スポンサーリンク

私は日々このサイトで、40代の男女の恋愛をおすすめしています。その延長には「結婚」があるかもしれないけれど、それが絶対だとは思っていません。

1つの愛の形として、結婚を選択するのであれば、それはとても素晴らしいことだと思います。結婚に囚われない恋愛が永遠に続いたとしても、それもとても素晴らしいことだと思います。

ですから「あえて結婚をしない」って生き方も、素晴らしい生き方だと考えています。今日は、そのように人生を歩んでいらっしゃる方のお話をご紹介したいと思います。

生涯未婚率が上昇する中で、結婚しないこと=負け組みたいにいう日本の風潮について

2015年のデータで、50歳での未婚率は男性23.4%、女性14.1%になりました。50歳という区切りで統計を出しているのは、50歳を超えると結婚率があまり変動しなくなるからだそうです。

そもそも日本における結婚制度で「一夫一妻制」という制度が始まったのは、まだ100年ちょっとの話です。一夫多妻制は子孫繁栄の面から見れば優れていますが、戦争や病原菌の蔓延に危険性が少なくなった現代においては、一夫一妻制の方が制度としてはメリットが多いのです。

しかしこのような制度の中で、大多数が人生の中で結婚を選択することによって、一部の人が生きづらくなる社会が出来上がってしまいます。

結婚しないことは「負け組」ではありません。ただ縁に恵まれない人だっているし、事情があってその選択をしているひとだっている。そして「あえて結婚しない」という選択をしている人だって、たくさんいるのです。

結婚生活は人間関係の継続。1人でいることが好きな人にとってはストレスにもなる

結婚生活って、赤の他人だった2人が1つ屋根の下で一緒に暮らということ。育った環境も歩んできた人生も違う2人が共同生活をするのって、結構たいへんなことですよね。

お互いが思いやりをもって歩み寄る事が、結婚生活なのかもしれないけれど、もともと自立している人って、そんな気遣いして窮屈に暮らすくらいなら、今まで通りひとりでいたほうが気楽って考えている人が多いです。

好きな時に自分が好きな事を、誰にも気を使わず自由に出来る空間は、1人でいることが好きな人からしたら、とても大切な空間で、それを壊されたくないという想いが強いです。

また外出においても1人が好きな人に取ったら、それが旅行やイベントであっても、1人であることがあまり気になりません。

昔は旅館などは女性1人だと懸念されて宿泊出来ない事もありましたが、最近ではそのような不便も少なくなってきて、安全面だけ気をつけていれば、女性の一人旅だってしやすくなっています。

2人で生活すると、相手のペースに少なからず合わせる必要が出てくるので、1人でいることが好きな人に取ったら、ストレスになってしまうこともありますよね。

一人旅

一人旅

スポンサーリンク

経済的にも自立。結婚するメリットが見当たらない

自立して経済的に安定している人は、結婚するメリットを見いだせないために、あえて結婚しないというスタイルを取っている方が多いです。

誰かと結婚して生活のペースが崩れてしまうよりは、今までの自分なりのやり方で今まで通りバリバリ仕事をこなしていくほうがやりやすいのです。

また仕事でしっかりと成果を出して生きていきたいという女性は、案外早いうちから仕事か結婚かという選択をしているはずです。それは「子ども」という選択をするかしないかということです。

結婚して子どもを育てるという選択をしなかったからこそ、あえて今更結婚という制度じたいに、メリットを全く感じないのです。

キャリア

キャリア

あえて結婚しないと決めた女性でも、結婚しようかなと思う時期があった!

あえて結婚をしないと決めた女性でも、実はあることを感じた時に「結婚しようかな」「結婚しておけばよかったかな」と感じる瞬間があります。

それは「老後の不安」を感じたときです。

40代はまだ元気に働けるし、自分の好きなように行動できる年齢です。しかしこの先ずっと今と同じ状況が続くとは限りません。

特に女性の場合は更年期障害や閉経のタイミングで体調を崩したり、精神的に不安定になる人が多いです。

体も弱くなってくるだろうし、病気が見つかるかもしれないし、今までみたいにバリバリ働けなくなるかもしれない。好きなようになんでも出来なくなるかもしれない。このような加齢や老いを感じた時に、女性は1人でいることに不安を感じ、結婚への意識が向くのです。

そのような時に近くに助け合えるパートナーがいてくれたら、とても心強いですね。結婚という形式に囚われなくても、お互いを心配して通い合える仲であったり、それをきっかけに一緒に住み始める事ができるような関係性を築いて行けることが最良なのかもしれません。

車椅子

車椅子

おわりに

結婚がすべてではない。これは「結婚制度」の問題であって、あえて結婚しない人たちにとっては、その制度を利用するか、しないかってことだと思います。

しかしいずれにしても、1人で生きてく中でいつどういった困難が待ち受けているかわからないわけです。今は元気でなんの問題もなくても、明日のことは誰にもわかりません。

あえて1人でいることを選択することも、素晴らしい人生の選択の1つだと思いますが、万が一の時に、お互いが助け合うことが出来る友人やパートナーとの関係を常日頃から築いて行くことが大切なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事