死ぬまでにやりたいことリストじゃないけど、恋愛のリスト作るのはどう?
スポンサーリンク

あなたはなぜ恋愛をしたいのですか?幸せになりたいから?寂しいから?結婚したいから?

どんな恋愛をしたいかを考えれば、自ずとどんな相手を求めているのかの理想がわかります。

その人と何をしたいのか、どういう話をしたいのか、どういう風に笑いたいのか

好きな人と一緒に映画に行きたい、趣味の話で盛り上がりたい、美味しいものを食べに行きたい、ただただのんびり過ごしたい。

10人いれば10通りのデートプランが出来上がるように、人によって恋愛をどのように楽しんでいきたいかって違いますよね。

相手に合わせてデートスポットを決めたり、1日の過ごし方を決めたり、相手の気持ちを聞いて相手が望むように動いていって、そういう風に相手の気持ち優先に考えていくことも素晴らしいと思います。

でも恋愛って自分が主人公でいいと思うんです。相手の気持ちを尊重しながらも、結局自分がどうしたいのかきちんと考えて伝えていく。相手だってきっとあなたがどうしていきたいかを素直に伝えてほしいと思っているはずです。

一人では入れなそうなオシャレなレストランに一緒に行ってみたい、デートスポットで手を繋いでデートがしたい、ただ一緒に過ごしてたくさん話してたくさん笑いたい。

こういう気持ちを伝えることって、わがままだって思っている人がいますが、これってわがままではありません。だって、相手が嫌だっていえば違うことを提案するでしょ?

わがままは相手の気持ちも考えずに、自分のやりたいことばかり主張して押し通すことです。

デートプランで困っていたり、会話が盛り上がらないと悩んでいる人へオススメの方法

「死ぬまでにやりたい100の事リスト」なんか作る人いますよね(実は私も作って、実行しています(笑))それと同じように、「付き合ったらやりたい100のことリスト」作ればいいんです。

お互いにリストを作って、それぞれ見せあって、一つずつ叶えていけばいいんです。なんだかワクワクしませんか??

映画を一緒に観に行きたいとか、海にドライブに行きたいとかってすぐに実行できそうですよね。

逆に旅行に行きたいとか、海外いきたいって少しハードル高いけど、機会があればできそうですよね。

喧嘩をしてみたいとか、卒業文集見せ合うとか入れてみても面白そうですね。

リストの項目を叶えていくことも大切ですが、そのリストの項目を叶えるために、2人でたくさん話すことにもとても意味があると思います。

毎週毎週リストを1つずつ叶えていくと大変だけど、1つ叶えるために1ヶ月使ってみたり、楽しみながら同じ目的を果たすために試行錯誤するって、お互いの距離もとっても近づきます。

デートのたびに話のネタに困ってしまったり、いまいち会話が盛り上がらないって人、あとははじめからお互いに共通する趣味や好きなことが少ない人にもおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事