スポンサーリンク

若い頃の恋愛は、お互いが経済的に余裕がなかったりして、割り勘でデートすることも多かったはず。

毎週末2人で過ごすためのデート代を考えただけでも、結構な金額になりますよね。好きな人と過ごしたいけど、それが経済的に圧迫されてしまうと結構きつい。

しかし40代の男性との恋愛では、若い時とは状況が違いますので、そのあたりの捉え方が変わってくるようです。

実際は40代の交際となると、大多数が男性がデート代を出しているようです。女性に余計な気を使わせることなく、デートを楽しんでもらいたい。デート代を出さないかわりに、そのお金を自分に投資してほしいと思っている男性がたくさんいるようです。

そうはいっても少数の男性の中には、女性にも払ってもらいたい、なんなら出してもらっても・・・なんて考えている男性がいます。

はじめは試されているのかも??男性が見ているポイント

つきあい始めのころは、まだお互いわからないことだらけ。好きになった相手とはいえども、本当はどんな性格なのかな、どんなことを考えているのかななどと探っている状態だと思います。

その中でも男性が女性に対してどのような価値観を持っているのかとても気になるのは、「お金」に関してのことだと思います。

40代ともなると経済的に安定している人もたくさんいるので、女性とのデートの際にお金を出すことに抵抗がない人がほとんどです。

しかしそこは40代男性。お金に汚い女性とは付き合いたくないのです。それを試すためにこんなことをしています。

食事の際に女性が支払いを気にしている様子があるかないか

年齢に関係なく食事をいただいた際のマナーとして支払う意思があるという気持ちは伝えなければなりません。

実際に支払いをしなくても、それに対してきちんとお礼が言えたり、気遣いが出来る女性は素敵ですよね。

はじめから「男が払うものでしょ!」「割り勘なんてありえない!」なんて思ってるような女性は、恋愛の対象にはしたくないのです。

また男性が素早くスマートに会計を済ませてしまったとしても、その後にきちんとお礼が言えるのかどうかも厳しくチェックしています。

レストランで食事をする

レストランで食事をする

デート代を男性が出してくれる事が当たり前になってからも、当たり前とは思わない事。感謝の言葉は必ず伝えよう

いくら男性が「支払いのことは気にしなくてもいいからね」といってくれたとしても、感謝の気持ちを忘れてはいけません。出来るだけ言葉で気持ちを伝えましょう。

そしていつも支払いをしてくれていることに感謝しつつも、いつも支払わせてしまって申し訳ないな〜と感じる女性もいるはず。

そんな時は、彼の誕生日や記念日などのお祝いの席を、自らセッティングして支払いまでお店の人と打ち合わせをしておいたり、プレゼントをしてみたりするのもいいですね。

いつも謙虚な気持ちでいる女性というのは、男性からしてもとても印象がいいものです。

割り勘にしたい男性の心理とは

女性にとても不評な「割り勘男性」ですが、ひとにより事情があるので、「ケチな男!」と判断する前に、よく観察しましょう。

養育費などで経済的に余裕がない人

40代の男性となれば、1回や2回離婚している人もいるので、当然子どもを養育するために養育費を払っている人もいます。

そのような人の場合は、どうしても経済的に余裕がなくなってしまって、払いたい気持ちはあるんだけど、払えないということだってありますよね。

そんな状況をあまり知られたくないと話しをしない男性も多いですが、もし相手に離婚歴がある場合は、その後結婚するにしても大切なことなので知っておきたいですよね。

割り勘のことを責めるのではなく、まずは彼を傷つけないように、少しずつ過去の話しをしていって、真相を知ることがよいでしょう。

それでも女性というのは、相手が奢ってくれる=好意があると思ってしまうもの。いつもいつも割り勘だと、なんだか友達みたいだなっと不安になりますよね。

いつもじゃなくても、たまに「ここは払うね」などと言って気持ちを伝えてくれる男性だと、女性も自然と支えてあげたいと思う存在になるのではないでしょうか。

からっぽの財布

からっぽの財布

女性との恋愛に慣れていないから単純に気が付かない人

40代の男性でも、女性との恋愛経験が豊富で、恋愛に慣れている人ばかりではありません。あまり女性と縁がなかった男性は、どのように恋愛を進めていいのかわからない人も多いのです。

さすがに女性に払わせる男性は警戒したほうがいいですが、会計をスマートに出来ないことや、気遣いが足りないことは仕方のないことだと思って見守りましょう。

そのような男性の場合は、そもそもデートでの支払いや会計のタイミングがつかめないことが多いです。また恋愛経験が少ないと、デートという場面だけで気分が舞い上がってしまい、どんなに普段は冷静な人でも、緊張して状況判断ができないということも起こります。

なるべく緊張しないで自然体でいられるようなデートを心がけ、少しづつ距離を縮めていったときに、男性もいろいろな事に気が付き始めるとおもいますので、焦らずにゆっくり関係を深めていって下さい。

女性もそれなりに稼いでいる場合

いくら40代男性が経済的に安定しているとはいえ、今の時代それ以上に稼いでいる女性もいます。会社つながりから恋愛が始まった場合などは、余計に相手の年収が推測しやすいのではないでしょうか。

