再婚の結婚式って迷惑ですか?式のスタイルやご祝儀に関するマナー
スポンサーリンク

こんにちは、ともかです。友達や親戚はもう結婚のピークをすっかり過ぎてしまっているし、最近は結婚式に呼ばれる機会もなくなってきました。

私の周りでも再婚する人はいますが、みなさんいつの間にか籍を入れて、いつの間にかひっそり一緒に暮らし始めて、いつの間にか周りが再婚したと気がつくみたいなパターンが多いです。

まあ、子供を連れて再婚する人も多いので、そのあたりは子供の気持ちも考えて、慎重に行動する人が多いのでしょう。

でも再婚であっても、結婚式をやりたい、披露宴もやりたいって考える人が中にはいるわけで、そういう人達と周りの人達との関係も考えながら、今回は再婚にあたっての結婚式の問題を考えていきたいと思います。

どちらかが初婚だったら、結婚式もありだよね

得に女性が初婚の場合、結婚式をするカップルは多いようです。女性にとったらウェディングドレスは特別なものだし、初婚の女性に取ったら一生で一番大切な日になるはずです。

また男性が再婚である場合も、やはり結婚式で純白のウェディングドレスに身を包んだ花嫁姿を見れば、感慨深く思い出に深く刻まれるのではないでしょうか。またその女性を幸せにしなければならないという決意も生まれます。

披露宴はせずに、結婚式だけ厳かに

せっかくだからウェディングドレスは着たいな。でも写真だけじゃ、つまらない。そんな時は、チャペルで結婚式だけ行いましょう。

2人だけ。子どもたちも。せっかくだから、身内だけ声かけてみようかな。でも来てくれる人には負担かけたくないから、フラッと寄れる人だけね。しかも普段着でどうぞ。そんな気遣いがあるといいですね。

結婚式

少人数で楽しめる結婚式を

相手が初婚であれば、その相手の希望の結婚式をさせてあげたいって思うかもしれませんが、あまりにも豪華で盛大な結婚式は費用もかかるし、再婚の場合はご祝儀の問題もありますよね。

それならば、形式的な結婚式よりも、再婚相手を親戚や友人に紹介できるようなアットホームなスタイルのほうが、それからの親戚づきあいや友人との交流にもプラスになるのではないでしょうか。

再婚の場合、ご祝儀はどうすればいいんだろうか

どちらかが再婚の場合でも、再婚同士の場合でも、問題になるのが「ご祝儀」ではないでしょうか。

はじめの結婚の時にご祝儀をすでにいただいているような場合、もう一度いただくのは申し訳ないと想う方が多いようですね。

それに友人達からしたら、「1回目でご祝儀渡してるし、結婚式ってなにかと準備も大変だし、再婚なら結婚式やらなくていいんじゃないの?」って意見が多いです。

それでも結婚式をしたい!っていうのであれば、金銭面についてはしっかり計画してから行う必要がありますね。

ご祝儀をいただく場合のマナー

どちらかが初婚であれば、完全にご祝儀を辞退することも難しいですよね。また再婚であっても、身内などはその後の生活なども心配し、受け取ってほしいと思っている人も多いようです。

しかし、友人は「なんで2回もご祝儀渡さないといけないんだ??」って思う人が多いようです。

ですので、再婚の場合は、友人からのご祝儀は辞退したほうが、そのあとのお付き合いも円満にいくのではないでしょうか。

また身内からもう一度ご祝儀をいただく際にも、いただけることが当たり前ではないので、感謝の気持ちを忘れずに、一言でもお礼の言葉を伝えるとよいでしょう。

ご祝儀を辞退する場合のマナー

再婚でご祝儀を辞退する場合、必ず事前にその旨を相手につたえましょう。

招待状に「ご祝儀はご遠慮させていただきます」などと、書いておくとスムーズですよね。

それでもご祝儀をいただいてしまった時は

事前に辞退する旨を伝えても、ご祝儀をお持ちになる方はいると思います。

その場合は丁重にお断りをして、受け取らないことがベストですが、結婚式当日はなかなかそこまで気がまわらない事も。

そんな時はご祝儀に対するお返しを用意し、後日お届けするとよいでしょう。

スポンサーリンク

お車代・着付け代・宿泊代なども忘れない

初婚の方の結婚式でも、出席するとなると、結構たいへんですよね。

服装に髪型や持ち物だって、TPOで揃えなければならないし。場所を確認して、前泊が必要だったり、何度も乗り換えて行かなければならなかったり。

なんだかんだものすごい時間を消費しているんですよね。でもそこには「その人の幸せを願う」って目的があるから出来るわけです。

結婚

再婚を心から祝ってくれる人

再婚に至るまでの道のりが険しかった人ほど、周りは「今度は幸せになって欲しい」と思っているものです。

得に小さい頃から近くにいた身内にとっては、再婚であっても、新しい人生の門出としてしっかり祝ってあげたいという気持ちがあります。

ただ、そういう気持ちに甘えてばかりではいけません。得に身内や親戚に参列してもらう場合には、お車代や着付け代、宿泊費などがどのくらいかかっているのか、抜かりなくチェックし、きちんと対応することが必要です。

おわりに

再婚だからといって、周りに遠慮ばかりして、本当に2人でやりたいこともできないようだと、ずっと後悔がのこると思います。

だからといって、本人たちの思うがままに行動すると、それを快く思わない人達も出て来るのは事実です。

しかし初婚であっても、再婚であっても、大切なことは周りに配慮して行動できるかどうかというところ。得に再婚である場合は、お金に対するシビアな意見がたくさんあり、そういう細かいところまで、気遣いをしていく必要がありそうですね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事