メールする人
スポンサーリンク

誰かを好きになると、その人の事を考える時間が増えたり、愛おしく思ったり、寂しく感じたり、いろんな感情に左右される・・・

40代だからといって、無理に落ち着いた恋愛をしようと思って、あまり連絡を取らなかったり、会うのを我慢したりすると、想いも伝わらないし、辛い恋愛になってしまいます。

だからといって朝から晩まで何十回もラインを送ったり、毎日電話をしたりするのは、どちらかが負担に思っていたら、恋愛がうまくは行かなくなります。

相手に自分の気持ちも伝えながら、相手のことも気にかけていくことができるちょうどよい連絡頻度はどのくらいなのか、みていきましょう。

毎日でも会いたいし、会えないのなら電話したい派

同じ学校に通う学生同士、同じ会社で働くひと同士なら、毎日顔を合わせることは自然かもしれませんが、毎日会うってなかなか大変そうです。

家が近かったら仕事の帰り道に少しだけ時間を作ることが出来たり、夕ご飯を一緒に食べたりもできるので、そういう環境だったら続けられそうですね。

また「会えなくても声だけ聞きたい!」と思う人もいますよね。1日の終りに好きなひとの声を聞いて、眠りに入ることが出来たら、会えなくても少しは寂しさを和らげられるのではないでしょうか。

こんなに毎日会ったり電話したりしたいほど、お互いが想い合ってるって、とても素敵です。

スマホを見る女性

スマホを見る女性

ラインやメールは1日2〜3回派

起きた時に「おはよう」寝る時に「おやすみ」この基本に気が向けば日常の事を送るって人は結構多いですよね。このくらいなら無理なく毎日続けられるし、あまりメッセージを送ることに慣れていない人でも出来ますよね。

でも毎日「おはよう」と「おやすみ」だけじゃ段々と事務的になってきてしまいそう。だからそれにプラスして「今、虹出てるよ〜」「今日のお昼に入ったお店、すごい美味しかった〜、今度一緒に行こう!」「仕事でミスしちゃった・・・」などと1日の出来事を報告している人が多いようです。

また「おはよう」ってラインしようと思った瞬間に、相手から「おはよ〜」ってメッセージがくると、すごく嬉しいですよね。それに朝の始まりに少しでも相手と繋がっていることを感じられたら、仕事だって頑張れそうな予感がします。

スポンサーリンク

2〜3日に1回ラインしたり電話したり派

毎日はちょっと・・・って考えている人も案外多くて、そういう人たちは数日置いて連絡を取っているようです。

ふと気がついた時に、「今何してるかな〜」って感じで連絡を入れてみたり、自分が仕事で早く帰ってきた日などはゆっくり電話をしてみたり、気軽な感じでやり取りを続けられるのでいいですよね。

はじめの頃こそ毎日頻繁に連絡を取っていたカップルも、長い付き合いになってくると、だんだんこのようなパターンになってくることが多いようです。

1週間、長いと半月くらいは連絡しなくても平気派

40代にもなると、仕事も忙しくプライベートもいろいろと予定が入っていて、恋愛ばかりに時間をかけられないこともあります。だから連絡したいって気持ちはあるけれど、気がついたらこんなペースになってたって人もいるのではないでしょうか。

また恋愛も楽しみたいけれど、1人の時間も大切にしたいって人は、相手のことは大切に思いながらも、連絡はまめにとらなくてもいいんじゃないかなって、あえて頻繁に連絡を取らない人もいますよね。

相手も同じような感覚を持っていれば問題ありませんが、もう少しマメに連絡したいな〜って内心寂しさを感じている人もいるのではないでしょうか。

電話する女性

おわりに

恋愛も人間関係なので、自分の気持ちばかり押し付けてもよくないし、相手の事を気にしすぎて言わなすぎるのもよくありませんよね。

自分にも相手にも負担がかからないお付き合いが、居心地の良さを生み出し、長く付き合っていける秘訣になるのかもしれません。

恋愛はお互いの気持が大きすぎても、小さすぎてもうまくいきません。だから相手に連絡する頻度は、そのお互いの気持の大きさをはかるバロメータにもなるのです。

是非2人の居心地の良い連絡頻度を探し出して、恋愛を楽しんでいきましょう。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事