スポンサーリンク

好きな人との初デート。いくつになってもワクワクするものですね。

天気がよくなるといいな〜、何を着ていこうかな〜、考えているだけで緊張してきちゃったな〜と期待も膨らみます。

初デートは二人にとって、とても大切な思い出になる場所。だから、女性にとっては場所や雰囲気、スチュエーションなどとても気になるものです。

しかし恋愛に不慣れな40代男性の中には、女性がどういうところに連れて行ってもらったらうれしいのかわからず、全く見当違いな行動をしてしまう人もいるようです。

暑くて汗が止まらない・・・屋外のデート

春ならばゆっくり桜並木を散歩して、初夏ならば爽やかな風に当たりながら海辺を散歩して、秋ならばイチョウ並木を見るのもいい。

40代でも遊園地に行って盛り上がるのもいいし、屋外のデートはデート場所の選択にはもってこいですよね。お互いのペースを気にしながら、会話を楽しんだり、外の景色を見て穏やかな時間が過ぎていくと、自然に2人の距離も縮まります。

しかしデートに屋外を選ぶ際に気をつけなければならないのは、その時の気候。

春のあたたかな陽気であったり、初夏の爽やかな日差しであったり、秋風が気持ちよくなってくる季節であったりすると、適度に歩いたりすることは、気分転換にもつながりおすすめです。

しかし真夏の炎天下での散歩や、風の強い日、湿気の多い日、寒く乾燥した日などは、外でのデートには向いていません。

女性はデートの時に、気温で汗をかくのも嫌だし、風で髪型が乱れることも嫌だし、寒かったり乾燥して肌にダメージを受けるのも嫌。湿気でベタベタするのも不快に感じる人が多いです。

男性は比較的暑い日でも外に出ることに慣れている人もいるかと思いますが、女性はそもそも外での活動は個人差があり、慣れていない人だと本当に拷問のように辛いことも。

ちなみに私は髪の毛が猫っ毛で絡まりやすいため、どんなに気候がよくても、風が強く髪型が乱れてしまう日は苦手です。

とは言え、デートの日がいつも散歩日和になるとは限らず、急な天候の変化もありますよね。

そういう場合は、散歩を強行するのではなくて、デートプランを変えましょう。

渋滞・行列・人混み・・・

いつも混んでいるけど、人気のラーメン食べに行こう!とか、朝から並んでテーマパーク満喫しよう!などと目的がある場合は、並んでいてもワクワクして楽しめるものですね。

しかし出先で予期せぬ渋滞や、お昼時にどの飲食店も行列、人気のスポットにいったら激混みなど、2人でゆっくり過ごすデートがずっと混んでいる場所だと、折角のデートも疲れてしまいます。

特に土日のデートには人混み・渋滞・行列などはある程度仕方ないのかもしれませんが、あまりに長い待ち時間は会話のネタもなくなってきてしまったりして大変です。

午前中に軽食を取れるお茶の時間を作って、お昼ごはんを午後にずらしたり、はじめから待ち合わせを午後にして、夕食は予約したお店で取ったりすれば、スマートにデートを楽しめますね。

出先で渋滞に巻き込まれてしまった場合は、DVDをかけたり、音楽をかけたりできるように事前に準備をしておいたほうがよいでしょう。

また交通情報をチェックして、渋滞に巻き込まれそうな時などは、事前にトイレを済ましておくように女性をエスコートできるとスマートですよね。

渋滞

渋滞

スポンサーリンク

初デートでいきなり自宅??

付き合いが長くなれば、彼女を自宅に招くことも自然ですが、つきあい始めの段階で自宅に招待することは避けたほうがよいでしょう。

確かに手っ取り早く2人きりになれますが、それが逆に女性にとっては不安になります。いくら好意を持っていても、いきなり男性と2人きりになることに、抵抗がある女性は多いものです。

よいデートスポットが見つからなかったら、彼女の好きなところに行くようにしましょう。

おわりに

2人にとっての初デートの場所は、ずっと素敵な思い出になっていくものです。

どんなところに行ったらいいかわからない、デートプランを立てるのが苦手、彼女の行きたいところがわからないなど、いろいろ悩みますよね。

必ずしも男性がきちんとしたデートプランを立てる必要はありませんが、女性は一生懸命に考えてくれたデートプランを見て、あなたの事がより一層好きになったりするものです。

彼女の意見も聞いて、体調や天候にも配慮して、初デートが楽しい思い出になるといいですね。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事