一緒にいたいから同棲したけれど出口は結婚か別れか??
スポンサーリンク

お互いの時間がなかなか会わなかったり、遠距離恋愛だったり、もっと一緒にいたいからなどの理由で、彼氏彼女と同棲している人もいるのではないでしょうか。

またお互い一人暮らしだと、同棲をして一緒に住むことで住居費・生活費を節約することが出来て一石二鳥などと思っている人もいると思います。

しかしそんな同棲ですが、メリットばかりでなくデメリットも多く、同棲していることが逆に様々な悩みを生み出していることもあるようです。

そんな同棲中のカップルに起きるお悩みをいくつか見ていきたいと思います。

同棲したはいいけれど、出口がわからない

同棲を始める時に、しっかりとその先の事を決めておかないと、ただ時間を無駄に過ごしてしまうということにもなりかねません。

そして目的だけではなく、その先のゴールを2人できちんと決めてから同棲しないと、一緒に住み始めてから問題が起こります。

家賃や生活費を節約したいという目的

今までお互いが一人暮らしをしていた場合、一緒に住めば家賃や生活費の節約にもなるし、一緒に過ごせる時間が増えるし、一石二鳥などと考えて同棲を始める人も多いのではないでしょうか。

しかし彼氏はその節約して浮いたお金を、「遊びや趣味に使いたい」と思っている。一方彼女は「結婚するための資金にしたい」と思っているとしたらどうでしょうか。

同棲したことで自由に使えるお金が増えた彼氏が、結婚への決意を固めることは、容易なことではないような気がします。

節約

節約

結婚する前提での同棲なのか、お試し期間として試すことが目的なのか

付き合っているときには気が付かなかったのに、一緒に暮らし始めたら見えなかった一面がはっきりとみせてくることがあります。

それが意外性があっていいことだったら、もっと好きになっていきますが、逆に嫌なことだったら、気持ちが冷めていってしまうかもしれません。

しかしこれまで違う人生を歩んできた2人ですので、価値観も違ければ、生活スタイルだって違うのが当たり前です。

そのようなギャップがあったときにこそ、相手に歩み寄ったり、話し合いをしたりするからこそ、長く一緒に暮らしてくけるのだと思います。

確かに譲れないものはあると思うので、そんな場合は結婚自体が難しくなってしまうこともあるかと思いますが、それでもある程度決意があれば、どうにかしてそれを乗り越えようとするはずです。

しかし軽いお試し期間だと捉えている場合は、大した努力もせずに、答えを出してしまうのではないでしょうか。

同棲期間が長過ぎて、マンネリ化してしまった

どんなにラブラブで仲がいいカップルであっても、些細な事がきっかけになったり、時間の経過と共に少しづつ熱が冷めていくのは仕方ないこと。

あまりに相手のことを想いすぎて、周りが見えない状態になっているよりは、少し落ち着いていろいろなことを冷静にみられるような状態のほうが、長く恋愛を楽しんでいけるのも確かです。

しかしその気持ちがあまりにも落ち着きすぎてしまい、ドキドキするような気持ちや、ときめきがなくなってしまうと心配です。

結婚生活だったら、このような形もありかもしれませんが、同棲カップルがマンネリ化してしまうと、結婚は現実的に考えられなくなるのではないでしょうか。

なんの為に同棲するのか?結婚ではだめなのか?

パートナーと結婚する意思がある場合、ゴールは結婚であるのだから、わざわざ同棲しなくてもいいのではないでしょうか。

そうは言っても、やはりまずは同棲して結婚の意思を固めたいと思う人もいるだろうし、なかなか会えないことがお互いの親密さに繋がらず、なかなか結婚に踏み込めないという人もいるので、その先に結婚というゴールがあるのならば、まずは同棲してみるって方法もありですよね。

そのような場合は、お互いに目的とゴールが「結婚」というところだと言うことを、きちんと話しておく必要があります。

そこに相違があるとうまくいかないし、その純粋な気持ちを伝えておくことで、相手も安心して同棲を始められると思います。

そして同棲期間を長く続けるのではなく、しっかり期間を決めておくことも大切です。

手をつなぐカップル

手をつなぐカップル

スポンサーリンク

同棲しても別れるパターンとは

同棲が必ずしも結婚へのゴールとは限りません。お互いにじっくり検討した結果が別れだとしても、それは正しい答えなのではないでしょうか。

なにかしっくりこなかったり、無理に自分を納得させて結婚に至ったとしても、その後苦しむのは自分自身です。そして相手の事も傷つけてしまうでしょう。

価値観の違い

付き合っているときには感じなかったことでも、一緒に暮らすことで見えてくることの代表的なものとして、この価値観の違いがあります。

お金の使い方や、時間の使い方、家族や友人に対する事、その他多くのことで自分とは違う価値観に触れた時に、それとどう向き合っていくのか、相手とどう歩み寄っていくのかを考えるいい機会になります。

離婚理由の上位にもなる「価値観の違い」は、お互いが理解することも大切ですが、どうしても理解できないことは、自分の気持ちをごまかさずに考えていったほうがいいでしょう。

家事の分担

2人で暮せば家事の分担もしなくてはいけません。世話を焼くことが好きで、家事は得意って人なら安心して任せられるかもしれませんが、基本的には話し合って、どちらが何をやるのか決めているのではないでしょうか。

家にいる時間や、仕事内容などを考慮しながら、一方ばかりが負担にならないように決めていく必要がありますが、必ずしもきっちり平等にやれるわけではないし、得意不得意もあるでしょう。

きっちり決めなくても出来る方がやるっていう分担にしていても、そのバランスが常に偏っていると「自分ばっかり・・・」って気持ちになってしまいますよね。

常にお互いを思いやり、してくれたことには労いの言葉をかけながら、感謝を示していかなければ、他でうまく行っていたとしても、段々と歪みが生じてしまいます。

ランドリー

ランドリー

トキメキがなくなっていく

同棲し始めたときには、一緒にテレビを見ていても、一緒に御飯を食べていても、一緒に寝ることにも常に幸せを感じトキメキを感じますよね。

同棲しなくても付き合いが長ければ、慣れが生じて段々とトキメキがなくなっていくこともありますが、同棲していると共に過ごす時間が多くなりますので、余計に気持ちに変化が起きやすいのではないでしょうか。

お互いがマンネリにならないように、記念日には外食したり、旅行に行って日常に変化をもたせたりして、いつもとは違うスチュエーションで相手のいつもとは違う表情をみることで、トキメキを絶やさず関係を長く続けていくことができます。

おわりに

好きな人と同じ家で過ごし、くつろいだり、楽しんだりして一緒に過ごす時間が増えることはとても幸せなことですよね。

そして生活を共にしていくことでお互いを思いやり、壁を乗り越え、理解し合うことができれば、その後もずっと良い関係を築いていけます。

同棲期間を経て2人で導き出した答えが、「結婚」であるのならとても素晴らしいことですが、その答えが「別れ」であったとしても、それもきちんと相手の事を見ることが出来た正しい判断なのではないでしょうか。

そしてその同棲期間で培った人を見る目を、次の恋愛に活かし、いつか訪れる素敵な出会いにつなげてほしいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事