恋の魔法を手に入れてミラクルな恋愛をするための方法【その1】
スポンサーリンク

みなさんは「恋の魔法」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか??

妖精さんが素敵なスティックで魔法の呪文を唱えながら、キラキラの粉を振りまいていると、タララララ〜ン!!!キラキラキラ〜と生まれ変わった姿になる。

まるでシンデレラのようなお話ですねww

これから紹介していく魔法は、そのようなおとぎ話のような魔法ではなく、毎日の中で少しずつ自分が変わるために自分でかけていく魔法のことです。

でも性格も前向きになるし、幸せな気分になるし、もちろん恋愛にも効くけれど、その他の部分でも充実してくると思います。

是非実践して、素敵な自分をみつけましょう。

よかったこと日記をつける

毎日寝る前に、日記帳や手帳によかったことを書いてみましょう。1行や2行でもいいですよ。そして、ほんの些細なことでもいいんです。

そんなに毎日よかったことなんてないよ〜って思っている人、

  • 目覚めがよくて、スッキリ起きられた
  • ランチでたまたま入ったお店のご飯が美味しかった
  • 電車のタイミングがよくて、1本前に乗ることができた
  • 道端に綺麗な花が咲いていた
  • コーヒー屋さんの店員さんが笑顔が素敵だった

こんなことだったら、毎日1つや2つあるのではないでしょうか。

コーヒー

そうは言っても、毎日嫌なことや悩みがあるから辛い

仕事をしていれば、仕事の悩みがあると思います。職場の人間関係の悩みもあると思います。

プライベートでも親との関わりや、友達との関わり、その他たくさんの悩みがあると思います。

そういうことが積み重なると、心身にダメージを受けて、楽しいことなんてなんにもない。自分にはそういうことが起こらないと、どんどんとネガティブになっていってしまいますよね。

スポンサーリンク

私も書くことなくて、悲観的になりました

私も昔はとてもネガティブに物事を考えてしまったり、不安が強かったり、うまくいかないと全部が嫌になって、全部リスタートしたくなるような考えすぎてしまう性格でした。

その時にこのやり方を人から教えてもらい、毎日1つでも2つでもいいからとにかく続けました。

はじめは書くことがなくて、悲観的になりました。「こんなことやっても意味がない」「毎日つらいことばかり、いいことなんてなんにも起きなかった」「どうせ私の人生はこのまま変わらない」

それでも続けました。ある時なんて、本当に書くことがなくて、「今日も仕事に行けた」「今日も生きていた」「今日もご飯を食べられた」が続いた日もありました。

ある時気がついた。感謝がたりない

「今日も仕事に行けた」「今日も生きていた」「今日もご飯を食べられた」こんなことしか書くことがなかった私。でも、こんなにも恵まれているんだと気がつきました。

そして、悲観的でネガティブが故に、大切なことをたくさん見逃していることに気が付きました。

少しずつですが気づきを得て、少しずついろんな事に感謝することができるようになって、少しずついろんなことが見えるようになりました。

そうなると日常は本当にたくさんの「よかったこと」が溢れていて、実は1行や2行では書ききれないんだってことに気がつくんですよね。

毎日の積み重ねで、自分がどんどん明るくなった

自分はこんなにも恵まれている、こんなにも幸せなんだということがわかってくると、気持ちがどんどん明るくなります。

そしてネガティブに考えてしまっても、でもこんなによかったことが毎日の中で起こっているのだから、大丈夫だよ!って勇気をもらえるのです。

それは気持ちだけにとどまらず、表情もよい方向へ変わっていきます。それが顔の表情を明るくさせ、背筋を伸ばして前を向いて歩ける力になりました。

明るい女性

おわりに

なかなか性格を変えられないという人にもおすすめの「よかったこと日記」。騙されたと思って続けてみて下さい。まるで魔法がかかったように、自分が変わります。

自分が変わるとどうなるか。

周りの見方も変わるし、今まで見えなかったことが見えることとで、新しい気づきも増えます。そして新しい出会いも増えていきます。

この魔法が効きはじめれば、新しい恋もすぐそこまで来ていますよ。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事