一人でコーヒーを飲む女性
コーヒーのむ女性
スポンサーリンク

仕事もプライベートも充実している。一人で外食にも行けるし、遊びに行ったり買い物に行ったり、旅行だって一人で行ける。むしろ誰にも気を使わず自由にできるから、そのほうが楽だと思っている人って結構いますよね。

でもやっぱり寂しくなるときもあるし、誰かにいてほしいときもあるし、恋愛もしたい。そんな想いを抱きながらも、いざ恋愛となると面倒だな。 そんなお一人様好きなあなたでも、無理なく素敵な恋愛ができる方法について書いていきたいと思います。

束縛しない人、一人の時間を優先してくれる相手を探す

お一人様好きなあなたは、束縛されることが好きではありません。好きなときに好きなことをやりたいし、好きなところの気ままに行きたいし、気の向くまま自由に生きていたいのです。

だから付き合った相手が束縛してくる相手だとと、それがとても窮屈に感じてしまいます。

仕事できる派、家で過ごすことが好きなお一人様

毎日仕事ではきちんとしたスタイルで気を張って業務をこなしているあなた。休みの日は誰にも邪魔されず読みたかった本を気が済むまで読み込みたい。持ち帰りの仕事をこなしたり、キャリアアップのための勉強をしたい。

こんな風に目標を持って休日を有意義に過ごすことはとても立派ですが・・・これでは恋愛からは遠ざかってしまいますよね。

こういう人にオススメなのは、週に1回夕方からの短時間デートです。夕食を取るついでに相手に会うくらいの感覚でデートしてみてはどうでしょうか。

二人で夕食

二人で夕食

夕食がてらの1〜2時間のデートで切り上げてもいいし、話が盛り上がれば、もう少し一緒に過ごせば良いと思います。あくまでも自分が無理しない範囲で時間を有効に使ってください。

ただし相手の方に対して、きちんとした配慮は必要です。普段からまめに連絡を取っているならまだしも、そうでないら週に1回短時間しか会ってくれない恋人は相手にとってはとっても不安に思うものです。それを踏まえた上で、会ったときには仕事や他のことを忘れて、相手のことだけ考えましょう。

そして相手がなぜ週に1回しか会ってくれないのかと聞いてきたときは、正直に話をしたほうがいいでしょう。それをわかった上で、それでもお付き合いを続けてくれる相手とは、必ずうまくいきます。そしてそういう部分を受け入れてくれる相手には、特別な感情が芽生えるものです。

またそういう相手は私生活に必要以上に踏み込んでこないし、個人を尊重してくれるので、とても居心地の良い相手になります。そんな人だったら、きっとあなたのプライベートな空間にいても、自然に溶け込んでいくでしょう。

アウトドア派、海に山に一人でどこでも行けるお一人様

サーフィンや山登り、サイクリングなど趣味を通り越して本格的にやっている人や、イベントや旅行などとにかく興味のあるもの、楽しそうなものに敏感ですぐ行動に移せる人、そういう人って一人でいることに慣れている人多いですよね。

こういう人にとって一番恋愛の相手として理想なのは、同じ趣味を持つ人です。話題も関心も同じならば、話しも盛り上がるし、共通のものがあるって本当に最強の組み合わせですよね。

趣味が同じことは付き合う上でも、将来結婚する上でもとってもいいことばかり。だって、それからの何十年、同じ趣味を一緒に楽しみながら生きていけるのだから。

しかし現実的にはそんな相手とばかり出会うわけではないですよね。もしあなたが出会った相手が、あなたの趣味に関して全くの無知、ビギナーだった場合は、どうしたらいいのでしょうか?

