失恋した男性
スポンサーリンク

結婚を考えていける女性と知り合いたい、お付き合いしたいと意気込んでいたのに、なぜか女性からお断りされてしまった。

婚活で男性がお断りをされてしまう原因の一つに、女性とのコミュニケーションがあげられます。なぜお断りされてしまったのか、何がだめだったのでしょうか。

今回は実際に男性が女性と会って会話するときにやりがちなことと、ラインやアプリのメッセージでやりがちな間違った会話について話していきたいと思います。

婚活で男性がやりがちなコミュニケーション「会話編」

結婚相談所でのお見合いや、婚活パーティーなどでの会話において、女性が男性をお断りにしてしまうのに、とても大きな要因として「会話」があります。

男性が喋りすぎている

女性と楽しく会話するために、会話を盛り上げなくちゃ、何か喋らなきゃ、話題をふらなくちゃ、こんなことを考えて話していると、つい喋りすぎてしまうようです。

会話とは、相手と自分の会話のキャッチボール。自分がボールを投げてばかりでは成立しません。相手としっかり会話のやりとりをすることが大切です。

おしゃべりな男性

男性が質問ばかりする

自分に興味を持ち、質問をしてきてくれる男性は好印象です。しかし、質問ばかりしすぎるのもよくありません。

特に質問したことに対して、女性が返答する。その返答した内容から話を広げることなく、次から次へと質問をしていくようなやりとりは、女性にとっても負担になります。

あくまでも質問は、会話をしていくためのきっかけとして、適宜入れていくのがスマートな会話です。

自分を主体に持ってくる

女性の好きなことや興味があることに共感し、話を広げていくことで、女性はその共感されたという部分を感じて、会話が楽しかったと思うものです。

女性の好きなことや興味があることにはあまり触れず、自分の好きなこと興味があることを話したり、女性の話を自分のことにすり替えて話してしまうようなことがあると、女性はその会話を楽しめなくなります。

相手の話を否定や指摘、反論する

婚活でもっとも印象がわるくなる会話ですね。しかしどうしても言わないと気が済まない男性がいるのも事実です。

女性の考えに対して「それは間違っているよ」などと否定したり、「それは〜ってことだよ」と指摘したり、「そうじゃないよね」などと反論したり。

楽しい雰囲気が一気に壊れてしまいます。まずは女性の意見を一旦受け入れる。そしてここで正論をいうべきか、相手に合わせるべきか、相手とどのような関係を築いていきたいのかをよく考えてから判断するとよいでしょう。

沈黙が多すぎる

喋りすぎもダメ、喋りなすぎもダメ。会話って難しいですよね。

男性が必ず話題をふらなくてはいけないわけではありませんが、控えめな女性の場合は、男性から話しかけられることを待っている人も多くいます。

話すことがなくなりそうだなってピンチの時のために、事前にいくつか質問や話題を用意しておくとよいです。

その会話がきっかけとなって、女性も打ち解けて話しやすくなることもありますので、その後のコミュニケーションが円滑に進むこともあります。

沈黙

デリカシーのない話題

お金に関すること、体に関することなど、婚活においてあまり触れない方がよいこともあります。

仕事の話から「お給料いくらもらってるの?」と具体的なことを聞いたり、体の一部を褒めたりけなしたりするような言動も、相手にはデリカシーのない話題となります。

相手が聞かれて困るような話題は避けることが無難ですし、日頃から女性がどういう話題をすることでデリカシーがないと思うのか、考えることも大切です。

婚活で男性がやりがちなコミュニケーション「ライン編」

アプリを使った出会いも多いので、婚活に活用している人もたくさんいるのではないでしょうか。いざ気になる相手とやり取りをはじめたのに、なぜかすぐに続かなくなってしまった…

何がいけなかったのでしょうか。ラインやアプリのメッセージで男性がやりがちな間違ったコミュニケーションをご紹介します。

短文をたくさん送る

おはようございます。
今日は天気がいいですね。
○○さんはお仕事ですか?
私は休みなので、床屋に行ってきます。
ラインにしても、アプリのメッセージにしても、短文でたくさんメッセージを送ると、相手はどう思うでしょうか?
おはようございます。
今日は天気がいいですね。
○○さんはお仕事ですか?
私は休みなので、床屋に行ってきます。
これで十分ですよね。
相手とリアルタイムでやりとりをしているときは、こういう感じでも問題ありませんが、相手が後で読む場合は、ある程度まとまった文章で送るようにしましょう。
スマホを見る女性

相手からの返事が来る前に送る

おはようございます。
今日も仕事がんばりましょう!
お疲れ様です。
今日は暑いので、昼は冷やし中華を食べました。
午後もがんばりましょう!
お仕事、お疲れまでした!
今日は少し早く終わったので、これから帰ります。
○○さんはまだお仕事ですか?
日中、仕事をしていると、なかなか返信できないこともありますよね。相手から返信が返ってくる前に、このようにメッセージを送ってしまうと、相手はどう思うでしょうか?
「メッセージ、送れなくてすいません」などと恐縮してしまったりして、気を使わせてしまうのではないでしょうか。
自分のことも伝えたい、相手のことも知りたいと気が焦ってしまう気持ちもわかりますが、まずは相手のペースに合わせてやりとりをしていきましょう。

長文を送る

メッセージを開いた時に、ものすごく長文のメッセージが来ていたら…

読むのも大変だし、返信を考えるのも大変です。ましてや話題が複数にわたる長文の場合、一つ一つの話題に対して、返信を考えてまとめるという作業が必要になり、相手にとっても負担になってしまいます。

まずは一つのメッセージに話題は一つ、もしくは二つくらいにして、相手が返しやすいような文章を送ることも大切です。スマホを見る女性

早朝・夜中に送る

ラインやアプリのメッセージは、気軽に遅れるのがメリットでもありますが、届いた際に相手に通知音がなることなども考慮すると、常識の時間の中でやりとりをするのがスマートでしょう。

しかし人によっては、昼から働く人や、夜勤などをしているなど、ライフスタイルはバラバラですので、そのような場合は、事前に自分がメッセージを送りやすい時間帯などを伝えて、相手から了承をもらうようにしましょう。

既読スルー・未読スルー

ラインやアプリのメッセージは、読んだことがわかる既読の機能がついていることが多いですよね。

しかしメッセージが来てすぐに返信できないこともあり、既読にしてしまったけど、そのままにしてしまった。あるいは読めないままずっとすぎてしまったなんてこともあります。

そういう時は、相手も気がかりに感じていることもありますので、メッセージを送る際に一言添えるといいでしょう。

「メッセージ読んだのに、すぐ返信できなくてごめんね」「忙しかったから、メッセージ読むの今になっちゃった」

このような一言を添えるだけで、あなたの印象はとてもよくなります。

スポンサーリンク

まとめ

男性と女性のコミュニケーションは、実際の会話であっても、ラインやメッセージなどの会わないやりとりであっても、さまざまな難しさがありますね。

しかしどちらにも共通して大切なことは、相手がどう感じるか、相手がどうされたら嬉しいか、安心できるかなど、相手の気持ちを考えたコミュニケーションですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事