スポンサーリンク

未婚の女性にとって、40歳手前はとても大切な区切りであると思います。恋愛も結婚も子供も、考えなきゃいけないことはたくさんありますよね。

今回はアラフォーの未婚女性が考えなければならないこれからの人生設計について考えて行きたいと思います。

アラフォーなのに恋愛経験がない

人の巡り合わせは不思議なものです。早く出会えることもあるし、そうでない場合もあります。

焦って見つけているときにはなかなか良い相手と出会えないのに、諦めようと思った瞬間に素敵な人に出会うことだってあるのです。

だからゆっくりと待ちましょう。でもただ待っているだけではいけません。いつ出会っても良いように、自分を大切にし、仕事やプライベートを充実させ、綺麗でいる努力は必要です。

恋愛経験がないことを彼に話した方がいい?

初めて付き合う相手が過去に恋愛の経験をしていると、自分は経験がないからどうしようと不安になってしまいますよね。

そんな不安な気持ちははじめにきちんと伝えてしまいましょう。その事実を馬鹿にしたり、からかったりする相手なら、本当に付き合うべきか考えた方がいいでしょう。きちんと

受け止めてくれる相手は、必ずあなたの良き理解者になっていくでしょう。

恋愛経験がないから、どうしたらいいかわからない

恋愛経験がある人でも、恋愛下手な人はたくさんいます。過去に同じような失敗をしているのに、学ばない人だっています。恋愛は不思議なことに、経験だけでは上達しません。だって相手が違えば、恋愛の仕方だって変わるのです。

そう考えると、これがあなたにとってはじめての恋愛だったとしても、不安になることはありません。大切なことは、相手を知り、自分を知ってもらい、2人が様々なことを共有することです。

恋愛に教科書はありません。目の前の相手と考えていくものです。だからわからないことは素直に彼に聞いてみることです。そして2人で解決法を見つけていきましょう。

草原の2人

草原の2人

今の彼と結婚して子供が欲しい

女性にとってアラフォーは「出産」を考えなければならない大切なときです。この点男性は案外鈍感なのかもしれません。だからこそしっかり話しをしていきたいですよね。

彼に結婚する意志がない場合

あなたが結婚を望んでいて、更に子供を欲しいという気持ちを伝えても、彼に結婚する意思がない場合、お付き合いを継続していくかしっかり考えた方がよいでしょう。

それでも彼と一緒にいたい、結婚や子供がいなくても彼との時間を大切にしていきたいというのであれば、結婚や子供を諦めるという選択をしなければなりません。

気持ちを切り替え、彼との恋愛を楽しみ、後悔しないのであれば、恋愛という枠の中で絆を深め様々なことを共有し、豊かな人生を歩んでいけるでしょう。

彼が結婚はしたいが子供に対しては消極的な場合

彼がどういった理由で子供に対して消極的になっているのか、きちんと確認しましょう。

高齢出産の域に入ってくることを心配して言っているのか、子供が好きではないので不安があるのか、その理由によっても考えることは変わってきます。

今は高齢出産でも安全に出産が出来るようになってきましたが、全くリスクがないわけではありません。現実的に万が一の話や、これからの将来設計特に教育資金等の話しを納得できるまですることが出来るのであれば、前向きに考えていってもよいでしょう。

また彼が子供が好きではない、苦手だと考えているために子供が欲しくないと思っているときには、注意が必要です。彼の幼少期の体験や記憶が何かしらのトラウマになっている可能性もあります。

また子供嫌いな人の中には、実際に育児という場面に遭遇した時、育児に参加しない可能性があります。参加しないくらいならまだしも、子供がいることがストレスになってしまうような相手だと虐待に繋がったりすることもあります。

子育ては2人でしていくものです。きちんと協力して子育てをしていけない相手であれば、大変になったり傷ついたりするのはあなたですので、しっかりと見極めたいですね。

小さな手

小さな手

スポンサーリンク

結婚も子育てもしたいけれど肝心の相手に出会えない

恋愛もしたい、そして大好きな人と結婚もしたい、出来れば子育てだってって思っている人もいると思います。だけどなかなか相手の出会えないと、もしかしてすべて叶わないではないかと不安になってしまいますよね。

本当に大好きな相手との出会いを待つか、妥協するのか

お見合いサービスでも出会い系でも相手を探すことは可能です。しかし焦って相手を探している時は、本当にその人が自分の求めている相手なのか冷静に判断出来ないことがあります。

確かに女性には出産適齢期があるので、それを逃してしまうと子供を持つことは難しくなってしまうかもしれません。

しかし子供が欲しいばかりに、結婚相手に妥協してしまうことが、果たして幸せな結果を招くかといったらわかりませんよね。

恋愛も、結婚も、子供もとすべて叶えようとせず、何が一番妥協できないのか考えましょう。

子供を諦めて自分の為に恋愛した友人

38歳で大きな決断をした友人「結婚と子供は諦める、自分の為に人生を楽しく生きよ〜」とみんなに宣言しました。

それからは自分磨きを頑張り、新しい習い事もはじめて、ストレスばっかりだった仕事も転職して、表情も明らかに明るくなって、一人の時間を楽しんでいました。

そしたら転職先の会社の8歳年下の男性から食事やデートに誘われるようになって、段々と仲良くなり付き合うように。しかし年下の彼氏ということもあって、やはり結婚は考えないようにしていたようです。

しかし40歳の時に衝撃の報告を受けたのです。「結婚します!!」

更に1年後驚きの報告を。「妊娠しました!!」

今ではとっても子煩悩なパートナーと幸せな家庭を築いています。

経済的にも精神的にも自立をしている人

アラフォーで社会でも認められキャリアがあり経済的に自立している、貯金もありマンション等を所有していることも多いですよね。

そのような方は結婚や子育てをした場合の自分のビジョンをしっかり設計していてから計画をしないと、後悔するかもしれません。

特に子育ては保活、子供の急は病気、小1の壁など長年に渡り様々な問題がでてきます。これまでどおりの働き方が難しくなってしまったり、キャリアを諦めなければならないことも起きてきます。

キャリアを捨てない為に友人が婚活で男性に出した条件とは

私の友人は仕事のスタイルやキャリアをどうしても捨てたくなかったので、婚活で相手に求めたことはただひとつ「主夫になれるか」ということでした。

見事に条件にあう男性と結婚して、とても短い産休を経て、現在は結婚前とまったく変わらず仕事に打ち込んでいます。

休日は二人で家事子育てをしていますが、仕事の日はほぼ夜中まで仕事。確実にキャリアを積み上げています。

主夫になった男性は、結婚前は全く家事が出来ませんでしたが、いくつもの失敗をして、今では友人以上に家事も育児もこなしています。

そして少し時間に余裕が出てきたので、子供を幼稚園に通わせながら、空いた時間は自分のお小遣い稼ぎにバイトに出ているようです。

ランドリー

ランドリー

おわりに:何を一番大切にしたいか、優先順位をつけよう

これもあれもそれも・・・全部叶えたいと行動することはとても素敵なことですが、その中でも自分の中で一番大切にしたいことを考えることで、何をしたらよいかの優先順位がみつかるのではないでしょうか。

現実的に結婚や子供を諦めることも一つだと思います。そして仕事に生きていくのも素晴らしいし、趣味や友人を大切に私生活を充実させることも素敵だと思います。

しかし結婚や子供を諦めたとしても、恋愛はどんどんしていきましょう。それは必ずあなたを光照らしてくれる素敵な体験になるでしょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事