女性も自立していて経済的にも余裕がある場合、特に奢るとか奢られるとか割り勘だとかそういうことにこだわらない方も多いのではないでしょうか。

しかし恋愛は年収によって変わるものではないのです。相手の気持ちと自分の気持の上に成り立つものです。

だから相手の男性が明らかに自分よりも年収が低いと思ったとしても、相手が出したいというのであれば、それは素直に受けたほうがいいです。

逆に女性が稼いでいることを知っている男性で、明らかにいつもデート代を出させるような男性は、都合のいい女性として捉えていたり、完全に甘えていますので、注意が必要ですね。

女性の上司

女性の上司

常に対等に付き合いたいと思っている人

40代の自立した男女になれば、相手に依存することなく、お付き合いも対等にしていきたいと考えている人もいます。

こうした人たちの中には、金銭という絡みが生じることにより、相手との関係に上下が出来てしまうことや、常に支払いに置いて余計な気を使ったり使われたりすることがスマートではないと考えているようです。

ですので常に対等でいるために、金銭的負担も均等にし、関係を築いていきたいと思っています。

このような人として尊重してくれるタイプの男性は、結婚してからもうまく家事分担をしたりと、うまくいくことが多いです。

ただしこういう男性と同じような価値観を持つ女性でないと、男性の行動は「なんで奢ってくれないの?」「もしかしてケチなの?」といった誤解を生じますので、気をつけて下さい。

スポンサーリンク

割り勘にしたがる男性に対して、女性が思っている本音

経済的なことや、これまでの恋愛経験、男性の価値観などでデート代が割り勘になる場合があるとお伝えしましたが、それでも女性の本音はどうなのでしょうか。

デート代を払えないほど困窮した人とは付き合いたくない

恋愛でも結婚でもお金が絡むといくら好きでもうまくいかなくなることが多いですね。

それが40代ともなれば、お金がなくてデート代がだせないなんて学生じゃないんだから我慢できないって女性はたくさんいます。

若ければ多少の障害があっても許せたことが、いい加減大人なんだからしっかりしてほしいという不安に変わるのです。

現実的にそのような相手と長くお付き合いしても、常に金銭的な不安がある状態ですので、楽しい恋愛も余計な不安で楽しめなくなってしまいます。

ましてや結婚となると、経済的に困窮した人との生活で、自分の生活も不安定になってしまう可能性もあるわけですから、安易に考えることはできません。

40代でスマートに恋愛できない男性って・・・大丈夫かしら

なんとなく自信なさげに見えたり、頼りなさげに見えたりすると、本当にこの人で大丈夫なんだろうかと不安になりますよね。

どんなに素敵な人であろうと、女性に縁がなければ恋愛経験が浅くて慣れてないということもありますが、多くの女性は男性にリードしてほしいと思っています。

それがデートもエスコートも支払いも・・・となってしまっては、正直恋愛を楽しむどころではなくなってしまうのです。

逆にそういう男性に母性本能をくすぐられる女性もいるかもしれません。その場合は、長い目で自分が育ててあげるんだって意識を持って、ぐいぐいリードしていかないと長くお付き合いをしていくのは難しいでしょう。

スマートな男性

スマートな男性

イケメンでもエリートでもケチは嫌い

自分の稼いだお金は一銭たりとも他人に使いたくないって人いますよね。稼ぎが悪いわけではないのに、そのような価値観の男性は、恋愛をしても女性にお金を出しません。

ひどい場合は割り勘で1円単位まできっちりわけてきたりします。このような男性は一見女性と対等な関係を築きたいタイプに見られそうですが、全く違うタイプですので、気をつけて下さい。

対等な関係でいたい男性は、いざという時は金銭的な負担を快く引き受けてくれます。しかしただのケチは、どんな状況であろうと金銭的に助けることもしませんし、仮に緊急で出してくれたとしても、そのあときっちり請求してきます。

こういうタイプと結婚すると、普段の金銭管理をすべて男性がし、必要最低限な生活費しか渡さない冷淡な人間になります。いつまでたっても自分の稼いだお金は自分のものという意識が強いのです。それが家族になろうと変わりません。

そういうことを世の中の女性はわかっているのです。だからどんなにタイプのイケメンでも、どんな高学歴でエリートであっても、ケチとわかった瞬間引いていきます。

おわりに

恋愛でも結婚でも、お金の問題って面倒くさいですよね。それが恋愛の初期に不安に思うような事があると、この先の恋愛はどうなっていくんだろうと、余計な心配が出てきてしまいます。

しかしそのような状況でも、相手がどういう状態なのか、相手がどういう価値観なのか、相手の気持ちを考えていくことは、早くに相手のことを知って、恋愛を深めていくかどうかを判断できるきっかけにもなりますので、ぜひ正しい判断をしていって下さい。

でも多少のお金の問題があっても、それ以上に相手にひかれるものがあったり、相手を大切に思う気持ちが強いのであれば、恋愛を続けていく中で解決していけることもありますので、自分の気持と向き合って見るのもいいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事