから安易に女性に近づいた結果、騙されてしまうなんてことも起きています。

特にプライベートなナイーブな相談は、事前に誰に相談するのが適切かきちんと考えておきましょう。場合によっては、同僚や友人よりも専門家に相談したほうが、スムーズに解決に導かれることもあります。

まとめ

普通の女性だと思っていたのに…。詐欺に引っかかった人は、みなさんそのような印象を持たれるようです。一見普通に見えても、もしかしたらそれが相手の作戦なのかもしれません。

知らない女性ともう少し距離を縮めたいなって思った時には、もう一度冷静にその女性について考えてみるとよいでしょう、

 

スポンサーリンク
おすすめの記事