薄毛で恋愛に自信が持てない!それなら坊主はどうだろう??
スポンサーリンク

加齢と共に薄毛に悩む人は多くいます。それは男性でも女性でも同じです。今は育毛剤もその有効性が高くなってきているし、治療法もあるので、薄毛の改善は身近なものになってきましたが、それでも個人差があるので、効果が出ない人もいますよね。

薄毛と恋愛、何が関係あるの??って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、人間はコンプレックスを抱えていると、どうしても思考がマイナスになり、その囚われた感情の中で恋愛をすると、マイナスの感情が恋愛にも結びつきやすくなります。

ですので、恋愛に自信が持てず消極的になってしまったり、最悪の場合、傷つくのを恐れてそこから逃げ出したくなったりするのです。

薄毛に悩んでいた友人がとった思わぬ行動

これは私の友人の話ですが、彼は20代後半からすでに前頭部がハゲていました。薄毛という段階を通り越して、完全にハゲていました。

いつも彼はそれを笑いながら「やばいよね〜どうしよ〜」と話す。自分よりも毛量のある人に「ハゲ〜」といってからかう。すぐ人に薄毛の話題をふって、楽しそうにしている。

とは言え、コンプレックスを深刻に抱えている人でも、人前では明るくネタのように話をする人もいるので、彼の真意は長年わからないままでした。

それが30代後半になって、その彼がフェイスブックに「念願の・・・」といってアップしてきた写真には綺麗に剃り上げられた坊主頭!そしてやはり楽しそう(笑)

実は彼は薄毛をコンプレックスにはあまり感じていなったようで、若いときからいつ坊主にしてやろうかをずっと企んできたという。

ちなみにその彼、その後結婚してパパになりました。以前の坊主よりも更にピッカピカのスキンヘッドになってきた頭ですが、2つ悩みがあるそうです。

1つはスキンヘッド=怖いイメージを持たれてしまう、2つ目は冬頭が寒い。

ちなみに坊主とは髪の毛がある状態で、スキンヘッドとは髪の毛ない状態のことを言うそうです。

潔さが逆にカッコイイ!思い切って坊主やスキンヘッドにした人に対する女性の本音

どうしてもコンプレックスがあるとそれが気になってしまったり、隠そうとしたりしますよね。薄毛に悩む方でも、分け目を変えたり、帽子をかぶったりしてカバーされていると思います。

しかし実は巷の多くの人は薄毛を気にして自信を持てずに消極的な人よりも、潔く開き直って気にしなかったり、坊主やスキンヘッドにしている人のほうが好感が持てると思っている人のほうが多いようです。

その理由として考えられるのは、どうやら「薄毛」という悩みの部分ではなくて、その悩みに対して本人がどのように捉えているかというところだと思います。

私の周りの女性にアンケートを取った結果、こんな意見がありました。

ハゲを気にしてる人って、話しているときでも別に頭なんかみてないのに、頭見られてるんじゃないかって、勝手に思ってると思う。っていうか、自分に自信がないなってわかった時点で、あんまり話もしたくなくなっちゃうけど

薄毛でもハゲでもどっちでもいいんだけど、要はその人に似合う髪型かどうかってところかな。確かに坊主やスキンヘッドが似合わないひともいるから、剃るのは勇気がいるかもしれないけど。

薄毛の人は・・・タイプじゃないかな〜・・・・でも海老蔵みたいにさ、なんか才能があれば・・・

その他坊主やスキンヘッドにすることで、清潔感がでるので好感が持てる、坊主にしたてのジョリジョリ感がすきなどの意見もありました。

スポンサーリンク

薄毛はコンプレックスではない!上手に見せて40代の魅力をアピールしよう

いつまでも若くありたいという気持ちを持つことは大切です。そのために健康に気を使ったり、運動したり、お手入れしたりすることは、自分を高め自信につながります。

しかしメリハリある身体を維持するためにスポーツジムに通って体を鍛えたり、毎日の肌のお手入れに時間を掛けたり、体が錆びない食生活を心がけていても、誰しも「加齢」という道は通るもの。

40代の恋愛は若さを売りにしてくことはできません。若さを保とうと努力することは続けながらも、自然に起こる加齢に対しては、あるがままに受け入れるということが大切です。

薄毛を気にするあまり、恋愛に消極的になってしまうのはもったいない。もし出会った人が薄毛が好みではなくてうまくいかなかったとしても、必ずありのままのあなたを受け入れてくれるパートナーはどこかにいます。

だからもっと積極的に自信をもって、恋愛をたのしみましょう。そして40代の魅力を伝えていきましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事