それは自分の趣味をしってもらうということです。

自分のことを知ってもらわずには恋愛は進展しません。まずは自分のことを知ってもらう、そして相手のことも知っていくのです。

相手が少しでも興味を持ってくれたら、相手ができそうなことを考えて、一緒にやってみてはどうでしょうか。サーフィンをしている人なら、まずはいつも行っている海に一緒に行ってみるっていうだけでもいいと思います。

大切なことは、自分の趣味ばかり話すことなく、相手の趣味も同じように捉えて、知る努力をすることです。もし相手が読書が趣味だといったら、今読んでいる本を教えてもらって、自分も読んでみたり。

そうやっていくと、2人で共有出来るものと、出来ないものがはっきりしてきますので、そこは無理なく一緒に楽しめるものだけ、2人でやっていけばよいのです。

サーフィンをする男性

サーフィンをする男性

とにかく休みは家でダラダラしていたい、起きたままの姿で一日過ごしたいお一人様

忙しく働いていると、休みの日にはダラダラしていたいって思いますよね。目覚ましをつけずに寝ていたい、昼間もルームウェアのままで過ごしたい、食べるもののなんでもいいや〜、とにかく家から出たくないと思っている人も多いのではないでしょうか。

気が向くままDVD観たり、テレビ観たり、溜まっていた録画観たり、雑誌みたり、漫画よんだり、実は結構家でやりたいことがあったりしますよね。

疲れが溜まっている時に無理に外に出て人混みにまみれて余計に疲れてしまうということもあったり、そもそも疲れている時に誰かと会うこと自体が疲れの原因になってしまうこともあるのです。

こんな人にオススメなのは、会わないけどマメに連絡をする恋愛です。

恋愛において重要なポイントは「マメさ」です。相手に程よくアプローチ出来て、好意を持たれる頻度でマメに連絡をすることは、短時間会うことよりも効果的に働く場合もあります。

しかし相手に「家でゴロゴロしたいし、外に出るのが面倒だから会わない」などと言ったらどう思われるでしょうか??それが正直なところだとしても、相手に取っては正当な理由にはなりえません。

それならば全く違う理由で会えないことを伝えたほうがスマートですよね。ここで大切なのは、「本当は会いたかったけど、用事があって会えない。」という本当は会いたかったっていう想いをきちんと伝えることです。そして出来れば会えなかった日の夜にもう一度お詫びの連絡をいれるのです。

この方法を使うと不思議とあなたは相手と会わなくてはならないという心理になってきます。相手に対して少し後ろめたい気持ちがあるので、その埋め合わせをしたくなるのです。そしてそんな気持ちが芽生える相手とは、大切にお付き合いをしていきたい相手です。そんなときは早めに相手に会う約束を取り付けましょう。

相手もお一人様好きの人を探す

一人でいることに慣れている人は、一人でいたい人の気持ちをとてもよく理解できます。もともと一人が好きだった人もいるだろうし、何かのきっかけで恋愛に対して消極的になってしまい一人でいることを選んでいる人、恋愛をすることを諦めて仕方なく一人でいる人もいると思います。

そんな状況は違えど、一人でいることに心地よさを覚えているあなたは、相手が同じような感覚を持っていることに、とても共感できるでしょう。

みんなで楽しくワイワイやろうよ〜と誘ってくる人よりも、SNSに友達や仲間との楽しそうな写真をアップしてくる人よりも、一人で静かに一人の時間を楽しんでいる人のほうが親近感が湧くのです。

恋愛はより似た相手のほうがうまくいく傾向があります。確かに活発的で社交性のある相手とつきあったことで、違う世界が見えて、外に出ることが楽しくなる場合もあるかもしれませんが、どこか無理が生じるのではないでしょうか。

お互いに長年一人でいた事を打ち明け、その理由についてもお互いにカミングアウト出来るような関係が築くことができれば素敵ですよね。そうすれば次第に2人でいることが自然になってくるでしょう。

向かい合って話をする二人

向かい合って話をする二人

スポンサーリンク

おわりに:少しの努力は必要だけど、無理するような恋愛は長続きしない

一人で多くの時間を過ごしてきた人にとって、一人の時間をキープすることはとても大切です。これを無理に削ってしまってもストレスになるし、ストレスを感じながら恋愛するのはよくありません。

でも恋愛は一人でするものではないので、相手の気持ちもきちんと考えてあげて、たまには自分から積極的にデートに誘うなどして、2人の時間を作っていけるといいですね。

40代の恋愛は、こういう「個」を大切にするという観点にも優れていると思います。お互いがやりたいこと、大切にしたい時間、そして育てていきたい2人の時間をゆっくりと作っていくこと、それが若いときにはできなかった大人の恋愛だと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事