スポンサーリンク

離婚が珍しくない今の時代に、お子さんを引き取って育てている男性もたくさんいます。

仕事もして家事もして、子育てもして。

シングルマザーだって同じようにやっている人も多いけれど、男性は家事育児に対する基本的な知識が女性とは違いすぎる。

慣れるまではご飯炊くのだって、洗濯機使うのだって、本当にたくさん失敗して苦労されていると思います。

ただ長い人生を考えると、子供は大切だけど、自分のことも考えていきたい。そう思ってもう一度恋活や婚活をしようと考えている人もいるはず。

しかしシンパパさんの中には、子供がいることで恋愛がうまく行かず、再婚ともなれば更に大きな壁があるといいます。

今回はそんなシンパパさんとの恋愛・結婚に対して、女性がどのような所で不安に感じてしまうのか考えて行きたいと思います。

シングルファーザーで子育てをしている人の魅力

実はシンパパさんは、結構再婚相手として人気があるんです。

その理由としては

  • 高齢になり出産を諦めざるを得なかった女性が、子どものいる家庭を作ることが出来る
  • 離婚しても子どもをしっかりと育てているというプラスのイメージ
  • 子育てで感じる苦労や、家事の大変さを共有できる

など。

特に女性は男性に対して、家事育児に対する大変さや、子どもを持ちながらも仕事をしていくことへの苦労などを理解してほしいと思っています。

しかし現実には結婚している人でもそういったことを共感することが出来なかったり、理解はされているけれど気持ちが満たされなかったり、些細なことに気持ちのすれ違いから別れに結びついていることだってあるのです。

ですから、日々家事育児をこなしながらも社会に出て懸命に働いているシングルファーザーの人とは、同じ苦労を分かち合えるという共通点があり、そこに居心地の良さを感じる女性もいるようです。

子供がいるということ=子供優先であるということ

実家に住んでいて子供を預けられる環境のある人

シンパパさんでも実家で実親と一緒に暮らして、親と協力して子供を育てている方もいらっしゃいますね。

仕事で遅くなっても、保育園や学童のお迎えを親に頼んで、夕ご飯やお風呂までお願いしている。だから離婚前と変わらず仕事に打ち込んでいる人もいます。

私の周りのシンパパさんも、結構こういうパターンが多く、もちろん休日は子どもたちと過ごしますが、平日は時間の調整もし易いので、恋愛を楽しんでいる人もいます。

こういう方は比較的恋愛から再婚へと順調にステージを進められる人も多いのではないでしょうか。しかし何も問題がないように思いますが、実はいざ再婚となると困難がたくさんあるようです。

それは「実親との関係」です。これまで家事に育児に散々協力してもらってきた事実があるので、「再婚するので家を出ます」とは言いにくい。

親も老後の心配もあるし、そのタイミングで家を出られてしまうのは不安がある。子どもたちだって、祖父母と暮らすことにいくらかの不満があったとしても、ガラッと環境がかわってしまうことにはためらいがある。

相手が初婚であって子供がいなくても親との同居をためらう人が多いのに、再婚で子持ち、同居となると受け入れられるかなと不安になってしまいますよね。

頼れる人なく、一人で全部やっている人

シンパパさんでも頼れる人がいなく、仕事も家事も育児もすべて自分でしなければならない場合、恋愛となると結構難しいのではないでしょうか。

いいな〜って思っている相手がいたとしても、気軽にお茶やお酒に誘うこともできず、デートの調整も難しい。

だからといって付き合いはじめの相手に、自分の子供を会わせることは抵抗がある。それは子どもたちにとっても複雑な心境ですよね。

なかなか会える時間が作れないからと電話やメールで毎日やり取りしていても、実際に会う時間が少ないとお互いの距離も縮まらず、お互いの心を理解することも難しくなりそう。

こういうパターンの場合は、辛抱強くできる範囲でのお付き合いを続けていき、時期を見て子どもたちに会わせるか、子どもたちが大きくなって一人でもいられるようになってから、2人の時間を楽しむようにしていくことがいいように思います。

父親と子ども

父親と子ども

スポンサーリンク

親権があってもなくても、離婚理由が気になる

離婚歴があって親権が母親に渡っている場合でも、その離婚理由や離婚したあとの慰謝料や面会などは気になるものです。

それが離婚歴があり、シンパパとして子供を育てているのなら、尚更いろんなことが気になってしまうものだと思います。

なぜなら子供が幼い場合、親権は母親に渡る可能性が高いためです。割合的には、8割の母親が離婚時に親権を勝ち取っています。

その親権を父親側が得るための考えられる理由としては、「母親が子どもをきちんと養育していなかった」「父親側に祖父母などがいて、きちんと子どもを育てていくための環境が整っている」「死別」などが考えられます。

離婚はあらたな人生のスタートだと考えると、いつまでも離婚理由などに縛られることはよくありませんが、こういった事情についてはどういう理由であれ、きちんと説明してもらう事が大切でしょう。

その理由によっては、再婚という選択が現実的ではなくなる恐れもありますが、再婚という決断をしてから後悔することのないように、慎重に考えていかなければならないと思います。

子どもと仲良くなれない、子どもに受け入れてもらえない

相手のお子さんが成人されて家をでている場合は、あまり気にならない問題かもしれませんが、実際父親と同居している場合、お子さんの存在はとても気になることではないでしょうか。

実際は相手のお子さんが小さければ小さいほど距離は縮まりやすいですが、一番むずかしいのは小学校高学年から中学・高校のお子さんをお持ちの方。

世の中の様々なことに対して敏感になっているうえ、反抗期なども重なり、実の親でさえその関係性に頭を悩ませてしまうことも多いです。

また内向的な子どもの場合は、気持ちを上手く伝えることが出来なく、うちにこもってしまったり、それまでの父親との良好な関係もギクシャクし始めてしまうこともあります。

本人たちだけ良ければいいという考えは、シンパパとの再婚には通用しません。相手のお子さんとの良好な関係を築いてから、再婚が現実的であるかどうか判断しなければならないと思います。

おわりに

壁はたくさんありますが、相手のことをただの恋愛の対象から再婚して人生を共に歩んでいくパートナーとして意識が変わった時に、それが本当にお互いのためであり、子どもたちの幸せにもつながるのかを考えていくと、難しい現実に直面することもあります。

しかし子どもたちがいることを含めて相手との恋愛がはじまったのですから、そのブレないしっかりとした気持ちがあれば、新しい家庭を作っていくことは決して大変なことではありません。

相手のお子さんに対しても、常に誠実に愛情を持つことができたら、血のつながりを超えた素晴らしい家族になることだってできるとおもいます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事