仕事・お金・老後など先の事が不安で恋愛を考える事が出来ない人
スポンサーリンク

40代は人生の折り返し地点。今の自分が直面している悩みもありながら、これから現実的になってくる親の介護や自分の老後なども考えていかなければなりません。そんなリアルな悩みについて今回は考えていきたいと思います。

就職・転職・介護など現実的な問題にどう向き合っていくのか

今40代前後の人たちは、男性も女性も「就職氷河期」に就職をしていますよね。どんなに一生懸命学業に励んで、一流企業や憧れの企業に就職できるだけの実力があったとしても、バブル崩壊後の企業は採用を抑制し続けました。

希望した企業に志願しても採用されないばかりか、他の企業も同じように人件費を削減しようと採用枠を減らしたため、一部の人はどこにも就職先が決まらず仕方なくアルバイトをやニートになった人もいました。

新卒で就職した企業により、生涯年収にも大きな開きが出る、転職しようにも新卒の就職先が評価されず、うまくキャリアアップ出来なかったり、転職したばかりに勤続年数が少なくなってしまうことでやはり年収にも大きく影響します。

また望まぬ形でアルバイトやニートになった人の中には、その後正社員として採用される事が難しく、非正規として働いていたり、そのままニートを続けている人もいるでしょう。

非正規で働いていることで、結婚・家庭・子供を諦めたという人

どんなに思い合っていても、それだけではどうにもならないのが「結婚」です。

年収や安定を考え、年金や保険のことも考慮し、正規職員を求められることは、ある程度しかたないことなのかもしれません。

これが将来子供が欲しいともなってくれば尚更だと思います。

しかしまだ40代、今もこれからも人生はもっと輝く時代です。結婚や恋愛をもっと前向きに捉えて、ワクワクするような体験をしていけるのです。

主夫になることを宣言し、見事年下のキャリアウーマンと結婚した友人

もともとは東京の有名な和食店で板前をしていた彼は、年々腰痛がひどくなり、朝から晩まで立ち仕事の仕事を続けていくことが難しくなってきました。

なんとか治療をしながら続けていましたが、やはり負担は大きく、30代なかばでその道を諦めることにしたのです。

しかし料理人一本で生きてきた彼には、出来る仕事ももらえる仕事も限界があり、社員での転職は叶いませんでした。

仕方なく短時間のアルバイトで、近くの調理施設で働くことにしましたが、月収も下がり、将来的に不安なころばかり増えていきました。

そんな彼は料理人時代にお付き合いをはじめた15歳年下の彼女がいました。彼女は大手企業の広報の仕事をしており、順調にキャリアを積んでいました。

お互いに結婚も意識していた時期でもありましたので、彼は自分の現状を考え、もう結婚は出来ないだろうと諦めたと言います。

しかしそんな時、彼女が「子供ができた」と言ってきたのです。頭が真っ白になりました。そしてどうしたら養っていけるのか、恐怖に似た感情がこみ上げてきました。

彼女は「子供も産みたいけれど、キャリアも捨てたくない」といいます。そこで彼は彼女に対して、ダメ元で自分が「主夫」になると伝えるのです。

現在は結婚して子供も産まれました。日常の家事や保育園の送迎等、全て彼がこなし、彼女は以前のようにバリバリと仕事をしています。

スーツ姿男性

スーツ姿男性

結婚しなくてもいいやと割り切って、恋愛を楽しむ自由人

結婚ばかりが人生ではないと、30代後半に結婚をすっぱり諦めた男性がいます。「結婚」ということに縛られていると、それだけで人生がつまらなくなっているのではないかと思ったそうです。

彼はずっとSEとして仕事をしてきましたが、残業残業で劣悪な環境に耐えきれなくなり、退職をしました。しかし30代後半でなかなかよい転職先が見つからず、現在はフリーランスとしてSEの仕事をしています。

といっても収入は安定しないし、食べていくのが精一杯だといいます。しかし、毎日通勤電車にのって仕事に行く必要もないので、彼には「時間」がたくさんあるのです。

彼はシェアハウスに住んでいますが、その物件はコミュニティーの繋がりがフランクな感じです。起きがけのコーヒーを他の住居者とはなしをしながら過ごし、食事も集まって食べることも多いそうです。

彼はまず午前中にすべての仕事を終わらせます。そこからは自分の時間と割り切り、ギターを弾いたり、絵をかいたりしています。夜はまた他の住所者と談笑し、一日を終えるのです。

年に一回は投げなしの貯金を使って海外にふらりと旅に出かけたり、週末は音楽などのイベントに行くことも多いそうです。

そんな彼は、恋愛も楽しんでいます。以前は結婚願望の強い相手と交際していましたが、結婚に対する温度差や価値観の違いでかなり苦しい恋愛だったといいます。

現在は結婚を意識せず、2人でいろんなことを楽しむということを前提に相手とお付き合いをしているそうです。

ただ一緒にいることが心地よく、ただ趣味を分け合えることが嬉しくて、ただ一緒に過ごしたいと思う純粋な恋愛を楽しんでいます。

両親の介護が負担で、なかなか恋愛まで考えられない人

40代ともなれば親は60代〜80代でしょうか。現実的に介護の問題に直面している人もいるのではないでしょうか。

介護と言っても、国の制度もあるし、施設だってあるし、そんなに負担になることはないんじゃないの〜と簡単に考えている方、介護は簡単ではないし、身体的にも精神的にも負担はとても大きいです。

それが一時的ではなく、長期で続くと心労も重なってくるのではないでしょうか。

先の見えない不安もありますよね。一人で抱えなくてはならないこともあると思います。

介護の問題に直面すると、恋愛や結婚は二の次になりがちです。確かに優先的ではないし、大変な時期にそのようなことを考えていられないということもあるでしょう。

しかし、そんなときだからこそ、恋愛を大切にしてほしいと思います。相手がいてもいなくても、誰かを好きになるという感情は大切にしていってほしいと思います。

そしてそういう気持ちが自分を強くし、介護の問題にも向き合っていける力になります。

また介護をしていている時に、外部の人達と積極的に話をすることは、とてもよい気分展開になるでしょう。特に親が認知症を患っている場合、会話の成立が難しい場合がありますよね。そういった部分で大変大きなストレスを抱えてしまうこともあるのです。

ですからそういった小さなことでも話しが出来る相手を持つことは、気分転換や心を清浄に保つ上でも効果的です。

車椅子男性

車椅子男性

結婚を意識するのをやめる、囚われなくなると驚くほど恋愛は自由になってくる

恋愛を結婚と結びつけて考える人も多いと思います。確かに20代30代の恋愛においては、将来結婚して家庭を築ける相手を理想とすることは自然なことなのでしょう。

しかし恋愛=結婚と意識してしまうと、急に結婚に囚われてしまします。現実的に結婚に向けて努力をしていくことは大切ですが、囚われるとよくありません。

本来「恋愛」とはもっと自由なものであり、ワクワクするような楽しいことのはずなのです。それを存分に楽しむことなく、不安や心配に囚われてしまうのはよくありません。

それに40代の恋愛は、更に自由に楽しくしていくことが出来る年代なのです。これまでの経験を元に、そしてこれからもっとたくさんの経験をしていける、そんな機会をもっと楽しむべきなのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事