新年号「令和」を区切りにし新たな気持ちで新しい事をはじめよう!
スポンサーリンク

年度はじめの今日4月1日に、新しい年号が決まりました。

「令和」

令和の出典は万葉集

「令和」の出典は万葉集とのこと。これまでの出典は中国の古典から決定してきたが、今回はじめて国書を典拠とした。日本を誇り、豊かな国民文化を象徴している。

  • 香り高き文化、四季折々の美しい日本の良さを、次の時代にしっかりと引き継いでいく。
  • 希望に満ち溢れた時代を、国民と一緒に切り開いていく
  • 変わるべきは変わっていかなけれなならない。変わることをもっと前向きに捉えていく。
  • 人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ
  • 梅の花33種からの引用。一般庶民も含めていろいろな人のうたが入っている。考案者については明らかにしない

何かが変わる時って、自分も変わるチャンス

昭和に生まれ、平成が終わろうとしています。令和を迎える準備をはじめ、、私たちは3つの年号と共に人生を歩みだそうとしています。

何かを変えたいって思った時、それがすぐにできそうだなって感じるものであれば、「今から」「明日から」といった短期間でのきっかけをもって取り組むことが多いけれど、大きく自分を変えたい時はそれなりに準備も必要だし、気持ちの上でも大きな区切りは必要になります。

そういった意味で、年号が変わる今のタイミングは、自分を変えるチャンスだと思います。新しい気持ちで物事をはじめることは、よいスタートダッシュになるでしょう。

スポンサーリンク

変えるための準備は大切

令和の時代には絶対に恋人を作りたい!結婚したい!子供が欲しい!そのような強い気持ちも大切ですが、まず令和を迎えるにあたり、しっかりと準備をすることも大切です。

体つくり、心の安定、恋愛に対する前向きな気持ち、そして外見の変化など、自分が変わるための準備をして、次の恋愛に望みましょう。

簡単なことでもよいのです。下着を新しいもので揃えてみるとか、髪型を変えてみるとか、外側の変化から内側へのアプローチをすることも、気持ちを入れ替える意味ではとても効果があります。

目標や指針を立てることも手助けに

私たちは向かっていくものが明確ではないと、すぐ迷子になってしまいます。そして迷って道を間違えたり、道を外れてしまったり、寄り道をしてしまったりします。

無意識に向かう道が別の所に向いてしまうと、気がついたときにはもう全く違う道にきていたってことだってある。

だからきちんと目標を立てましょう。どんな小さな目標であっても、それに向かって進み、達成したときには大小関係なく喜びがあるものです。

おわりに

新しい時代の幕開けとともに、私達も新しい事をはじめてみましょう。気持ちも新たに、明るい未来を信じて歩みましょう。令和の時代に、素敵な恋の訪れがありますように。

スポンサーリンク
おすすめの記事